妊娠中に下剤を使用してはいけない?

妊娠中に下剤を使用すると起こる副作用などについてまとめました。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中に下剤を使用しても良いのか?と気になっている方は多いでしょう。
    下剤には、副作用などがあるのでどのような副作用が出るのかをしっかりと確認する必要があります。
    また、市販の下剤を購入しても良いのですが、しっかりと薬剤師の方に相談をする必要があります。
    産科医で下剤を処方してもらえば市販の下剤よりも安心して飲むことができるでしょう。

  • 下剤の副作用は?

     

    下剤にはどのような副作用があるのでしょうか?

  • アローゼンの副作用!

  • 腹痛
    下痢
    悪心
    習慣性
    出典 :アローゼンは影響なし?妊娠中こそ知っておきたい副作用は!?
  • 刺激性下剤で大腸を刺激し排便を促す薬です。あくまでも自然にではありません。
    便秘患者によく処方されます。
    また、市販の便秘薬もほとんどがこのタイプなんですよ。
    出典 :アローゼンは影響なし?妊娠中こそ知っておきたい副作用は!?
  • 下剤にも種類がかなり多いのですが、中でも副作用の心配がないと言われているアローゼンがあります。
    これは、結構キツい下剤で、副作用もかなり多いので注意をしてください。
    センナという成分が含まれていて、あまり使用し過ぎると効果が出なくなります。
    ただ、便秘によくなるからと言って、何度も使用をしてはいけません。
    かなり副作用も強い下剤ですので、あまり飲み過ぎると自然にお通じが来なくなったりもします。
    少量のみの使用をするタイプの下剤ですので、あまり使用をし過ぎないようにしてください。

  • アローゼンは妊娠中に使用をしても良いのか?

  • アローゼン

     

    妊娠中に使用をすることはできるのか?

  • アローゼンは妊娠中には、“原則投与しないが必要な場合は慎重に投与しなければならない”また、“治療上有利性が副作用などのリスクを上回る場合に投与する”となっています。
    出典 :アローゼンは影響なし?妊娠中こそ知っておきたい副作用は!?
  • アローゼンの注意点

  • アローゼンは子宮収縮の恐れがあり早産や流産の危険性があるからです。
    出典 :アローゼンは影響なし?妊娠中こそ知っておきたい副作用は!?
  • アローゼンは即効性のある優秀な下剤ですが、かなり副作用が強く出ます。
    妊娠中でも、必要な場合以外では使用をしない方が良いでしょう。
    副作用の強い下剤は、妊娠中には使用をしない方が良いと言えるでしょう。

  • 妊婦さんが飲んでも大丈夫な薬は多い

  • 実際、多くの薬は妊婦さんが飲んでも大丈夫とされていますが、やっぱり抵抗がありますよね。
    出典 :アローゼンは影響なし?妊娠中こそ知っておきたい副作用は!?
  • 妊婦さんの便秘は、オリゴ糖などを摂取するのが良いとも言われていますね。