妊娠中期以降の葉酸サプリは危険?妊娠中の葉酸サプリの摂取法とは

妊娠初期には飲むことが推奨されている葉酸サプリ。妊娠中期以降に飲むと子供が喘息になるという説も。そんな妊娠中の葉酸サプリの摂取法について、まとめてみました。

view653

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 葉酸と胎児奇形の関係について

  • 葉酸って知ってますか?ビタミンBの一種で、水に溶けやすく野菜に多く含まれています。
    葉酸の主な働きは、赤血球をつくり貧血を予防します。又アミノ酸の合成にもかかわり、ホモシステインを減少させ動脈硬化を予防します。
    出典 :みえこ女性クリニック 婦人科・産科・カウンセリング 女性外来コラム プレ更年期
  • 葉酸はビタミンB群の一種で、細胞の分裂や成熟に欠かせない働きをするために、妊娠や出産に際しては最重要ビタミンと言っても過言ではありません。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】妊娠3か月以降も葉酸サプリメントを摂取した場合の影響について
  • 葉酸を含む食材

     

    葉酸は、図のような食材に多く含まれています。

  • そして、妊娠前から葉酸のサプリメントを1日に最低400μg摂取することで、出生児の神経管閉鎖障害などの先天異常のリスクが大きく低下することから、厚生労働省では妊娠の1か月前から妊娠3か月まで葉酸のサプリメントを摂取することを推奨しています。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】妊娠3か月以降も葉酸サプリメントを摂取した場合の影響について
  • 妊娠初期は人間の成長においてもっとも細胞分裂が盛んな時期と言えます。受精してから2~4週くらいまでが細胞分裂のきわめて盛んな時期です。この時期に葉酸が不足すると、胎児の神経管障害のおこるリスクが高くなると言われています。
    出典 :みえこ女性クリニック 婦人科・産科・カウンセリング 女性外来コラム プレ更年期
  • 葉酸のサプリメントの開始時期は妊娠の1か月以上前からとしていますが、妊娠する時期を予測することは難しいので、妊娠を意識した日から摂取を始めるのが現実的です。一方、妊娠3か月まで続けることを推奨しています。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】妊娠3か月以降も葉酸サプリメントを摂取した場合の影響について
  • 妊娠中期以降の葉酸サプリ摂取について

  • 妊娠初期には飲むことを推奨されている葉酸サプリ、妊娠中期以降はどのようにすればいいのでしょうか?
    サプリメントなど、通常の食事以外から葉酸を摂取する場合は1000μg以下にするよう厚生労働省より定められています。

  • 葉酸サプリメントだけでなく、葉酸入り食パン、葉酸入り牛乳など後から葉酸を加えられた食品も多く摂取されているようです。自然な食材の追加なら構わないのですが、サプリメントなど栄養補助食品からは多量の摂取にならないよう気をつけましょう!
    出典 :2/2 赤ちゃんのための妊娠中、葉酸摂取のコツ [出産準備] All About
  • また、妊娠期間中、葉酸摂取が勧められるのは、「妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月」とされています。オーストラリアのアデレード大学の研究によると、妊娠後期(妊娠16週以降)にサプリメントから葉酸を過剰に摂取していた場合、赤ちゃんがぜんそくを発症する確率が30%高くなったそうです。
    出典 :2/2 赤ちゃんのための妊娠中、葉酸摂取のコツ [出産準備] All About
  •  

    ただし、喘息を発症する可能性が高くなったという研究結果は、葉酸を過剰に摂取していた場合となります。
    葉酸自体は重要な栄養素なので、過剰摂取しなければ胎児の発育を助けるとの研究結果もあるようです。

  • 葉酸を摂取する方法

  • 葉酸は、サプリメントで摂取する場合には、400μg以下にすることが望ましいそうです。また、その他の食品に葉酸が加えられている場合には、その分サプリメントの量を減らすと安心。
    また、できれば通常の食事から葉酸を摂るようにするといいでしょう。

  • 葉酸400μgを食材から摂取するには?
    ・ほうれん草だと7束
    ・アスパラだと11本
    ・ブロッコリーだと8房
    ・イチゴだと中30個

  • モロヘイヤ、グリーンアスパラガス、アボガド、かぼちゃ、マンゴー、オレンジ、いちごなどにも葉酸が
    多く含まれています。少しでも多くの葉酸をとるために、いためる、煮るなどのほか、サラダやジュースとして生で食べる工夫もしてみましょう。

  • 最後に

  • 妊娠中期以降の葉酸サプリの摂取が危険だという声も有りますが、葉酸は妊娠中に必要は栄養素になります。
    心配な方はサプリメントではなく、食材から摂取するように心がけて、葉酸自身の栄養素はきちんと摂取するようにしてください。