水腎症と言う病気とは

水腎症は腎臓に関係する病気と言うのは誰でも予想は付きますが、症状や診断等の細かな特徴は分かる人は医療関係者以外ではなかなかいないのが現実でしょう。

view442

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 水腎症の正体は?

  • 水腎症とは

     

    腎盂よりも下部の尿路閉塞によって腎盂と腎杯の拡張が生じ、その結果血流障害が生じ、この状態が続くことにより腎実質は萎縮していきます。このように腎盂・腎杯の拡張に、腎実質の萎縮を伴っている場合を水腎症といいます

  • 水腎症の原因である尿路閉塞症は、先天性と後天性に分けられます。また閉塞部位により上部、下部に分けます。 上部尿路閉塞の原因としては、先天性疾患では腎盂尿管移行部狭窄、尿管膀胱移行部狭窄が、後天性疾患では腎尿路の結石、腫瘍、炎症があります。下部尿路閉塞の原因としては先天性疾患として尿道狭窄、尿道弁などがあり、後天性疾患として結石、腫瘍、神経因性膀胱などが主なものです。
    出典 :水腎症 - goo ヘルスケア
  • 水腎症の症状は

     

    尿が突然に流れなくなり、腎盂腎杯内の圧力が急に上昇して、腎臓の表面をおおっている被膜が引き伸ばされると、腎臓のある背中からわき腹にかけて、持続する強い痛みを感じます。

  • 尿路の閉塞が不完全で、徐々に腎臓の拡張がおこる場合は、腰部に軽い鈍痛がみられたり、無症状のこともあります。腎臓が大きくなると、まわりの胃や腸を圧迫するため、気持ちが悪くなったり(悪心)、嘔吐など、消化器症状がみられることもあります。子どもでは、腹部がふくらんで、偶然に腹部の腫れとして発見されることもあります。
    出典 :水腎症 とは - コトバンク
  • 検査と診断

     

    水腎症の有無は、腹部の超音波検査で簡単に調べることができます。

  • 水腎症であることが確認されたら、つぎに、その程度や尿路の閉塞部位を調べます。水腎症の程度は、尿・血液検査によって腎臓の機能を調べたり、静脈性腎盂撮影、CTスキャン、腎シンチグラフィなどの画像検査によって、腎盂の拡張の程度、腎実質の厚さを調べるなどして、判断します。また、尿路造影(腎尿管、膀胱、尿道)により、閉塞部位を診断します。
    出典 :水腎症 とは - コトバンク
  • 水腎症(尿管結石).mov - YouTube

  • 治療法は

     

    水腎症の進行がない場合や尿路感染症のない場合は、経過を見ていくことになります。

  • 尿路感染症を起こす可能性のある時には、抗菌薬の予防投与を行います。尿路狭窄があって、水腎症が進行する場合は、狭窄部分を切除し、再建する手術を行います。術後の狭窄の危険もあるので、慎重に手術すべきかどうかを泌尿器科の医師と相談した方がいいでしょう。
    出典 :2/2 水腎症の症状・原因・治療 [感染症] All About
  • 膀胱尿管逆流の程度がひどく、尿路感染症を繰り返す場合は、膀胱から尿管へ尿が逆流しないような手術が必要になってきます。水腎症は自然に治ることが多いので、できるだけ、腎臓の負担をかけないよう、血液検査や画像診断で経過をみていくことが大切ですので、水腎症と言われたときには定期的に医療機関に通院しましょう。
    出典 :2/2 水腎症の症状・原因・治療 [感染症] All About
  • 外科手術による治療

     

    水腎症の治療では、閉塞を起こしている尿管の代わりになる腎臓と膀胱を繋ぐ管を増設するバイパス増設術を行います。この場合、塞がっている尿管にはステントという柔らかいチューブを挿入されます。また、皮膚の上から腎臓に直接針を刺して排尿を行う場合もあります。

  • 水腎症の予後
    軽い水腎症であれば、自然に治ってきます。水腎症の原因の1つである膀胱尿管逆流は自然に治ることが多いので、逆流が治ることで、水腎症も治ります。しかし、膀胱尿管逆流が自然に治らずに、水腎症の進行、つまり、腎杯や腎盂が大きくなって、腎臓を圧迫し、腎臓の組織がなくなってしまうと腎臓の機能が悪くなります。
    出典 :2/2 水腎症の症状・原因・治療 [感染症] All About
  • この尿の逆流で感染症を起こすと腎臓の組織にダメージが起こってしまいます。尿路感染症を起こす回数によって、腎臓へのダメージの起こる危険性は、2回で約10%、3回で約15%、4回で約35%、5回で約60%と言われています。尿路感染症の予防と、水腎症の進行がないかどうかをみていく必要があります。
    出典 :2/2 水腎症の症状・原因・治療 [感染症] All About
  • 珊瑚状結石.水腎症の3D−CT - YouTube