子供の頭痛、症状が上手く伝えられないだけに心配!

子供の頭痛は、症状が上手く伝えられないだけに心配になりますよね。痛みの出かたをタイプ別に考えてみませんか。また、意外にも子供に多い片頭痛や緊張型頭痛の特徴についても、まとめてみました。

view168

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供が頭痛を訴えた…まずは落ち着いて!

  • 子供(子ども)が「あたまが痛い」というときに、「どんなふうに痛いの?ズキズキ痛い?ズシンと痛い?」と質問攻めにすると、子供(子ども)はかえって混乱してしまいます。
    出典 :子供(子ども)の頭痛について|子供(子ども)用バファリン|ライオン株式会社
     

    「頭がいたいのね」と言葉を繰り返すことによって、子供は落ち着くようです。それから優しく、「大丈夫よ、どこが痛いのかな?」などと、一つずつゆっくりと症状を聞いてみましょう。

  • 子供の頭痛の多くは風邪が原因です。

  • 子供の頭痛では、多くは「風邪」が原因です。しかし、なかには、髄膜炎や脳腫瘍などの重い病気の時もあるので注意が必要です。頭が痛いという症状の他に目につく症状があるときには、要注意!
    出典 :子供の頭痛:子供の頭痛や頭が痛い原因がわからずお悩みの方必見 | 頭痛.com
     

    頭痛のほかの症状が無いかどうか、よく様子をましょう。

  • <痛みが急に起こる頭痛>

  • 風邪などの発熱でも頭痛があるのは当然ですが、他に悪心・嘔吐などの症状を伴う場合は髄膜炎等の可能性があり、検査・治療が必要です。発熱等の風邪症状もなく激しい頭痛を訴える場合は、頭部外傷や脳内出血等も考慮して検査します。
    出典 :子供の頭痛のお話 院外報 ぬくもり 医療法人 萌佑会 岩見沢脳神経外科 岩見沢市 脳神経外科専門クリニック
     

    頭痛の他に吐き気や嘔吐がある場合は、すぐに病院を受診しましょう。

  • <痛みがゆっくり繰返し起こる頭痛>

  • 痛みが繰返しあり、痛みもじょじょに始まる頭痛には数多くの病気が考えられます。
    大抵は心配いらないものです。
    出典 :子供の頭痛のお話 院外報 ぬくもり 医療法人 萌佑会 岩見沢脳神経外科 岩見沢市 脳神経外科専門クリニック
  • <痛みが慢性的(2~3か月以上続き、繰り返し起こる)な頭痛>

  • 子どもの頭痛が長引く場合、脳腫瘍を心配されている保護者がかなり多いようですが、実際は片頭痛、緊張型頭痛、起立性調節障害、心因性が慢性頭痛の80 %以上を占めており、脳腫瘍はきわめてまれです。
    出典 :虹診療所 子どもの頭痛
  • 実は子供の頭痛には、片頭痛が多い!?

  • こどもの片頭痛は、成人と異なり平日に起こることが多く、急に始まり持続は短く、両側のことも多い。頭痛の持続時間は1~72時間(成人では4~72時間)、拍動性の(脈打つようなドクドク、ガンガン、ズキンズキンなどと訴える)頭痛で、部位も両側性(通常、前頭側頭部)でもよいとされました。
    出典 :中野区医師会|医療トピックス
     

    大人同様に、痛みは強く、歩いたり階段を登ったりといった日常の動作により頭痛が悪化します。

  • 子供の片頭痛の治療方法は?

  • こどもの片頭痛はおとなにくらべて軽いので、「早寝早起き」や規則正しい食事のリズム、毎日の楽しい外遊びなどの生活を整え、頭痛発作を起こす誘因を避けるなど、まずは薬物によらない治療が推奨されています。
    出典 :中野区医師会|医療トピックス
     

    子供の場合は、生活習慣を見直すことで改善する場合が多いようです。

  • 最近では子供の緊張型頭痛も増えています。

  • こどもの緊張型の頭痛も両側性であり、圧迫感または締め付け感(非拍動性)があります。また、強さは軽度~中等度、歩行や階段の昇降のような日常的な動作では増悪しません。さらに、片頭痛のような悪心やおう吐はなく、光過敏や音過敏はあっても、どちらか一方のみです。
    出典 :中野区医師会|医療トピックス
     

    片頭痛と見分けがつきにくいように思っていましたが、症状に少し違いがあるのですね。

  • 緊張型頭痛の特徴

     

    締め付けられるような痛み…辛いですよね

  • 子供の緊張型頭痛の治療方法は?

  • 「早寝早起き」などの生活リズムを整え、おけいこ事、塾、クラブ活動などで生活が過重となっていないか、家庭や集団生活での人間関係に問題はないかなどの配慮をします。 肩を凝らせないような姿勢や体操の指導、入浴時の首や肩のマッサージも有効です。
    出典 :中野区医師会|医療トピックス
     

    ストレスを減らすことによって、症状が改善する場合が多いようです。