体を温めて病気を治せ!【温熱療法】

冷え改善だけじゃなく、ダイエット効果も期待できる!
そしてなにより、がんの治療にも使われている
温熱療法を知ろう

view240

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 温熱療法とは

  • 温熱療法とは、体を温めて病気を治す方法であり、ガン細胞が熱に弱いことからガン治療に多く取り入れられている。また、血液循環を促進できるため、ダイエットや疲労回復、むくみ解消、低体温・冷え性の改善などにも効果が期待できる。
    出典 :温熱療法 | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    効果はたっぷりですね

  • また、血液循環とともにリンパの流れも促進されると、体内に蓄積された毒素や老廃物が排出され、新陳代謝を高めることができ、むくみが改善でき、やせやすい体質を作ることができる。減量を目的とする温熱療法には、岩盤浴やゲルマニウム温浴、サウナ、半身浴などが含まれる。
    出典 :温熱療法 | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    サウナと言われればピンときますね

  • 定義と分類

  • 熱、電磁波、超音波等のエネルギーを生体に供給し、最終的に熱エネルギーが生体に加わることで、循環の改善や疼痛の軽減、リラクセーションなどの生理的反応を引き起こす治療法。
    出典 :温熱療法
     

    こちらが定義です

  • 乾熱式→赤外線治療器、光線治療、ホットパック、サウナ、湯たんぽ  湿熱式→温泉療法、ホットパック、蒸気浴、気泡浴、パラフィン浴  転換熱→極超短波治療器(マイクロ波治療器)、超音波治療器
    出典 :温熱療法
     

    こんな分類があるのですね

  • がん治療にも

  • 温熱療法は通常は単独で用いるのではなく、放射線や抗がん剤の効果を強めることを目的に、放射線や抗がん剤と併せて使います。最も研究が行われているのは局所温熱療法と放射線を併せて行う治療で、脳腫瘍、食道がん、乳がん、大腸がん、膀胱がん、軟部組織腫瘍等のがんで試みられています。
    出典 :温熱療法:[がん情報サービス]
  • 加温時間は長ければ長いほど効果が増しますが、一方、治療を受ける患者さんの負担が大きく、45~60分くらいが普通です。毎日治療をするとがん細胞が熱に強くなり、温熱療法の効果が下がりますので、3日くらいは間隔を空けて治療します。週に1~2回治療するのが一般的です。
    出典 :温熱療法:[がん情報サービス]
  • がん細胞は血流の不足

  • ■ がん細胞は血流不足

     

    がん細胞は一般的に血流不足、酸素不足のため代謝が変わり乳酸がたまって酸性に傾き、 そのため熱に弱くなります。がん細胞は相互に連絡が悪く、正常細胞のように高温に耐えられないので、死滅します 。

  • 現在のがん治療として健康保険で認められているものには、外科治療、化学治療、放射線治療、 そして最近開発された温熱療法(高周波ハイパーサーミア)があります。従来の療法との併用も行うことが可能です。このほか免疫治療も注目されています
    出典 :温熱療法とは|がん治療
  • がん治療のハイパーサーミアとは

  • ・温熱療法(高周波ハイパーサーミア)によって免疫が著明に活性します高周波を組織に加え、39℃~41℃になりますと免疫(NK細胞、インターフェロン-γ,マクロファージ等)が著明に活性化し、がん組織を死滅させることも期待されています。
    出典 :温熱療法とは|がん治療
  • QOL(生活の質)が高まります

     

    がん治療の多くは副作用が伴いますが、温熱療法(高周波ハイパーサーミア治療)は、そのような
    副作用がほとんどありません。治療を進めると疼痛の緩和、食欲増進、体力の回復、気分が良く
    なるなど、療養中の生活の質の向上も大きく得られます。