亜麻仁油の効果を実感。これはダイエットに役に立つ!

亜麻仁油の効果はダイエットに悩む方には、最適な効果を出すことが期待できます。
アトピー性皮膚炎や花粉症や糖尿病、頭が良くなる、うつに効くなど眉唾な効果もありますが、亜麻仁油が身体にいいことは間違いありません。
いろいろな分野で利用できる亜麻仁油の情報をまとめました。

view79

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 亜麻仁油の効果とはいかようなものか?

  • 亜麻仁油(アマニ油)は、「アマ」という植物の種から抽出された油のことで、水溶性であることから、もともとは「塗料」や「印刷インク」の原料として使われていました。今でも、亜麻仁油はインクの原料として重宝されており、亜麻仁油配合のインク商品も簡単に手に入れることが出来ます。
    出典 :【亜麻仁油(アマニ油)@ガイド】-効果・効能は?-
  • アマの種子を圧搾、又はこれをつぶして溶媒で抽出することで得られる。代表的なω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸に富み、栄養サプリメントとしても販売されている。
    出典 :アマニ油は色々な効果が期待できるらしい - NAVER まとめ
  • 亜麻仁油に含まれるαリノレン酸は脳に一番大切な油であるDHAになります。

    妊娠中、授乳中、成長期にしっかリとDHAを摂ると、とても頭の良い子に育ちます!
    出典 :亜麻仁油(アマニ油)が効かない!効果効能をお答えします!|ファスティング、栄養学の専門家、断食メガネ田中裕規
  • 亜麻の持つ食物繊維も十分に取れ、さらに栄養素も高まる。栄養学的には 100 gの亜麻の種には 450 kcalの熱量があり、脂肪 41 g、食物繊維 28 g、タンパク質 20 gを含む。
    出典 :アマニ油は色々な効果が期待できるらしい - NAVER まとめ
  • 亜麻仁油には、「オメガ3」や「オメガ9」といった、人間の体に必要不可欠な成分を含んでおり、これらを「必須不飽和脂肪酸」と呼んでいます。とくに、人間の脳に健康効果があるとされており、「脳神経」や「視神経」を正常に働かせる効果があるのです。
    出典 :亜麻仁油とは? - 【亜麻仁油(アマニ油)@ガイド】-効果・効能は?-
  • 亜麻仁油には、様々な可能性を期待することができるようです。
    特に、妊娠中の女性が飲むと頭のよい子供になる可能性があるというのは、面白い効果だと思います。
    眉唾な可能性も高いですが、基本的には脳にいい成分が含まれているということは間違いがないようです。
    オメガ3、オメガ9は人間の身体には不可欠な成分である不和脂肪酸を摂取することができます。
    不和脂肪酸はコレステロールを下げる効果もありますので、ダイエットにも効果があるということなのでしょう。
    また、脳神経や視神経に効果があるようですから、うつに効くというような効果があるとされているのでしょう。
    しかし、うつは栄養問題も重要なファクターでありますが、環境にも影響されるものですから、一概にうつに効くから、うつを煩っている方に勧めるのがいいというわけではありません。

  • 亜麻仁油を効果的に摂取するには?

  • 亜麻仁油の成分が水溶性で熱に弱いことから、ドレッシングのような「生のまま」で摂取すると効果が高いと言われているのです。
    出典 :亜麻仁油とは? - 【亜麻仁油(アマニ油)@ガイド】-効果・効能は?-
  • 亜麻仁油をバターの代わりにパンへ

     

    亜麻仁油は生のままで摂取するのが一番効果的に成分を摂取する方法ですが、油を直接飲むのは抵抗があるという方は、パンに塗って食べましょう。
    ドレッシングとしてサラダにかけて食べるのもいいかもしれません!
    サプリメントとして販売もされていますが、サプリメントでの摂取では味気ないですね。
    せっかくなら、料理にひとたしして美味しくいただくのも、ダイエットを楽しく続けるこつです。
    何事も楽しくなければ長続きはしませんからね!

  • 亜麻仁油はアメリカ人や欧米人はとても効果があります。
    でも、日本人にはなかなか効かないという事があります。
    出典 :亜麻仁油(アマニ油)が効かない!効果効能をお答えします!|ファスティング、栄養学の専門家、断食メガネ田中裕規
  • 亜麻仁油にたっぷり含まれるαリノレン酸が体内で

    ALA

    ETA

    EPA

    DPA

    DHA

    と変化していって最終的にDHAになることで脳関門を通れるようになり、脳にDHAが行き渡ります。
    出典 :亜麻仁油(アマニ油)が効かない!効果効能をお答えします!|ファスティング、栄養学の専門家、断食メガネ田中裕規
  • αリノレン酸の代謝段階で亜鉛、マグネシウム、ビタミンB群(特にビタミンB6)がとても重要になります。
    出典 :亜麻仁油(アマニ油)が効かない!効果効能をお答えします!|ファスティング、栄養学の専門家、断食メガネ田中裕規
  • 玄米、大豆、納豆、ゴマ、ワカメ、酢の物などをたくさん食べるとマグネシウム、亜鉛ビタミンB群が摂取できます。


