基礎体温表と妊娠の関係

基礎体温表と妊娠の関係を徹底分析!妊娠時の基礎体温表にはどういった特徴が表れるのでしょうか?
また、基礎体温表から妊娠しやすい日を読み取る方法は?

  • yk01 更新日:2014/03/31

view317

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠するための、基礎体温表の使い方

  • 妊娠したいためには基礎体温が重要になってきます。
    基礎体温によっておおよその排卵日が予測できます。
    妊娠したい場合、基礎体温を測定することをおすすめします。
    出典 :妊娠したい人の基礎体温
     

    基礎体温からは、おおよその排卵日が予測できるため、妊娠に必要な知識が得られます。

  • 女性の体温は周期的に高温期と低温期を繰り返します。
    生理とともに低温期に入り、その後、排卵後に高温期になります。
    出典 :妊娠したい人の基礎体温
     

    基礎体温表のグラフを見るとわかりやすいですね。

  • 約14日目(個人差有)ぐらいにガクっと体温がさらに下がります。
    この時に排卵した(排卵日)と考えられます。
    排卵後の卵子の寿命は1日。精子の寿命は約3日と言われています。
    よって妊娠するには排卵日の3日ぐらい前から、翌日までの約5日間に
    性交しなければなりません。
    出典 :妊娠したい人の基礎体温
     

    体温がガクっと下がっている前後が、妊娠しやすい時期といえます。

  • 基礎体温表と妊娠の関係性

  • 1つ目は、今まで高温期で36.75℃を超えたことがなかったのに

    それが月経周期(約30日)の生理予定日になるにつれじわじわ上昇してきて

    なんと37℃近くにまで上がった日まであって、びっくり仰天して驚いたことです!!!
    出典 :節約主婦のビューティ Life♪
     

    明らかに体温が高くなっていることが基礎体温表からわかりますね!

  • 基礎体温は、排卵を挟んで高温期に入りますが、2週間を過ぎてもグラフの下降が見られず、反対に37℃前後まで体温が上がった状態が保たれます。
    妊娠すると、その状態を維持しようとしてプロゲステロンというホルモンが働くためです。
    出典 :基礎体温と妊娠・排卵日【なるほど!基礎体温】
     

    また、高温期がずっと続いていることも特徴として挙げられます。

  • 基礎体温表の特徴としては、高温期が続くというものですが、もう一つの特徴として、ガクンと下がるはずの排卵日がはっきりしないと言うことです。
    高温期が3週間以上続くようであれば、妊娠の可能性が高いということです。もしも妊娠しているかもしれないと思うのであれば、基礎体温表を持参して産科を受診してみましょう。
    出典 :基礎体温と妊娠・排卵日【なるほど!基礎体温】
  • 高温が続いて、だるい日々。♥akn♥

    この表を産婦人科で見せたら
    一発で『あ、妊娠してるね。』と。
    出典 :妊娠したときの基礎体温表。|*kasumi blog*
     

    こちらの方も、やはり高温期が長く続いています。

  • 特徴はあるけど、あくまで目安!

  • 基礎体温はあくまで目安なので、違和感を感じたら産婦人科の先生に相談してみましょう!