【普通の治療と違うの?】前歯の治療

あなたは『前歯の治療』がどのように行われるかご存知ですか?
何となく、虫歯の治療イメージといえば臼歯のような、立方体型の歯の形を想像しがちですが、勿論前歯が虫歯になることだってありますよね。今回は『前歯の虫歯治療』についてわかりやすくまとめてみました。

view552

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『前歯の虫歯』の難しさ

  • 『前歯の治療』は通常の虫歯治療とどういった点で異なるのでしょうか?その違いを見ていきましょう。

  • 気づきやすい反面、前歯の虫歯は治療が厄介です。何しろ目立つだけに、治療と同時に治療後の見栄えも重要になります。 軽い虫歯ならレジンで詰め物をするだけでそれほど気になりませんが、削る範囲が広くなってしまった場合、 あるいは症状が酷く神経を抜かなければならなくなった場合には厄介です。
    出典 :前歯の虫歯の治療 | 前歯 治療.com
     

    『前歯の虫歯』は口を開ければ必ず視線がいく分、比較的早く虫歯に気付きやすいですね。しかし、その分『治療の難しさ』もあります。折角治療するなら、やはり黒くぽっかり空いた穴等はなんとか無くしたいものですよね。

  • クラウンで被せる必要が出てきますが、 周りの天然の歯との違いが目立ってしまうことが多いのです。治療費の問題もあります。クラウンを被せる場合、保険が適用されるのはレジン前装クラウンのみ。 セラミックなど、より審美的に優れた素材を使用する場合は自費診療となります。 全額負担の高額な料金がかかってしまいます。
    出典 :前歯の虫歯の治療 | 前歯 治療.com
  • また、レジンを詰めただけの治療の場合、時間が経つと変色してしまうという問題もあります。このように、前歯の虫歯は非常に厄介です。虫歯の予防はもちろんですが、 早めに対処することが何よりも重要になってきます。軽い症状の段階で治療できればその分負担も、 治療後の不満も少なくなります。
    出典 :前歯の虫歯の治療 | 前歯 治療.com
     

    当まとめ後半でもでてきますが、『レジン』での治療は保険適用内での治療となりリーズナブルでとても良い治療法ではありますが、上記の通り『時間が経つと変色してしまう』というデメリットもあります。奥歯であれば余程のことがないかぎり人目に触れないので、気にもなりませんが、やはり前歯だと変色等は気になりますよね。

  • 【前歯の治療】どうやって治すの?

  • 前歯の治療には大きく分けて2種類あります。ひとつは、虫歯や打撲で歯が小さく欠けた時に、その部分を歯とよく似た色の材料(レジン)で詰める治療です。虫歯の部分を最小限に削り、欠けたところにレジンを詰めて固めます。近年、レジンの材質や歯との接着性が非常に良くなっており、色も豊富に揃うようになりました。
    出典 :白い歯を入れたい、前歯
  • では、実際に『前歯の虫歯』ができてしまった場合、歯医者さんはどのような方法で治療してくれるのでしょうか?治療方法について詳しく見ていきましょう。

  • 前歯の虫歯治療は神経が残せるかどうかで治療法が変わってきます。神経が残せる場合は虫歯の部分を削り被せ物で穴を詰めてしまえば済んでしまいます。
    出典 :前歯の虫歯、治療の注意点
  • 神経が残せないほど虫歯が進んでいる場合は神経を取る必要があります。神経を取る治療をしてから前歯の全面を被せるという方法を取ります。
    出典 :前歯の虫歯、治療の注意点
  • プラスチックでできているレジンという物を詰めるだけで治療が終わる場合がほとんどなので、虫歯が初期段階での治療ならば、回数も少なくて済みます。また前歯の虫歯の治療法についてセラミックやブリッジなどかぶせる治療法の技術も進歩していて仕上がりはとても綺麗です。
    出典 :前歯の虫歯、治療の注意点
  •  

    左図は『レジン』を使用した前歯の治療前後の写真です。非常に綺麗に治療されていますね!

  • もうひとつは、歯全体を一層削り、上から歯の形をしたかぶせ物(冠)をする治療です。 虫歯が大きかったり、歯の神経を取る治療をした後に行います。歯を削った後で型を取り、それをもとにした模型上で冠を作るので、最低でも2回の治療が必要です。
    出典 :白い歯を入れたい、前歯
     

    レジンでの治療が難しい場合は、このかぶせ物での治療となります。

  • この冠の材質には何種類かありますが、大きく分けると保険が利く材料と、保険が利かない材料を使ったものがあります。患者さんになって説明を受けても、一番迷うところです。
    出典 :白い歯を入れたい、前歯
  • 【前歯の治療】費用は?

  • 前歯に虫歯ができてしまった場合、治療にどの程度の費用がかかってしまうのでしょうか。費用は当然虫歯の程度によって異なってきます。 はじめて治療を受ける場合にはレントゲンを撮った上で症状を確認し治療を行うことになります。 このレントゲンの費用と初診料も費用に考える必要があります。
    出典 :前歯の治療と費用 | 前歯 治療.com
  • レジンで詰める程度の軽度の虫歯なら2000円程度で済みます。症状が酷く、神経を抜かなければならない場合はさらに費用がかさみます。 神経を抜き、根の治療を行うまでに7000~8000円程度かかるのが一般的。期間も数ヶ月は覚悟しなければなりません。
    出典 :前歯の治療と費用 | 前歯 治療.com
  • その上で被せ物をすることになるのですが、ここでの選択で費用が大きく分かれます。 レジンを使用した被せ物の場合は保険が適用されるので費用は安く済み、 全部で1万~1万5000円程度で済ませることができます。
    出典 :前歯の治療と費用 | 前歯 治療.com
     

    より見た目を重視し、『メタルボンド』『セラミック』を使用する場合は自費診療となるため、 一本数万円の費用がかかるそうです。保険診療の範囲内で治療を行うかどうかで、費用は大きく変わってくるのですね。

  • メタルボンド冠とは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。(陶材焼付鋳造冠とも呼ばれます)。見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。
    出典 :メタルボンド【歯科の被せ物、差し歯】
  •  

    左図の通り、メタルボンドとは内側にメタル(金属)をかぶせ、さらにその上にセラミックを焼き付けて見た目を自然な歯にみせる治療法です。

  • いかがでしたか?
    『前歯の治療』の場合、しっかりと虫歯を治すことは勿論、『見た目』も意識した治療が行われるのですね。ですが、虫歯の進行が激しい場合、治療もより困難になりますし、そのうえで審美性の高い治療を、と望む場合、やはり治療費ははねあがってきます。何においても『虫歯は早期発見・早期治療』が大切となります。こまめなオーラルケアを怠らず、気になる点があればすぐに歯科を受診するようにしましょう!