目頭の腫れの原因で最も多いのはものもらいです。

目頭の腫れの原因は何か?多くの場合は、ものもらいが原因になっています。
ものもらいは頻繁に起こることの多い目の病気ですので、症状を知っておくと病気を早期発見できるのではないでしょうか。
2種類のものもらいについてまとめました。

view131

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目頭の腫れの原因と言えばものもらい

  •  

    目頭の腫れの原因としてまず疑われるのがものもらいですよね。
    ものもらいは病名ではなく、地方によって様々な呼び名があるようです。
    北海道では「めっぱ」、関東地方や東北地方では「ものもらい」と呼ばれています。
    関西地方では「めばちこ」という呼び名が主流のようです。
    これら以外にも「おきゃくさん」「おともだち」「おひめさま」など変わった呼び名があるようですね。
    あなたの住んでいる地方では、どんな名前で呼んでいますか?

  • 〇麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
    まつ毛の根本あたりのまぶたの一部が赤く腫れかゆみを感じるのが特徴です
    出典 :まぶたの腫れ、痛い原因はコンタクト?化粧はどうしたらよいか? | 調べる納得解決サイト
     

    ものもらいと聞くと、腫れや赤みだけでなく痛みを伴う症状を想像することが多いのではないでしょうか。
    小さい頃にこのような症状を経験したことがある人もいるはずです。
    このようなものもらいは、麦粒腫というものです。
    まつ毛の際には、汗や涙が出る穴があります。
    この穴に黄色ブドウ球菌が侵入し感染することによって引き起こされます。
    そのため、目頭などまつ毛の際にできやすいのです。

  •  

    麦粒腫の場合、治療は内服薬と点眼薬で行います。
    症状が悪化しなければ、通常は一週間ほどで完治します。
    しかし、麦粒腫の治療中にメイクをしたりコンタクトレンズを付けたりすると、麦粒腫が悪化する可能性もあります。
    万が一麦粒腫が悪化してしまった場合、切開して中に溜まった膿を出す必要があります。
    このような治療後、約2週間程度で症状は回復します。

  • 〇霰粒腫(さんりゅうしゅ)
    まぶたの中にやや硬いできものができるのが霰粒腫です。
    出典 :まぶたの腫れ、痛い原因はコンタクト?化粧はどうしたらよいか? | 調べる納得解決サイト
     

    まつ毛の際にできやすい麦粒腫に対して、まぶたの中にできるものもらいが霰粒腫です。
    軽度であれば、痛みを感じることは無く異物感で病気に気付くことが多いようです。
    しかし、霰粒腫になると細菌に感染しやすくなってしまいます。
    万が一霰粒腫の状態で細菌に感染してしまうと、麦粒腫のように痛みを伴います。
    このような状態になると、麦粒腫と霰粒腫の見分けがつかないようです。

  •  

    麦粒腫と違って、霰粒腫は治るまで時間が掛かると言われています。
    その理由は、治療せずに放置されることが多いからです。
    麦粒腫の場合、痛みがあるため多くの人が眼科で治療を受けます。
    しかし、霰粒腫は痛みがないため眼科に行かずに自己流の治療を行ってしまう人が意外と多いのです。
    霰粒腫は、放置して治るケースもありますが、基本的には放置すると徐々に大きくなる傾向があるようです。
    放置し続けると、何年も霰粒腫が治らないこともあります。
    そのため、目の異物感に気付いたら早めに眼科の診察を受けることが望ましいでしょう。

  • ものもらいってうつるの?

  • ものもらいは麦粒腫、霰粒腫ともに人にはうつりません。
    出典 :ものもらいはうつる?
     

    目頭が腫れてしまうと、人にうつるのではないかと不安に思う人も多いかも知れません。
    しかし、ものもらいはうつることがないため安心して下さい。
    ものもらいは、細菌が原因で起こる目の炎症です。
    このように細菌が原因の場合には感染することはないようです。
    感染に注意したいのが、ウイルスが原因の目の炎症です。
    特に子供のころ集団感染するのが流行性角結膜炎です。
    同じ目の炎症でも、原因によって感染するものと感染しないものに分けられます。

  • ものもらいは人にうつることはありませんが、タオルは別にすることが大切です。
    これは、ものもらいの治りを早くするためです。
    ものもらいの治療をしている時は、目を常に清潔な状態にしておく必要があります。
    家族とタオルを共用してしまうと、それが原因で症状が悪化する可能性もあるのです。
    このようなことに気を付けて、早く症状を治したいですね。