赤ちゃんは温泉にいつから入れる?楽しくお出かけのコツ

赤ちゃんは温泉にいつから入れるんだろう?と心配するママは多いはず。たまにはゆっくり温泉に浸かりたいけど、赤ちゃん連れじゃ無理かな・・・って諦めてませんか?今回は赤ちゃんと一緒でも十分に楽しめる温泉のコツについてまとめます♪

view61030

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんは温泉にいつから入れる?

  •  

    基本的にはいつから・・・という事はありません。ベビーバスでの沐浴を卒業していればOKです!
    とはいえ、首が座ってからのほうが安心。
    先輩ママは大体6ヶ月頃に温泉デビューをしているようです♪

  • 何歳以下は温泉に入れてはいけません、ってことはないですね。先輩ママさん方に聞くと、だいたい6ヶ月くらいからですね。
    出典 :赤ちゃんも温泉には入れるの? :赤ちゃん 旅行|ママらくちん子連れ旅行
  • 赤ちゃんと楽しむ温泉~注意点~

  • チェックしておきたい泉質&温度

     

    赤ちゃんの肌はデリケート。
    強すぎる成分は肌トラブルの原因になる可能性があります。
    熱いお湯も苦手なので事前に宿に確認を。
    また、長湯もNG!ママは物足りないけど我慢です。赤ちゃんを抱っこしたまま移動するときは、足元には十分注意を払って。温泉の成分はちょっとぬるぬるするものが多いので滑りやすいです。
    湯上りはかけ湯を。赤ちゃんにとって温泉成分は刺激になるので洗い流しましょう。

  • 赤ちゃん・子供を温泉に入れる場合、酸性・アルカリ性の強い温泉(酸性泉、炭酸水素塩泉)は肌への刺激が強いので避けなければなりませんが、それ以外の泉質であれば、健康上の問題は特にありません。
    出典 :赤ちゃん・子供と温泉はいつから?
  • 乳幼児OKかの確認を。

     

    おむつが取れていないと入れない温泉や、あまりに小さいと入浴ができない施設もあります。
    行く前に事前に乳幼児が入れるかどうか聞いておくことが良いでしょう。

  • 周りに迷惑をかけない為に入浴のタイミングに気を付けよう!

     

    最大の問題はトイレ。
    赤ちゃんは自分ではコントロールできません。
    オムツが濡れたらその直後に温泉に入るなどの工夫を!
    乳児はウンチは大丈夫かな・・・というタイミングを見計らって入りましょう。
    幼児であれば、入浴直前にトイレは済ませておくこと。お尻はきれいに洗ってから、湯船に入るのがマナーですね。

  • 中には、ざわざわした雰囲気が苦手だったり、怖くて泣いてしまったりということもあります。
    その子それぞれの性格もありますので、あまりに落ち着かなくて、不安そうだったら早めに上がってあげる、もしくは、赤ちゃんだけ洗ってあげて、自分は後でゆっくりと入る、など赤ちゃんの気持ちを考えて臨機応変に対応してあげてくださいね。

  • 赤ちゃんと楽しむ温泉のコツ。

  • いろいろな便利グッズをつかって

  • 大きめのバスタオルを用意する。

     

    フード付きで大きめのバスタオルを用意すると便利。
    湯上りにさっと被せれば湯冷め防止に!
    ベビーベットがないところでは、バスタオルをひけばお世話スペースが出来上がります♪

  • いつものバスグッズを持っていく。

     

    肌がデリケートな赤ちゃん。
    いつも使っているベビーソープやボディローションなどのお世話グッズを持っていきましょう!
    たとえば、お気に入りのガーゼタオルや、お風呂のおもちゃなどがあったら安心しますよね。

  • お風呂上がりには水分補給はとても大切。マグや水筒は必ず持参しましょう。

  • 空いている時間を狙う!

     

    大浴場などに入る場合は、空いている時間を狙うとGOOD!
    時間が早いうちは、明るいし、露天風呂からもまた違った景色が見られますよ。
    赤ちゃんもママも安心してゆっくり過ごせるはずです♪

  • 赤ちゃん連れ歓迎の宿を選ぶ!

     

    最近は赤ちゃん連れ専用のプランを用意している宿も多いんですよ!
    オムツやミルク、離乳食を用意してくれたり、大浴場にベビーバスやベビーチェアを用意してくれたり。
    サービスは様々です。
    赤ちゃんもママも安心して楽しめますね♪

  • 6カ月くらいになると、お座りも上手になってくる頃です。
    これくらいになれば、ママが洗っている間にちょっとの間、そばに座らせておいても大丈夫になってきますね。
    横に座らせておく時は、口に入れてしまうものがないか、転ばない姿勢で待てるかなど周囲の安全を確認してあげてください。

  • 家族風呂がある宿も増えてきています。親子でゆっくり楽しめる温泉を探してみましょう。