下痢と嘔吐が激しい・・・「急性腸炎」

腸に炎症が起こると下痢と嘔吐の症状が出ます!
それは「急性腸炎」かもしれません!!!

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 急性腸炎

  • 急性腸炎の概要☆

     

    急性腸炎とは、腸に炎症を引きおこす疾患群の総称のことで
    症状には下痢、嘔吐、吐き気、腹痛などがみられます!
    急性腸炎は感染性の急性腸炎と非感染性の急性腸炎があります
    感染性の急性腸炎には主に細菌によるもので
    非感染性の急性腸炎には食べ過ぎ飲みすぎといった
    食生活や薬によるものなど、様々です
    ここまで調べるとざっくりわかりますね

  • 突然の嘔吐や下痢を伴う病気で、一過性のものをいいます。一般に、嘔吐は胃炎、下痢は腸炎の症状です。
    出典 :急性胃腸炎 - goo ヘルスケア
     

    突然下痢してしまうのですね

  • また、重症度はかぜをひいて下痢をしたり、寝冷えをしておなかをこわしたなどという軽いものから、コレラや赤痢[せきり]などという重症なものまで、原因によってさまざまなものがあります。
    出典 :急性腸炎の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
  • 原因

  • 感染性腸炎の原因には細菌が多く、特に「腸炎ビブリオ、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、カンピロバクター、ウェルシュ菌」などの食中毒菌や「腸チフス、赤痢、コレラ、パラチフス」などの伝染病を引き起こす細菌によって引き起こされます。
    出典 :急性腸炎(症状/検査・診断/原因)
     

    細菌によって引き起こされるのですね

  • 原因はさまざまですが、多いのは細菌感染(感染性腸炎)によるもので、問題となるのもこれがほとんどです。
    出典 :急性腸炎の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
  • また、エイズウイルスに感染した場合に起こる急性腸炎もありますが、この場合は、大腸がサイトメガロウイルスに感染していることが多いようです。
    出典 :急性腸炎の基礎知識 | nanapi [ナナピ]
  • 症状

  • 主な症状は下痢で、その他嘔吐、発熱、腹痛がみられます。症状の度合いは非感染性腸炎の方が軽く、感染性腸炎は症状は重いです。
    出典 :急性腸炎(症状/検査・診断/原因)
  • 症状

     

    細菌性の場合は、嘔吐や下痢のほか
    重症化すると血液が混入した
    あるいは膿性の下痢便、発熱、腹痛などを伴い
    ショック症状を起こすことがあります
    ウイルス性の場合は、水様性の下痢便が特徴です!
    水様便は結構厳しいですよ・・・・

  • 治療法

  • 細菌性の場合は、ニューキノロンなどの抗生物質が用いられます。コレラのように脱水が強い場合は、輸液が重要です。ウイルス性の場合は、体内の電解質の保持のため、輸液を行う場合があります。
    腸管内の正常細菌叢(そう)を保つため、生菌製剤の併用がすすめられます。
    出典 :急性胃腸炎 - goo ヘルスケア
  • 血便・膿性の便の場合は細菌性を疑います。一過性で1〜2回の下痢で治まるなら、生菌製剤で様子をみることができますが、次第に悪化する場合や、血便・膿性の便の回数が多く続くようなら受診しましょう。
    出典 :急性胃腸炎 - goo ヘルスケア
  • 注意点

  • お年寄りや子どもは脱水症に注意が必要です。合併症としては、激しい下痢により体内の水分や電解質(ナトリウム、カリウムなど)が失われ、体液が不足して起こる脱水症が重要です。
    出典 :急性腸炎の基礎知識 | nanapi [ナナピ]