何がある!?「リンパ管腫の原因」をしって対策へ役立てよう!

リンパ管腫の原因は何があるのか!原因をしれば対処方法が分かるはず!

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 発症年齢とは

  • リンパ管腫の発症年齢は8割以上が小児期であるといわれています。特に大きな病変の場合には胎児期から病変が生じており、出生時から腫瘤が認められます。男女差はありません。遺伝性(親子・兄弟などの家族内での発生)は殆ど無いと考えられます。
    出典 :リンパ管腫とは|リンパ管疾患情報ステーション
  • 発生部位で圧倒的に多いのは頚部周辺で、全体の半数程度を占めますが、全身至る所からの発生の報告があります。
    出典 :リンパ管腫とは|リンパ管疾患情報ステーション
     

    このように発生部位にも特徴があるのですね。

  • リンパ管腫の原因とは

  • 通常は発育とともになくなってしまう胎生期の頸静脈から生じたリンパ嚢(のう)がそのまま残り、嚢胞(のうほう)状の腫瘤を生じたものと考えられています。
    出典 :リンパ管腫<のどの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    考えられているのはこちらなのです。

  • リンパ管腫は

     

    原因がなかなか見つかっていないものだそうなのです。しかし、どのようにしたら綺麗に予防や治療をする事が出来るのでしょうか!?

  • リンパ嚢が静脈系との正常な接続が行われず、その結果リンパ管腫としての形を得るに至ると考えられている[2]。周囲組織が筋繊維の様に抵抗が大きな場合は海綿状に、抵抗が少ない場合は嚢胞状の形態を取る[2]。腫瘍の増大などは、リンパ液の停滞、滞留により見られるものである。その他リンパ管が拡大しただけの、単純性のものも見られる。
    出典 :リンパ管腫 - Wikipedia
  • リンパ管腫全体としては、出産時に半数程度に既に発症がみられる[1]。身体の左右、男女の別による大きな差異は認められない。また頸部リンパ嚢が最も大きいため、約50%は頸部に発生する[1][注 3]。リンパ管腫は全脈管系腫瘍の内の4% - 6%を占める[2]。
    出典 :リンパ管腫 - Wikipedia
  • 後天性のものは放射線治療や手術などで中枢側のリンパ管の流れが悪くなり、その反応で末梢のリンパ管が異常に拡張してしまう現象で起こることが多い
    出典 :リンパ管腫 - Wikipedia
  • 検査としては

  • 顎下部(がっかぶ)にある場合はラヌラ(がま腫)の顎下型との区別が必要になります。この区別にはMRIが有用です。ラヌラは、舌下腺から発生する嚢胞で、嚢胞と舌下腺が連続している画像が得られることがあります。はっきりしない場合は穿刺(せんし)(針で刺すこと)が行われます。
    出典 :リンパ管腫<のどの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • ラヌラでは、非常に粘性が高く細い針では吸えないような液体がたまっています。一方リンパ管腫の場合は、粘性の低い黄色で透明な液が吸引できます。
    出典 :リンパ管腫<のどの病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 治療としては

  • リンパ管腫は、やみくもに手術を考えるべきではない。広範囲であることと、周囲組織を巻き込んでいるため、筋層、神経、血管などの副損傷の危険が多分にあり、切除はかなり難しい。また全部を取りきれるものでもない。
    出典 :リンパ管腫(医師編):大阪赤十字病院小児外科
     

    原因としては不明が多いのでしっかりこのあたりは知っておきたいですね、

  • 嚢胞状リンパ管腫には、薬剤(OK432等)の嚢腫内に注入による硬化療法が効果的である。手術はまずやらない。多胞性の場合は、時間をおいて硬化療法を繰り返しおこなう。かなりの縮小効果が期待でき、ほとんどわからなくなることもある。嚢胞状リンパ管腫は、出血や感染で、腫瘍が急に増大することがある。
    出典 :リンパ管腫(医師編):大阪赤十字病院小児外科
  • このときが逆に硬化療法のねらい目で、嚢腫腔が大きくなっているため薬剤の注入がやりやすい。抗生剤で炎症をおさめて少し小さくなった時点で、腔内にOK432(ピシバニール)を注入する。
    出典 :リンパ管腫(医師編):大阪赤十字病院小児外科
  • リンパ管腫では

     

    基本的に良性の腫瘍であると言われています。年齢的にはほとんど大きくなったりしないのです。体のどこにでもあるのですが、体の表面上の問題があるそうなのです。