特定不妊治療って各地域での対応はどうなってるの?

特定不妊治療の概要とはどういったものなのでしょうか?地域ごとに対応が違うのでしょうか?不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要をまとめてみました。

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 都や県では、高額の治療費がかかる特定不妊治療について、経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されない治療費の一部を助成しています。特定不妊治療とは、不妊治療のうち、高度生殖医療である「体外受精」と「顕微授精」のことです。
    出典 :特定不妊治療費助成制度
     

    東京都・埼玉県・茨城県・神奈川県横須賀市・千葉市の内容です。

  • 全部確定申告して、医療費控除ができました。病院までかかる交通費も領収書さえあれば医療費控除の対象になる。とにかく、病院関係の領収書は大切に保存することが鉄則だと身にしみて痛感しております。
    出典 :不妊治療費と医療費控除について - 妊娠 - 教えて!goo
     

    交通費も領収書がもらえるものはとっておきましょう。

  • それぞれの地域ではどういった対応をしているの?

  • 平成26年4月1日より国の制度改正に合わせて、「特定不妊治療費助成」の対象範囲が変わります。今回の改正では、平成26年度以降、初めて助成制度を利用される人のうち、治療開始時の妻の年齢が40歳未満の人については、年間助成回数と通算助成期間の限度は廃止され、通算助成回数は6回までとなります。
    出典 :特定不妊治療費助成 | 相模原市
     

    神奈川県相模原市の内容です。

  • 秋田県潟上市特定不妊治療費助成事業

     

    これは、県で行っている「秋田県特定不妊治療費助成事業」の限度額を超えた自己負担分について全額助成を行うものです。

  • 平成25年4月1日から平成26年2月28日までに治療を終了した分は、平成26年3月31日が申請期限です。
    なお、平成26年3月1日から平成26年3月31日までに治療を終了した分は、4月30日が申請期限です。
    出典 :特定不妊治療費の助成 堺市
     

    大阪府堺市の対応です。

  • 三重県での対応です。

     

    不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精をいいます。
    ただし、採卵以前に治療を中止したものは助成の対象にはなりません。

  • 子どもが欲しいと望んでいるにもかかわらず、不妊に悩み、実際に治療を受けておられるご夫婦が増加しています。不妊治療は、身体的・精神的負担はもとより、経済的負担もとても大きいものです。
    出典 :岐阜県 : 岐阜県特定不妊治療費助成事業
     

    岐阜県での対応です。

  • 医療保険が適用されず、高額の医療費がかかる特定不妊治療に要する費用の一部を助成し、不妊治療にかかる経済的負担を軽減することです。
    出典 :静岡県/不妊治療費助成
     

    静岡県の対応です。

  • 不妊治療費助成金の申請窓口はお住まいの住所地を所管する健康福祉センター[保健所]となります。助成金の申請にあたりましては、以下の「千葉県特定不妊治療費助成事業の概要」及び「特定不妊治療費の助成申請をされる方へ」をご覧いただき、ご不明な点につきましては、健康福祉センター[保健所]へお問い合わせください。
    出典 :特定不妊治療費助成事業とは/千葉県
     

    千葉県の対応です。

  • 北海道の対応です。

     

    北海道では赤ちゃんが欲しいけれどもなかなか授からないご夫婦の方々に対し、治療費の助成を行ったり不妊症・不育症に関するご相談などをお受けしています。

  • 神戸市、姫路市、西宮市、尼崎市にお住まいの方へは、市が助成を実施していますので、各市にお問い合わせ下さい。
    出典 :兵庫県/兵庫県特定不妊治療費助成事業
     

    兵庫県の対応です。

  • 福島県では、不妊治療を行う夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療費の一部助成をしています。助成回数は年2回まで(初年度に限り年3回まで)、通算5年間で助成回数は10回が上限となっています。助成額は15万円を限度としますが、平成25年度からは一部治療において上限7万5千円に変更になります。
    出典 :特定不妊治療費助成事業のお知らせ
     

    福島県の対応です。

  • 特定不妊治療費助成事業、この事業は、医療保険が適用されず、高額の医療費がかかる特定不妊治療(体外受精か顕微授精)を受けられたご夫婦に助成金を支給する制度です。
    出典 :特定不妊治療の助成制度 | 愛知県
     

    愛知県での対応です。

  • 各地域によって提出物や期限が少しことなることがあるようですが、基本は厚生省のガイドに沿っていて違いはないようです。