初めての妊娠で高齢の方が、気をつけるべきコトとは?

初めての妊娠で高齢だと、特別気をつけた方が良いの?
どうしたら良いのか不安・・・そんなアナタのために!

view225

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • やっぱり大事な妊婦さんの心構え!

  • 1 塩分控えめ、高たんぱく低カロリーの食事を心がける。
    2 それまでしていたような無理な働き方や運動はしない。
    3 適度な運動を毎日続ける。特にストレッチは重要!
    4 何でも一人で抱え込まず、上手に人を頼る。
    5 リラックスする時間を豊かに。
    出典 :高齢出産を元気に迎えるために - gooベビー
     

    世間一般的に言われることと同じですね、
    そこから更に高齢な妊婦さん向けに絞っていきます。

  • 高齢な妊婦さんが気にすべきポイントは?

  • 一般的な流産率は13%程度とされていますが、35歳以上では20%以上にもなります。
    しかし、これはあくまで統計であって、高齢出産に挑む人すべてがそうであるとは限りません。
    出典 :【妊娠中の注意点は?】 - 35歳からの高齢出産
     

    年齢関係なく大事な赤ちゃんを守りたいですよね。

  • しかし、最近では、葉酸をしっかりと摂っておくことでそのリスクが低減されると言われるようになりましたし、妊婦の貧血や妊娠高血圧症の予防にもつながるとされています。
    出典 :葉酸サプリランキング@妊婦さんも授乳中のママさんも参考にしてね
     

    妊婦には葉酸!というイメージでしたが、本当に大事な栄養素だったんですね!

  • 知っておかなきゃ損!葉酸が沢山詰まった食べ物

  • 妊婦さんが一日に摂取すべき葉酸の量は400。
    しかし平均的な女性の食事では300程度・・・ということは、
    意識して葉酸が多い物を選んで食べなければ足りませんね。

    ということで葉酸を多く含む食べ物をご紹介いたします。

  • 【野菜編】(食材料100g中)

    1.なばな(菜の花) 340μg
    2.枝豆 320μg
    3.からしな 310μg
    4.バジル 290μg
    5.モロヘイヤ 250μg
    6.芽キャベツ/しいたけ(乾燥) 240μg
    出典 :葉酸の多い食品ランキングベスト10
     

    乾燥しいたけや芽キャベツは毎日でも食べれそうです。

    バジルを大量に食べるのは難しいですが、
    ドレッシングに混ぜてみたりしても良いかもしれませんね!

  • 【野菜以外編】(食材料100g中)

    1.焼き海苔 1900μg
    2.味付け海苔 1600μg
    3.岩海苔 1500μg
    4.鶏レバー(生)/煎茶 1300μg
    5.抹茶/干し海苔/かわ海苔 1200μg
    出典 :葉酸の多い食品ランキングベスト10
     

    やっぱり海苔やワカメは葉酸が多いですね。
    味付け海苔の食べ過ぎは塩分過多に注意!

    その他だと、マメ系統の大豆やそら豆が多く含んでいますよ。

  • 無理なく適度な運動って・・・何!?

  • 高齢になると産道の開きが悪くなるので、開きを良くするストレッチや運動がお勧めです。
    出典 :高齢妊娠・高齢出産-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    妊娠初期はまだまだ安静な時期なので、
    焦らずお医者さんと相談してから運動を
    始めてくださいね。

  • 1.仰向けに寝転がって、足を伸ばす

    2.片足の足の裏で床をこするようにゆっくりひざを曲げる

    3.次にその足をゆっくりのばす

    4.もう片足も同様に、足の裏をこするようにゆっくりひざを曲げる

    5.のばす


    これを20回ほど。
    簡単です。
    出典 :妊婦体操 その1:妊娠、そして高齢出産!
     

    これなら思い出したときに気軽に出来ますね!

  • 高齢妊娠にはいくつもの困難があり、またそれを乗り越えていかなければなりません。そのため普段は元気そうにしていても、やはり心の中は不安でいっぱい・・・という人も多いはず。
    出典 :【妊娠中の注意点は?】 - 35歳からの高齢出産
  • しかし、そんな不安はおなかの赤ちゃんにも伝わってしまいます。赤ちゃんが安心して出てこられるよう、明るい気持ちで妊娠期間を乗り越えてください。
    出典 :【妊娠中の注意点は?】 - 35歳からの高齢出産
     

    妊娠中は赤ちゃんのことが心配で、特に不安な気持ちになりやすいので
    思い詰めそうに鳴ったらお散歩に出かけて運動しつつ
    リフレッシュ♪しちゃいましょう!

  • 赤ちゃんを守れるのはお母さんだけ、やれることを
    努力して楽しいマタニティライフを送りましょう!