やってみる?「目の周りの色素沈着の治療」すすめ

目の周りの色素沈着の治療をしてみませんか?何も全て自分でする必要はないのです。

view215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 種類として

  • 茶クマ:色素沈着
    色素沈着とは、表皮のメラニン量が増加してしまっている状態をいいます。通常ならいずれ剥がれ落ちるメラニンも新陳代謝が乱れると残って、色素沈着になってしまいます。
    出典 :クマ治療|レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック
  • 青クマ:血行不良(うっ血) 目の下の皮膚は、顔の他の箇所に比べて1/3程度しかなく、とても薄い(厚さ約0.6ミリ)のが特徴です。また、目の周りには多くの毛細血管が存在し、何らかの理由によって目の周りの血行不良が生じると、黒ずんだ血液(酸素を運んだ後の還元ヘモグロビン)が透けて、青黒く見えてしまいます。
    出典 :クマ治療|レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック
  • 影クマ:たるみ・凹みによる影
    目の下に凹みやたるみがあるために、そこにできた影によるクマのことをいいます。遺伝による生まれつきのものと、加齢によるものとがあります。
    出典 :クマ治療|レーザー治療専門の美容皮膚科シロノクリニック
     

    このようなものの治療がすすめられています。

  • 色素沈着の

     

    主な原因となっているのが茶クマです。これは刺激によるものが多いといわれていますが、要因のひとつには加齢も含まれています。生まれつき目の下の脂肪が少ない場合は要注意ですね。

  • 医学的には

  • 。(1)表皮の色素沈着(炎症後の色素沈着)、(2)真皮の色素沈着(遅発性太田母斑様色素斑)、(3)目の周りの筋肉(眼輪筋)が透けて見え、さらにうっ血で悪化したもの、(4)静脈の怒張、(5)脂肪が突出して影となったもの、(6)肌理の乱れや小ジワによるもの。
    出典 :医師のアンチエイジングアドバイス バックナンバー - アンチエイジング医療 - 徳洲会グループ
     

    このような分類を受けることになります。

  • 特に(2)は、シミ取り治療に大きな効果のある「Qスイッチルビーレーザー」で確実に解消できます。(1)は、ビタミンCやコウジ酸、ハイドロキノンなどが配合された外用剤や、「Qスイッチヤグレーザー」による治療が効果的です。
    出典 :医師のアンチエイジングアドバイス バックナンバー - アンチエイジング医療 - 徳洲会グループ
  • 緑内障治療に用いる点眼薬には、皮膚が黒ずむ副作用をもつものもあるのです。 (4)は、「ロングパルスヤグレーザー」で治療可能。(5)は、老化によって生じた余分な脂肪を切除するか、ヒアルロン酸などを注入して皮膚の凹凸を和らげる方法があります。
    出典 :医師のアンチエイジングアドバイス バックナンバー - アンチエイジング医療 - 徳洲会グループ
  • 難しいのは(3)と(6)。(3)は時間とともに症状が変化します。私も寝不足になると必ずクマができる体質です。これは眼輪筋や脂肪組織の静脈うっ血が原因で、足の静脈瘤と同じようなことが目の周りに起きているといえます。
    出典 :医師のアンチエイジングアドバイス バックナンバー - アンチエイジング医療 - 徳洲会グループ
     

    クマは診断によって治療法が変わってくるものなのです。

  • 目の周りの色素沈着の治療は

  • まずは皮膚を擦らないようにご指導させていただきます。その上で、トラネキサム酸の内服を行います。。ハイドロキノンクリーム、ルミキシルクリームを外用することで効果が高まります。
    出典 :クマの治療
  • 目の下のクマにヒアルロン酸の注入を行います。これまでは、目の周りのヒアルロン酸注入はかなり高度な技術が要求され、わずかでも注入部位や量が狂うと凸凹に なってしまうため、慎重に、少しずつヒアルロン酸を注入しなければなりませんでした。
    出典 :クマの治療
  • 原因によって少し異なります。以下に治療期間の目安を書かせていただきます。色素沈着に伴うクマの場合は3〜6ヶ月程度です。影によるクマ場合は、ヒアルロン酸注入により、その日に治療は終了します。うっ血によるクマの場合は6ヶ月〜12ヶ月程度です。
    出典 :クマの治療
  • 色素沈着によるクマの場合:トラネキサム酸内服を行った場合は保険適応です。ハイドロキノンクリームは2000円程度、ルミキシルクリームは14000円となります。影によるクマの場合:ヒアルロン酸注入:50000円となります。うっ血よるクマの場合:保険適応となります。
    出典 :クマの治療
     

    このような事になっているみたいですね。

  • •たくさん寝ても、目の下のくまが消えない•体調が悪そうに見られる•実際の年齢よりも老けてみられる•まわりから暗い、陰気そうと言われる•疲れていなくても、「疲れてるね」と言われる•不健康そうに見られる•覇気がないように見られてしまう•切ったりする外科的な治療には抵抗がある
    出典 :目の下のくま・たるみ|美容皮膚科を東京でお探しならメディアージュクリニックへ
     

    このようなひとは是非治療をかんがえてみて

  • 目の周りの

     

    色素沈着がきになったら、まずはクマを疑ってみましょう。実際クマが原因になっている事がほとんどと言われています。治療を考えるならそこから疑ってみて!