    つまり、発芽させた玄米や発芽雑穀に納豆を掛けて、すりごま、亜麻仁油を掛けて食べる!
    (玄米、雑穀、豆などは発芽させないとフィチン酸がミネラルの吸収を阻害します)
    出典 :亜麻仁油(アマニ油)が効かない!効果効能をお答えします!|ファスティング、栄養学の専門家、断食メガネ田中裕規
  • 日本人は欧米人と比べますと、胃酸の量が少ないので、亜麻仁油の成分を満足に摂取することができません。
    欧米人は肉から、栄養を満足に吸収することのできる身体を持っていますので、亜麻仁油からの成分を日本人以上に容易く摂取することができるのです。
    一方、日本人は肉から栄養を摂取することが、苦手な民族であるといってもいいでしょう。
    農耕文化ですから、穀物からの栄養の方が日本人は容易に摂取することができるのです。
    なので、上記の食材と一緒に摂取することで、亜麻仁油の成分をより多く摂取することができるというわけです。
    食べ合わせが良い悪い、とありますが、亜麻仁油の効能を最大限に得るためには食べ合わせを考えて食さなければいけないわけですね。

  • 亜麻仁油で注目すべきなのが、「コレステロール0」という特徴です。亜麻仁油には、「コレステロール値を下げる」という効果もあり、亜麻仁油自体に含まれているコレステロール値も「0」なんですよ。
    出典 :摂取量に注意 - 【亜麻仁油(アマニ油)@ガイド】-効果・効能は?-
  • やはり注意したいのが「摂取量」です。亜麻仁油の脂肪酸組成を見ると、確かに健康効果の高い形成になっているのですが、何事にも「限度」というものがあります。また、健康効果が期待できる脂肪酸組成と言っても、油である以上は「カロリー」も含んでいます。つまり、健康効果を期待するあまり、必要以上に摂取してしまうと、今度は「カロリーオーバー」という逆効果を生み出してしまうんですね。
    出典 :摂取量に注意 - 【亜麻仁油(アマニ油)@ガイド】-効果・効能は?-
  • 身体にいいからといっても、多く摂取すれば毒になります。
    早く痩せるために多く摂取すると、亜麻仁油は「油」なのですから太る原因になるのは当然です。
    適量を摂取するのが重要です!

  • 有機栽培された亜麻仁油

     

    亜麻仁油にもグレードがあります。
    粗悪な亜麻仁油は身体の酸化を早めるため、健康を害する可能性があります。
    また、開封して時間が経つと亜麻仁油はすぐに酸化を始めてしまいます。
    酸化してしまうと、効果が薄くなってしまうので、開封したらすぐに摂取するようにしましょう。

  • 亜麻仁油はダイエット以外にも美肌にも効果あり!

  • 血糖値を抑制して、高血圧や高血糖を防ぎ、お肌のほてりも鎮める効果が期待できます。
    またオイルなのに、コレステロール値がゼロ!体内の脂肪やお肌の皮脂をコントロールし、脳の老化も防ぎ、集中力がアップするとも言われています。そしてストレス軽減や抗うつ作用もあるので悩みやすい性格の人にもオススメです。
    出典 :アマニ油は色々な効果が期待できるらしい - NAVER まとめ
  • アトピーに悩まされている人も多いようです。その原因にはさまざまな要素が指摘されていますが、そのひとつが栄養不足。アトピーはオメガ3という不飽和脂肪酸が不足した状態によって起こることが多いのです。このオメガ3の不飽和脂肪酸を亜麻仁油は豊富に含んでいるのです。
    出典 :亜麻仁油の効果効能とアトピー
  • アトピー性皮膚炎は、発症してしまいますと容易には完治することができません。
    特に幼少期には注意をして、発症するリスクを最小限までに少なくすることができるのであえれば、それにこしたことはありません。
    そして、亜麻仁油は発症するリスクを最小限まで少なくすることができるのですから、下手な栄養補助食品を購入して食べさせるよりも、亜麻仁油を使って料理をこさえたほうが、子供の成長にはプラスの働きを与えることができるのではないでしょうか。

  • 生理痛が起こる原因のひとつとして、プロスタグランジンという女性ホルモンの過剰分泌があげられます。このホルモンの分泌量が多いと、子宮収縮が大きくなり、お腹の痛みを招いてしまいます。

    このプロスタグランジンの分泌を抑えるのに役立つのが、フラックスオイル(亜麻仁油)。生理痛をやわらげることのほかにも、抗炎症、血液サラサラ、美肌づくりによいとされています。
    出典 :つらい生理痛を食事でやわらげる「亜麻仁油」って!? | ニコニコニュース