暑い日は、ビールを一杯でも良いから飲みたい・・・妊娠中は、飲酒はやっぱりNG!?

妊娠中にアルコールを摂取するのは、良くないと聞きますが、ビール一杯でもダメなの!?
お酒好きな妊婦さんにとっては、禁酒は辛いですよね・・・。
真相に迫りました・・・!!

view52

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ▼やっぱり妊娠中のアルコール摂取は良くない!?

  • 暑い日は、特に飲みたくなるビール★

     

    でも胎児には、悪影響!?

  • 昔から妊娠中に大量のお酒を飲むと、生まれてくる赤ちゃんに未熟児が多いとか、流産しやすくなるなんてことは良く知られていましたが、少量の飲酒でも赤ちゃんに障害をおこしうることが分かってきました。
    出典 :妊娠中の飲酒注意、胎児性アルコール症候群 [飲酒・アルコール] All About
  • 胎児性アルコール症候群とは、妊娠中の飲酒によるアルコールの影響で、生まれてくる赤ちゃんに発達障害や行動障害、学習障害などが現れる障害のことです。特有の顔貌があったり、小奇形を伴うことでも知られています。いままでは、妊婦さんの大量飲酒でおこるといわれていましたが、最近、少量でも発生したとの報告もありました。
    出典 :妊娠中の飲酒注意、胎児性アルコール症候群 [飲酒・アルコール] All About
     

    少量の飲酒でも産まれてくる赤ちゃんに影響があるとは怖い・・・。

  • アルコール依存症のママから生まれた赤ちゃんは、発達障害や知的障害などを伴う胎児性アルコール症候群が心配されます。ほかにも妊娠中の飲酒は、早産や流産、分娩異常の原因になることもわかっています。
    出典 :妊娠中のタバコ&アルコールの害・アルコール編 - gooベビー
     

    妊娠中の飲酒は、こんなに怖かったのか・・・。

  • ▼妊娠中は、やはり禁酒が必要・・・。

  • 早期に禁酒した場合は、それなりの効果が期待できる。妊娠初期に大量飲酒したが、その後禁酒することにより中枢神経障害をおこさなかった例が報告されている。したがって、妊娠中に飲酒が判明した場合はすぐに禁酒を慣行させる。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
  • 妊娠と知らずにワインを少量飲んだ程度であれば実際には問題なく、不用意に妊婦を不安にさせる必要はないが、妊娠中の飲酒に関しては「安全量が確立されていない」すなわち「少ない量でも胎児に影響をおよぼす可能性がある」ので、厳しい態度で禁酒を勧めて頂きたい。
    出典 :飲酒、喫煙と先天異常
     

    きついけど、お腹の赤ちゃんのために禁酒を頑張りましょう★

  • お腹の赤ちゃんが酔ってしまう・・・。

     

    こんなにも影響があるとは・・・。

  • これくらいなら大丈夫、という安全量ははっきりとしていません。妊娠がわかったら、飲酒はやめるようにしましょう。
    出典 :お酒(アルコール)-妊娠用語辞典|【たまひよnet】
     

    妊娠が分かった時点で我慢しましょう★

  • ▼低アルコール飲料も危険!?

  • 「ノンアルコール」や「ビールテイスト」などと呼ばれる低アルコール飲料は、酒税法ではお酒として扱われていませんが、1%未満のアルコールが含まれていることが多いです。そのためお酒が弱い妊婦さんが飲むと酔います。また「ノンアルコールだから安心」と、妊娠中、毎日のように飲んだり、大量に飲むのは厳禁です。
    出典 :妊娠中のタバコ&アルコールの害・アルコール編 - gooベビー
     

    ノンアルコール飲料も注意が必要なんです!!

  • ▼出産直後の飲酒もNG!?

  • ママの血液と母乳のアルコール濃度はほとんど同じになるので、お酒を飲んだ後はアルコール入りの母乳になってしまいます。母乳育児中は飲酒はやめましょう。もし飲んでしまった場合は、時間を置いて体からアルコールが抜けた後に授乳するようにしましょう。
    出典 :妊娠中のアルコール-妊娠出産のお金大辞典-
     

    なんと母乳にまでアルコールの影響が・・・・。
    これは怖いですね・・・。

  • 可愛い赤ちゃんのために我慢も必要★

     

    妊娠中は、禁酒を心がけよう★