妊娠中のむくみについて。解消法や予防法を紹介。

妊娠中に足がむくんで大変だったという経験のある女性は非常に多いです。
妊娠中のむくみは、ひどい時だと一般生活に支障が出るほど悪化する場合も珍しくありません。
そうなる前に、妊娠中のむくみの原因や解消法を身につけましょう。

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のむくみ

  • 妊娠中のむくみ(浮腫)は、ほとんどの妊婦が経験するトラブルの1つです。手足のむくみは生活に支障をきたすこともあり、特に足のむくみは産後すぐに起こることもあります。妊婦には冷えとむくみが大敵と言われています。
    出典 :妊娠中のむくみ
     

    まずはむくみの原因を探って、すぐに解消できる方法を考えましょう。

  • むくみは妊娠後期になるとほとんどの妊婦さんが感じるマイナートラブルの1つです。デスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢をとりつづけることの多い仕事をしている妊婦さんを中心に、妊娠中期からむくみに悩まされる方も少なくありません。
    出典 :妊婦の方が妊娠中むくみに悩まされる3つの原因と5つの解消法 : こそだてハック|妊娠・出産・育児が”もっと楽しくなる”情報サイト
     

    運動不足が要因の一つになっているみたいですね

  • むくみとは

     

    むくみとは、体の中の水分が溜まって痛みを伴わずに腫れてしまうことです。
    怪我をした時の腫れとは違い、腫れている部分は水分なので、手で押すと容易に跡が付きます。むくみは別名を浮腫(ふしゅ)と呼びます。

  • 特に妊娠中は赤ちゃんに栄養を行き渡らせるために血液が増加します。体内の細胞組織の液体と血液のバランスが崩れることから妊婦の体はむくみやすい体質だと言えます。
    出典 :妊娠中のむくみ
     

    血の巡りの悪さがむくみの大きな要因になるのです。

  • 妊婦のむくみの原因

  • 妊婦がむくみやすいのは、体内の血液と水分のバランスが崩れやすいからです。血液は赤ちゃんの栄養を胎盤を通して運ぶ大切な役割を持っているので、妊娠中は通常よりも血液量が増加します。その血液から体液が漏れると皮下組織に水分として溜まってしまいます。
    出典 :妊娠中のむくみ
  • 妊娠中は、赤ちゃんにスムーズに血液を送る必要があるので、お母さんの血液中の水分が増え、さらさらな状態になると考えられています。この水分が、女性ホルモンの影響で、組織にしみ出やすくなっている。さらに、大きくなった子宮が血管を圧迫して、血液が心臓に戻ってくるのを妨げる…。
    出典 :妊娠高血圧症候群を予防する4つのポイント! - gooベビー
     

    このような理由から、妊娠中にむくみが出やすくなっているようです。

  • 妊娠中にむくみやすくなる要因

     

    ・塩分の過剰摂取。
    ・つわり等からくる運動不足。
    ・妊娠にともなう体重増加。
    ・ストレスや疲労、身体的原因。
    ・冷えによる血液の循環不足。
    ・同じ姿勢でいることで血液が留まってしまう。
    ・妊娠中の体型変化に伴う衣服の締め付け。

  • つわりが重たい場合は、外出もできない状態になります。動く事が出来ないので必然的に運動不足に陥りやすくなります。体を動かさないと血液の循環が滞って、血管と細胞の受け渡しをする細胞間液という水分が溜まり、手足がむくみやすくなるのです。
    出典 :妊娠中のむくみ
  • むくみ解消法

  • 足を高い位置にあげる

     

    寝る時や休息をとる時に、20cmくらい高くなるようにクッションなどを足の下においてみましょう。仰向けに寝た状態で、両手両足を天井に向かってあげ、パタパタと10秒くらい振ってから眠るようにするだけでも効果がありますよ。

  • ・足を冷やさないようにする
    下半身は、冬はもちろん、夏の冷房でもあっという間に冷えてしまうので、靴下やレッグウォーマーで上手に体温調節をしましょう。また、足先の冷えにはフットバスがおすすめです
    出典 :妊婦の方が妊娠中むくみに悩まされる3つの原因と5つの解消法 : こそだてハック|妊娠・出産・育児が”もっと楽しくなる”情報サイト
  • ・ウォーキング
    「足を使う」ことは、滞りがちな血流の改善におすすめです。ただし、無理は禁物なので、自分の体調をみながら、余裕をもって歩くことを心がけてください。
    出典 :妊婦の方が妊娠中むくみに悩まされる3つの原因と5つの解消法 : こそだてハック|妊娠・出産・育児が”もっと楽しくなる”情報サイト
     

    膝を伸ばして、かかとから着地するよう意識することで、ふくらはぎの「ポンプ機能」がしっかり働き、脚のむくみやだるさの解消してくれます。

  • 塩分を控えた食事を心がけ、カリウムの多い果物などを補う

     

    妊娠中は塩分を控えた食事をしましょう。
    塩分に含まれるナトリウムが体内で一定の濃度に保とうとする働きをし、必要以上に摂取すると、薄めようとして水分を体に多く取り込んでしまい、むくみを引き起こしてしまいます。
    食事中の塩分をできるだけ控えるのはもちろんですが、余分なナトリウムを体外に排泄してくれるカリウムを多めに摂取するのも、むくみ解消には効果的です。

  • カリウムを多く含む食材には、パセリ、納豆、こんぶ、バナナやリンゴ
    フルーツに多く含まれています。
    これらの食材を積極的に食事に取り入れましょう