チャイルドシートの種類と選び方!

  • nelle 更新日:2014/07/03

view259

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんを連れてのドライブには必ず必要なチャイルドシート!
    本当にたくさん販売されているので、どれがいいのが迷ってしまいますね。
    そのチャイルドシートの種類と選び方のポイントをまとめました。

  • チャイルドシートって必要なの?

  •  
     

    チャイルドシート使用義務の対象は6歳未満の幼児です。新生児であっても、マイカー等自家用自動車を利用して病院から退院する場合にはチャイルドシートを使用しなければなりません。

  •  
  • チャイルドシートを着けていないと死亡率が4倍!

     
     

    チャイルドシートを着用せずに事故に遭うと、着用していた場合と比べて死亡率が約4倍にもなるそうです。

  • どんな種類があるの?

  •  
  •  
     

    上の画像もこのサイトに掲載されてます。
    大きくしてみたい方は是非!
    大きくわけるとこの3種類ですが、細かく分けると5種類程度あるそうです

  •  
     

    2012年施行の安全基準で定められる5段階のグループ分け

  • チャイルドシートの固定方法は2タイプ!

     
     

    ◆ ユニバーサル方式
    シートベルトで固定するタイプでこれが一般的。

    ◆ ISO-FIX方式(左図のもの)
    専用金具を使って固定するタイプ。

  •  
  • チャイルドシートの3つの種類!

  • 新生児・乳児用ベビーシート

     
     

    体重10kg未満
    新生児からおよそ生後9ヶ月頃まで

    体重13kg未満
    新生児からおよそ生後15ヶ月頃まで

  •  
  •  
  • 幼児用チャイルドシート

     
     

    体重9~18kg
    身長65~100cm以下
    1歳~4歳くらい

  •  
  • 学童用ジュニアシート

     
     

    体重15~36kg
    身長135cm以下
    4歳~10歳くらい

    背もたれ付きと、背もたれのない座面だけのタイプがあります。

  •  
  • 兼用タイプもあります!

  • 乳児・幼児兼用チャイルドシート

     
     

    18Kg以下 、新生児〜4才頃

    他に、幼児・学童兼用タイプや、
    乳幼児・学童兼用タイプもあります。

  • 選ぶときのポイント!

  • ① 安全基準に合格しているもの

  • チャイルドシート安全基準

     
     

    必ず安全性の認められた製品を選びましょう。
    国土交通省の型式認定に合格したチャイルドシートには、左の図のようなマークが付いています。
    このマークがあるかどうかを確認して選ぶことが必要です。

    2012年以降に販売されているチャイルドシートは、EC基準を満たした新しいマークが付けられています。

  •  
  • ② 子供の体格に合ったもの

  •  
  •  
  • ③ 車種に合ったもの

  •  
  •  
  • ④ あまり重くないもの

  •  
  •  
  • 先輩ママのチェックポイント!

  •  
  • 先輩ママの購入の決め手!

  •  
  • 専門家のおススメ!

  •  
  •  
  • レンタルやリサイクルという方法も!

  •