気になる!?「リンパ管腫の症状」を知っておこう!

リンパ管腫の症状をしっておきましょう!自覚症状はあるのでしょうか!

view190

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • リンパ管腫とは

  • リンパ管腫は大小様々の水風船のような「嚢胞」が集まって塊をつくっている病変です。嚢胞はリンパ管が異常に膨らんで袋状になったもので、中身はリンパ液が主体です。リンパ管腫はリンパ管という全身をめぐるリンパ液を流す管の形成異常で生じると考えられています
    出典 :リンパ管腫とは|リンパ管疾患情報ステーション
     

    このようなものがリンパ管腫ですね。

  • なかがいくつもの部屋に分かれた、大きく拡張したリンパ管が腫瘤(しゅりゅう)(こぶ)を形成し、ほとんどは2歳以下の乳幼児に頸部腫脹(けいぶしゅちょう)という形で発症します。
    出典 :リンパ管腫<のどの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    発症はこのような事になるのですね。

  • このようなものが出来ると

     

    母親としてはかなり心配になりますよね。しかし治療方法は沢山あるのでしっかりと相談して決めていきましょう!今回は症状についてしろう!

  • リンパ管腫の症状とは

  • 病変部は腫れて出っ張っており、見た目に問題になったり体を動かす上で邪魔になったりします。あごや首の深いところに出来た場合には気道を圧排して呼吸困難を生じたり、のどがつぶれて飲み込むのが困難となったりすることもあります
    出典 :リンパ管腫とは|リンパ管疾患情報ステーション
     

    呼吸困難を生じたりしてしまうのがこまるのですね。

  • また普段は痛みを伴いませんが、経過中に突然内部に出血を起こして急激に大きく腫れたり、細菌が侵入して赤く腫れたりすることがあり、そういう場合にはひどく痛みます。このような「内出血」や「感染」などの影響で急に腫れた場合は治まるのに数週間かかることもあります。
    出典 :リンパ管腫とは|リンパ管疾患情報ステーション
  • おなかの中に病変がある場合は見ても分からないことが多く、腹痛や発熱、嘔吐、排便困難などの症状が出て初めて病変に気付かれることが多いです。
    出典 :リンパ管腫とは|リンパ管疾患情報ステーション
  • 軟らかく、境界がはっきりせず、何となく全体にはれてくるのが普通です。嚢胞の壁は非常に薄く、なかに黄色く透明な液がたまっているため、はれた部分に触ると水を入れた軟らかい袋を押しているような感触があります。頸部の少し深い部位にあると、通常はほとんど症状が出ません。
    出典 :リンパ管腫<のどの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    通常はほとんど症状がでないのです。

  • 一方、頸部には血管や神経、筋肉によってできた隙間(すきま)があり、嚢胞はこの隙間に広がっていく性質があります。口のなかやのどのほうに広がり、大きくなると物がのみ込みにくくなり、気管を圧迫すると呼吸が苦しくなり、頭や腕からの血液がもどってくる大きな静脈を圧迫するようになると、顔や上肢にむくみが出ることがあります。
    出典 :リンパ管腫<のどの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • また、8cm以上に成長してしまうと、組織の圧迫により嚥下困難、呼吸困難などが見られるが、デリケートな部位であるため全摘出による根治は困難である[1]。また、頸部を中心とした巨大な腫瘍に成長してしまった場合は、約5% - 22.5%の死亡率が見込まれている[2]。
    出典 :リンパ管腫 - Wikipedia
  • 治療方法とは

  • 呼吸困難を来した場合や急激な増大が見られる場合は新生児期に早急な手術を行う必要があるが、そうでない場合は体力的な問題から、出来うる限り乳児期まで経過を見ることとなる。
    出典 :リンパ管腫 - Wikipedia
  • また、当面は緊急的な一部、もしくは片側切除術を用い、体力の回復を待って更なる切除を行う分割手術が好ましい場合も多い。やむを得ない場合には一部の嚢胞の構造を破壊し、肥大を食い止める手段も用いられる
    出典 :リンパ管腫 - Wikipedia
  • そのため近年では、手術と薬剤を併用、あるいは薬剤のみでの治療が試みられるようになりました。使用される薬剤は、嚢胞のなかに注入することにより嚢胞壁に炎症を起こし、壁の癒着(ゆちゃく)を生じさせ腫瘤を消失あるいは縮小させるものです。
    出典 :リンパ管腫<のどの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • リンパ管腫は

     

    発症年齢や大きさ、症状の程度により、検査や治療を急ぐ必要があるかどうかが決まりますが、頸部のはれが気になる場合は専門医に相談するとよいでしょう。