こんなものまで「低血圧の症状」は広くある!

低血圧の症状は沢山あるものです。しかし、貧血に似たものもあり判断がつきにくいですよね。ここでしっかり症状について知っておきましょう。

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 若い女性に多い

  • 若い女性で低血圧に悩む人は多い。高血圧のように深刻な病気を招く心配は少ないが、体がだるく、朝起きられない、気力がわかない、など日常生活を送る上で悪影響があるのも事実だ。食事や日常生活を工夫すれば不快な症状を減らすことは可能だ。
    出典 :低血圧症状どう防ぐ
     

    今や低血圧は意外と色々な人に現れるものなのです

  • 若い女性に多いのが

     

    低血圧なのです。この低血圧に悩まされる人は少なくありません。我慢している人も少なくはないので、きになったら改善に努めるのも良いかもしれませんね

  • 低血圧の症状は

  • 本態性低血圧症、症候性低血圧症、起立性低血圧症などそれぞれ異なった症状の現れ方を示します。本態性低血圧症は慢性低血圧症を示すため、症状は持続的であるの対し、症候性低血圧症は原因疾患の違いにより、急性または慢性の症状発現を示します。一方、起立性低血圧症では体位の変換に伴い急性に症状が出現します。
    出典 :低血圧症 - goo ヘルスケア
     

    症状は異なって現れる事が多いのです

  • 身体症状としては、めまい・立ちくらみ・頭痛・全身のだるさ・動惇・頻脈などがあり、ときに失神を起こす場合もあります。精神症状としては、朝の目覚めがよくない・起きられない・不安感・不眠・食欲不振などがあげられます。
    出典 :低血圧と高血圧|症状|治療|生活習慣病
     

    代表的な症状はこちらですね

  • 低血圧とは、全身の動脈圧が正常値を超えて低下した状態を言い、主な症状としては、 頭痛・肩こり、眩暈・立ち眩み、動悸・息切れ、不眠・朝起きられない、食欲不振・吐き気、胸やけ・胃もたれ、倦怠感、集中力の低下、手足の冷え、などがあります。
    出典 :低血圧の症状
  • 傾向としては

  • 低血圧の人は命に関わる危険が低く、高齢となり血管の柔軟性が不足する高齢時には、逆に正常値に戻る人もいるため長生きする人が多いと言われています。 血圧が低くても症状がほとんどない場合は、正常値へと戻す必要がないとされ治療を行いませんが、低血圧の原因となる病気があり治療が必要とされるものは、「低血圧症」と呼ばれます。
    出典 :低血圧の症状
     

    高血圧と比べると大分違いますよね

  • 春~夏の季節や、朝~昼に症状が強く現れる傾向があり、逆に昼~夜にかけて症状が軽くなるため、元気になる人も多いです。 10代~30代の若い女性の約20%、小・中学生の約5~10%は低血圧だと言われているように10代や女性に多く、小学生の中には低血圧が原因で不登校になることもあります。
    出典 :低血圧の症状
     

    しかし、このような場合があるので注意したいですね

  • 日常生活の注意点

  • 低血圧は日常生活での工夫によっても、不快な症状を軽減することができます。血圧が少し低くても症状がない場合にはそのままにしていてもかまいませんが、血圧が低く症状が強い場合には、治療を行いましょう。
    出典 :低血圧症状を改善するには|改善方法|低血圧 Support Group
     

    症状が強い場合だけであとは問題ないようです

  • 治療の第一歩は、低血圧症状を起こすほかの病気が隠れていないか、病院で検査することです。 低血圧のほかに異常がなく、医師からお薬を勧められなかったら、まずは日常生活を見直すことから始めましょう。 不快な症状は、日常生活を工夫することで、改善が期待できます。
    出典 :低血圧症状を改善するには|改善方法|低血圧 Support Group
  • 日常生活を振り返ってみて、生活が不規則になっている場合は、早寝早起きをするなど、生活改善をはかります。また、リラックスすることを心がけ、一日のなかで、くつろげる時間を設けましょう。
    出典 :低血圧と高血圧|症状|治療|生活習慣病
  •  

    「定期的に500ミリリットル(コップ2杯強)の水を飲むと血圧が上がる」そうなのでここがポイントですね。水分補給を忘れず行いましょう