何故できる?鼻の中にできものが出来る理由は?

皆さんは鼻の中にできものが出来た経験はありませんか?

鼻の表面にできものが出来ることというのはたまにあると思いますが、鼻の中というのはあまり聞かないし、痛いしで辛いですよね。

今回はそんな鼻の中にできものができる理由を紹介していきましょう。

view183

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 何故?鼻の中にできものが?

  •  

    できものって出来ると痛いですよね・・・

    ましてや鼻の中なんて違和感もあるし痛いしでとても大変です。

    何故鼻の中にできものが出来るのでしょうか?

  • 鼻の中にニキビのようなできものができてしまった場合、菌による感染で炎症を起こしてしまっていることが多いようです。
    出典 :鼻の中にできるニキビの原因と対策 | スキンケア大学
     

    ニキビの場合はこういった理由からです。

  • 毛包炎は、鼻毛を無理に抜いた時に起こります。鼻毛に限らず、すべての人体の毛
    には毛包というその根本を保護している組織があります。

    そこから無理に毛を抜くことで、毛包炎が起きるわけです。
    (つまり、鼻の中のできもの以外の場合も、
     毛を無理に抜いたら全身どこでも、毛包炎の原因になります)
    出典 :鼻の中できものー原因と症状
     

    こういった毛包炎によってもできものが出来る場合があります。

  •  

    そして最後に紹介するのがヘルペスです。

  • ヘルペスは粘膜を通じて、ウイルス菌が広域に広がる可能性があるので、早期の治療が重要なんですって。
    出典 :鼻・鼻の中【できもの-なび♪】
  • 単純ヘルペスウイルスは人に感染する力が強く、人と人との直接的な接触のほか、タオルなどを介して感染してしまうことがあります。皮膚に傷や湿疹ができて抵抗力が弱まっていると、ヘルペスウイルスが侵入しやすくなるので注意が必要です。
    出典 :再発を繰り返す単純ヘルペス
     

    1回治っても繰り返し再発するものなのでとても厄介です。

  •  

    ヘルペスに関しては、完治薬がないため、上手く付き合っていくことが重要です。

  •  

    ヘルペスはキスなどによっても感染しますし、タオルの教養や、コップ、グラス、食器などを共有するのも危険なほど感染力の高いウイルスなので注意が必要です。

  • 鼻の中のできものを防ぐためには?

  • この鼻の中のニキビやできもの、炎症を予防するためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。そのポイントは下記のとおりです。

    1.手指を清潔に保つ
    2.頻繁に鼻をほじったり、鼻毛を抜いたりしない
    3.鼻毛は抜かずに、清潔なはさみで切る。あまり深く切らないのがポイント
    4.鼻の中のできものに気付いたら、悪化する前に、早めに皮膚科や耳鼻科などを受診する
    出典 :鼻の中にできるニキビの原因と対策 | スキンケア大学
  • 鼻の中のニキビや毛包炎に関しては、清潔に保つこと、また鼻の中に刺激を与えすぎるようなことはしないようにしましょう。

  •  

    繰り返すいや~なヘルペス。
    その予防法についても紹介していきましょう。

  • リシン(リジン)という必須アミノ酸により再発リスクを抑える事は可能です。

    ヘルペスウイルスは、アルギニンというアミノ酸が材料として使われる事で増殖するので、これら二つのアミノ酸のバランスにより再発しやすくなるということがわかっています。

    リシンをアルギニンより多く体内に蓄えておくことで口唇ヘルペスの再発を予防できる可能性が高くなるということです。
    出典 :口唇ヘルペスの再発抑制に常備しておきたい薬
  • 十分な休息や睡眠をとらずに無理をしてしまうと、免疫システムを低下させます。
    そうなると、今まで潜伏していた単純ヘルペスウイルスが再発してしまう恐れがあります。
    睡眠時間を十分にとって、抵抗力のある丈夫な体をつくりましょう。
    出典 :口唇ヘルペス対策法|再発させないために|口唇ヘルペスの再発治療薬:アクチビア軟膏
     

    ヘルペスに負けない免疫力を保つ為にも健康を意識した生活が重要です。