爪の異常ででこぼこになる!考えられる爪の病気まとめ

爪の異常ででこぼこになった場合、何らかの爪の病気が考えられます。
それぞれの病気は、どんな症状が表れるのでしょうか?

view60

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 爪のでこぼこは爪の異常のサイン

  • 爪はケラチンというたんぱく質でできており、成人で1日約0.1mm伸びます。健康な爪は半透明な薄いピンク色で艶があります。
    出典 :爪がでこぼこ波打つ理由と原因
  • 爪の色や形がおかしかったり、爪の状態が悪かったりする場合は、なんらかの病気の可能性があります。
    出典 :爪がでこぼこ波打つ理由と原因
     

    爪の異常ででこぼこなのは、病気が関係している可能性があります。

  •  

    自分の爪がでこぼこしていないか、チェックしてみましょう。

  • 病気以外で爪がでこぼこになる原因

  • ・最も多いのは高熱で発病して、1~2週間で治るチフス、猩紅(しょうこう)熱などの感染症や、中毒の場合です。
    出典 :爪がでこぼこ波打つ理由と原因
     

    過去の高熱が爪に表れることは珍しくありません。
    このような場合は、爪の病気を心配する必要はありません。

  • ・強い衝撃が爪に加わった
    ・精神的ストレス
    ・甘皮の傷が原因になることも
    出典 :爪がでこぼこ波打つ理由と原因
     

    爪は、ストレスの影響も受けやすいのです。
    改善するためにはストレスを溜めないことが重要ですね。

  • ・洗剤などによる刺激でも起こりうる症状で、手の湿疹や炎症も原因となります。
    出典 :爪がでこぼこ波打つ理由と原因
     

    爪の異常ででこぼこしているのは、刺激による手荒れのサインかも知れません。

  • 指先、手先をいつも清潔に保ち、ハンドケアマッサージなどを行い、ハンドクリームをつけるときには、爪と皮膚の間、そして爪にも塗り、夜寝る時には、保湿用の手袋でしっかり保湿して爪の健康も保つ事ができる様にするとよいですね。
    出典 :爪がでこぼこになったら?
     

    このような原因で爪がでこぼこしている場合は、爪のケアをすることで自然と治ります。

  • 病気による爪のでこぼこ

  •  

    しかし、爪の異常によるでこぼこは、いくら爪のケアをしても良くなりません。
    この場合は、どのような病気が考えられるのでしょうか?

  • 爪白癬(つめはくせん)
    通常は足白癬(いわゆる水虫)に合併して発生。
    爪の先端部分に縦方向の線が見られ、進行すると爪の厚さが増し、もろくなり、先端から爪が崩れていきます。
    出典 :爪が教えてくれる病気のサイン: 爪の薄さが気になる方に栄養サプリメント
     

    爪の異常ででこぼこになる場合、そのほとんどが爪白癬と言われています。

  • 万が一水虫ですと、他の指や爪にうつるかもしれませんし、治療には時間がかかります。
    出典 :爪がでこぼこになったら?
     

    爪白癬の場合は、しっかりと完治させる必要があります。

  • 爪周囲炎
    爪のまわり全体に炎症がみられ、細菌性のものとカンジダ性のものがあります。
    症状は爪周囲の発赤、疼痛といった炎症症状。
    出典 :爪が教えてくれる病気のサイン: 爪の薄さが気になる方に栄養サプリメント
  • 爪甲剥離症
    爪が爪床から離れてしまうもので、剥離した部分は黄色や白色に変化します。楽器の演奏などで指先を激しく使ったり、水仕事をしすぎたりというのが原因です。
    出典 :爪で見るあなたの健康
  • このように、いくつかの病気が考えられます。
    爪の異常に気付いたら、まずは皮膚科を受診してみましょう。