どうすれば止まる?酷い歯ぎしりの止め方

寝言と並んで、うるさいと言われてしまう歯ぎしり。体にも良くないので出来れば止めたいと悩んでいる方も少なくありません。しかし具体的にどう止めればよいか分からないもの。本まとめではそんな歯ぎしりの止め方をまとめます。

view410

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯ぎしりの原因はストレス

  • 一般的に言われている歯ぎしりの原因は、ストレスだとされます。「ストレス社会」といわれる昨今、本人の自覚がなくても、ストレスを感じている人は非常に多い。ある研究者の発表では実に約96%と、ほとんどの人が少なからず歯ぎしりをしているという結果も。稀にアルコールやタバコ、カフェインを摂ることで歯ぎしりが悪化することもあるそう。
    出典 :歯軋り(歯ぎしり):原因:歯ぎしりバスター【歯軋りの原因・治療・マウスピース等】
  • 歯ぎしりをどうやって止めれば良い?

  • 1:ストレスをためない

     

    歯ぎしりの根本的な原因は「ストレス」です。忙しい生活を送っているとどうしてもストレスを発散できずに溜め込んでしまう人が多いかもしれません。ストレスを上手に発散することで歯ぎしりを防止する手立てとなるかもしれません。

  • 2.寝る前に歯ぎしり対策を行なう

     

    歯ぎしりはリラックスできていないときに起きる症状です。特に夜寝る時にリラックスできていないと、歯ぎしりをするようになることでしょう。

  • 3.マウスピースを活用する

     

    歯ぎしりを防止するための方法として、マウスピースも効果的です。一番良いのは病院でマウスピースを作ってもらうことです。
    しかし、簡易的な治療なら、市販のマウスピースでも行なうことができます。市販のマウスピースは安いものから、高いものまで様々です

  • 4.寝る前に温かいタオルをかける

     

    温めたタオルを口や顎に当て、寝る前にリラックスすることによって、歯ぎしりを防止することができると言われています。

  • 5.ガムを噛むのをやめる

     

    ガムをよく噛む習慣がある人は、ガムを噛むのをやめてみましょう。ガムを噛まないでいることだけが、歯ぎしり防止につながるわけではないかもしれませんが、歯ぎしりの原因になっていることは考えられます。ガムを噛むのをやめることによって歯ぎしりを防止してみましょう。

  • 歯ぎしり防止用マウスピースの料金と効果

  • 歯ぎしりを予防できるマウスピースは健康保険が適用されるので、歯科医院で購入すると5,000円程度で済みます。歯型をとり、2回ほど通院することでマウスピースは出来上がるでしょう。
    出典 :歯ぎしりとマウスピース
     

    意外と安い価格で作ることができるんですね!

  • ただマウスピースを使ったからと言って安心してはいけない。

  • マウスピースを使用することでの一番の効果は、歯や顎へのダメージを軽減できることです。 また、一緒に寝ている家族などに迷惑をかけずに済みます。一緒に寝ている人の睡眠を阻害しないためにも、マウスピースの着用は必要不可欠であると言えます。
    出典 :歯ぎしりとマウスピース
  • まとめ

  • 歯ぎしりを防止するためには、毎日の生活の中で意識することが大切です。この記事では、生活の中で行なえる歯ぎしり防止の方法をご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?ストレスをためないこと、心と体をリラックスさせること、普段おこなっている習慣をやめることなどによって、歯ぎしりを防止することができるでしょう。
    出典 :歯ぎしりによる歯の病気の原因と防止方法 | iGotit