糖尿病を予防するレシピ

糖尿病予防向けの、主食レシピ・主菜レシピを紹介します!
美味しいものばかりでオススメ♪

  • S 更新日:2014/03/15

view207

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 糖質源の選び方にもコツがあります。白米ご飯、白パン、うどんといった体に吸収されやすい「白い糖質」よりも、雑穀ご飯や玄米ご飯、全粒粉のパンやそばといった、食物繊維が多く体にゆっくりと吸収される「茶色の糖質」がおすすめです。
    出典 :糖尿病予防 高血糖の予防法〈食事編〉 : 糖尿病サイト
  • 糖質を減らして脂質が増えるのは問題です。肉類や乳製品に多い飽和脂肪酸の多い食事は糖尿病の発症・進行する悪玉因子を増やし、揚げ物・クッキーに多いトランス脂肪酸は、動脈硬化を進めて心臓病のリスクを高めます。魚の油には、インスリンの働きをよくするホルモンアディポネクチンを増やす作用・血液を固まりにくくする作用があります。
    出典 :糖尿病予防 高血糖の予防法〈食事編〉 : 糖尿病サイト
  • 食事での予防レシピ

  • 普段の食事が、あらゆる病気と関係してきます。
    食べるもので体型が変わるのと同時に、健康的な体作りも目指せるというわけです!

  • メニュー選び

     

    毎日の献立を考えるのは大変ですが、健康を意識して、何をとりいれるかを考えましょう。

  • 「1日3食」
    「適正なエネルギー摂取」
    「栄養バランス」
    メニューの計画には、これらを忘れないようにします。

  • イカとキュウリのサラダ

     

    キュウリは細切り、ニンジンは千切り。
    イカのわたを取り皮をむく。
    茹でて細切り。

    以下と和えて器に盛る。
    (ゴマ油・砂糖・酢・しょうゆ 各大さじ1、塩 小さじ1/4、赤唐辛子の輪切り 1本分)

  • カボチャ白和え

     

    豆腐は水切り後、耐熱容器に。
    ラップをかけ、電子レンジで1分以上加熱。
    カボチャは薄切りして更に千切り。
    耐熱容器に入れラップ。
    電子レンジで2分前後加熱。
    ボウルに調味料(練りゴマ・すりゴマ・砂糖 各大さじ1、味噌 小さじ1、塩 小さじ1/2) を加え、泡立て器でよく混ぜる。
    豆腐も加え、潰しながら混ぜる。
    カボチャを加えて和え、器に盛る。

  • 糖尿病の食事療法の目的は、血糖値や悪玉コレステロール、中性脂肪、血圧、体重などを良好に保ち「メタボリックシンドロームにしない」、あるいは改善して、生涯健康な人と同じような日常生活を送ることです。そのためには、エネルギー配分と栄養バランスの良い食事が基本になります。
    出典 :糖尿病が気になる方の食事のポイント|料理・レシピ検索サイトのナスラックキッチン
  • 管理栄養士が選んだ、美味しくて満足できるレシピ!

  • 生活習慣病を撃退するレシピで、毎日美味しく楽しく!
    おさえておく点として、主食・主菜・副菜の組み合わせで1食500kcal程度になるようにすることです。
    白身魚・鶏ささ身のような淡白食品がオススメ!

  • 糖尿病予防の主食レシピ

  • お洒落すき丼:主食・主菜・副菜も兼ねたバランス良い丼。しらたきの水溶性食物繊維グルコマンナンには糖吸収を遅らせる働きがあります
    ベーコンエッグマフィン:1品でバランスのよい食事ができるマフィン。イングリッシュマフィンが主食、卵とベーコンが主菜、トマトとレタスが副菜。トマトとレタスの食物繊維が血糖値の上昇を緩やかにします。
    出典 :糖尿病予防レシピ | 特集レシピ | 特集・栄養士コラム | ボブとアンジー | ボブとアンジー
     

    読んでいるだけでもお腹が空きそうですね!
    食べるのが楽しみ~っていうくらいの気持ちでいると楽しいですよ♪

  • 主菜レシピ

  • コーンを使った主菜

     

    豆腐を水気切り後、電子レンジで2分前後加熱。
    ボウルに鶏ひき肉・塩・醤油・鶏がらスープの素・ごま油・片栗粉・しょうがを混ぜる。
    豆腐は細かくちぎり、加えて混ぜ、8等分に。
    ホールコーンに片栗粉をまぶす。
    肉団子にホールコーンをつけ、耐熱皿にリング状に並べる。
    酒をふりかけ、ラップをし、電子レンジで2分30秒加熱。

  • あさりと昆布

     

    アサリは良質のたんぱく質を含み、遊離アミノ酸の一種であるタウリンを豊富に含んでいます。
    煮物にして食べると美味しいです♪
    煮立ったら弱火で約15分、昆布がやわらかくなるまで煮ます。

  • 糖尿病を予防する食生活で、食べてはいけない食品はありません。気をつけることは栄養の「バランス」と、「食べ過ぎ」です。エネルギー源は「糖質=60%、たんぱく質=15~20%、脂質=20~25%」で取るのが理想的といわれています。カロリーばかりに気を取られて食事をしていると栄養が偏りがちになり、他の病気の要因にもなりかねません。
    出典 :糖尿病予防レシピ/糖尿病を予防するレシピ