妊娠後期のクラミジアについて

クラミジアは自覚症状の薄い病気です
感染したまま妊娠して気付かない場合も考えられます
妊娠後期のクラミジアは必ず出産までには完治させておく必要があります

view709

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自覚症状が薄いため観戦に気づかないケースもあります

  • とくに女性の場合、自覚症状があまりない病気なので、感染を知らずに妊娠することがあります。治療しないまま経腟分娩をすると、赤ちゃんに感染する心配が。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
     

    女性の場合は自覚症状が薄いため気付かないままの場合が考えられます
    その場合には分娩時に赤ちゃんへの感染の心配もあります

  • 感染した赤ちゃんは、肺炎などを起こしてときに重症になることがあります。でも、出産までに薬を飲んで治療すれば母子感染は防げます。思い当たる節はなくても、症状はなくても、検査を受けることです!
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
  • 人から人へ感染するのでパートナー同士で感染している可能性が高い病気です

     

    パートナーの治療も一緒にしないと感染し合うことの繰り返し(ピンポン感染)になり兼ねません。

  • クラミジア検査

  • クラミジア検査には、抗原と抗体を調べる検査があるが、赤ちゃんに感染するかどうかには子宮頸管の抗原を調べ、クラミジアが感染しているかどうかを調べる。もし、陽性(感染)の場合には出産までに治療を完了しないといけないので、検査は妊娠30週頃までに行う。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
     

    妊娠後期のクラミジア感染に気付いた場合は出産までには治療を完了させる必要があります

  • 【検査の具体的な方法は?】
    内診台で受けます。腟鏡で膣を少し拡張し、細長い検体採取器具(綿棒)を挿入して、子宮頸管の表皮細胞をこすりとります。人によっては少し出血することがありますが、心配はいりません。痛みはほとんどありません。
    出典 :妊娠中のクラミジア検査|プレママタウン
  • 具体的な検査方法

     

    痛みはほとんどありません。

  • 胎児への影響は?

  • 問題になるのは、妊娠前の感染で不妊の原因になること。妊娠中の感染で切迫早産・流産や産道感染の心配があること
    出典 :妊娠前に感染していたクラミジア、胎児への影響は? - gooベビー
     

    妊娠中の感染だと切迫早産・流産や産道感染の心配があります

  • クラミジアは細菌の一種で感染すると、女性の場合は子宮頸管に炎症が起こります。その感染が子宮にまで広がってしまうと、切迫早産や切迫流産になつながるという報告があるのです。またクラミジアに感染したまま出産すると、出産のときに産道感染して赤ちゃんに結膜炎、鼻づまり、呼吸困難が起こる心配があります。
    出典 :妊娠前に感染していたクラミジア、胎児への影響は? - gooベビー
     

    感染したまま出産にのぞむと赤ちゃんに産道感染する可能性があります

  • クラミジアからおこる病気

  • 「妊娠できない」という症状なら母体が我慢すればすむ話かもしれませんが、妊娠中にクラミジアに感染している場合はそれだけでは済みません。胎児を守っている羊膜にまで細菌が侵入すると前期破水をひきおこす原因になります。
    出典 :妊娠中のクラミジア感染症
     

    破水の原因にもなるのですね

  • もともとクラミジアの菌は最初に子宮の入り口付近に感染します。ただ、ここは自覚症状に乏しいので気づきにくいです。でも細菌感染してしまうと、子宮の入り口は菌が侵入しやすい状態になってしまいます。
    出典 :妊娠中のクラミジア感染症
     

    放置しておくと菌が侵入しやすい状況になってしまうのですね

  • 妊娠中は胎児の近くに菌が侵入することが、とても心配です。出産時までに完治しないと、産道感染してしまうこともあります。産道感染すると、出生時から新生児結膜炎(しんせいじけつまくえん)や肺炎(はいえん)にかかるケースもあります。
    出典 :妊娠中のクラミジア感染症
     

    出産のときまでには必ず完治させておきましょう!