出産が始まらないなら誘発分娩☆

中々出産が始まらない人に向けて行われるのは
誘発分娩ですね!

view323

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 誘発分娩

  • 妊娠42週を経過して出産が始まらない場合(過期妊娠)や胎盤の機能低下が見られる場合などに、陣痛誘発剤などの薬剤や子宮口を開く器具を使用して分娩を誘発させること。
    出典 :誘発分娩 とは - コトバンク
     

    始まらない事もあるのですね

  • ご主人のお仕事の都合や、上の子の行事、お世話する方の都合などで、日時を設定してお産を計画することが多いですね。ただし、どんなに生みたいと思っていても、子宮口の状態によっては促進剤を使えない状況であれば、計画することが出来ません。ビショップスコア9点はほしいと思います。
    出典 :陣痛促進剤(計画分娩〜誘発分娩・促進分娩)について
  • メリット

  • ・分娩が短時間で済みます。 赤ちゃん、母体の負担が少なくなり、分娩時の出血も少なります。・自宅破水、突然陣発の心配がなくなります。・予定日超過による胎児胎盤機能不全や巨大児の可能性がなります。・微弱陣痛による遷延分娩の可能性が少なくなります。・緊急時の対応がしやすくなります
    出典 :誘発分娩
  • 計画出産での誘発分娩の場合は、自宅や思わぬ場所での破水、陣発の危険を回避することができるほか、上のお子さんの行事や旦那さんの仕事の都合などと出産予定日のスケジュール調整がしやすいというメリットがあるでしょう。
    出典 :誘発分娩による出産のメリットとデメリット -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • デメリットもある

  • 陣痛促進剤を使用した出産では、薬の使用後にいきなり強烈な陣痛がくることが多く、初産婦の場合は特に、産道などが開く準備ができていない場合もあり、お産は進まず痛みだけがとても激しいことがあるようです。また、陣痛促進剤に反応しなかった場合は、やむを得ず帝王切開になってしまうこともあります
    出典 :誘発分娩による出産のメリットとデメリット -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 気を付けなければいけないのは、陣痛促進剤の不適切な使用により、強すぎる陣痛、子宮破裂、胎児の脳に障害が残ってしまうなどの事故例も報告されていることです。薬の使用前には同意書へのサインが必要ですが、できれば出産前に一度、医師の薬の使用に対する考えを詳しく聞いておいた方が安心かもしれません。
    出典 :誘発分娩による出産のメリットとデメリット -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 条件

  • ・胎児が成熟していること。(37週以降)
    ・前置胎盤、児頭骨盤不適合、胎児胎盤機能不全ではないこと。
    ・胎児先進部下降かつ固定していること。
    ・子宮口開大また軟化していること。
    出典 :誘発分娩
  • どんなのがある?

  • 錠剤

    子宮口があまり開いていない人や初産婦さんによく使われます。また、ちょっとお手伝いすればすぐにお産になりそうな方(予定日を過ぎて子宮口がよく熟化している方・破水している場合など)に使われます。
    出典 :陣痛促進剤(計画分娩〜誘発分娩・促進分娩)について
  • http://mimirin.chu.jp/sokusinzai.html(一部引用)

     

    1時間おきに1錠づつ6回ぐらい内服します。効き目は1番マイルドで自然の陣痛のように徐々に痛みがついてきます。大体3~4錠ぐらい内服したところでおなかの張りや軽い生理痛様の痛みが来ることが多いように思えます。マイルドな分、その日に生まれないことも多いです。

  • 一般的に促進剤といわれると点滴が多いです。微弱陣痛のときに少し使う方もいます。 留置針という、プラスチックの長めの針をさし、最初は数滴ずつ(0.3ミリぐらい)その後は、赤ちゃんの心音や、陣痛をチェックしながら、20~30分毎に増量していきます。しっかり管理していれば過強陣痛などおこることはありません。 もちろん、有効的な陣痛になれば増量せず様子を見ます。
    出典 :陣痛促進剤(計画分娩〜誘発分娩・促進分娩)について
  • 人により様々

     

    点滴を開始して早い人では30分ぐらいから反応してくる方もいます。効き目はやはり時期・子宮口の熟化によって個人差があり1日点滴しても痛みがついてこない方もみえます。逆にほんの数摘で反応する方もみえます。