何をつかおう!「高尿酸血症の薬」とは!?尿酸降下薬を知っている?

高尿酸血症の薬はどのようなものなのでしょうか?通風にも効くのかが気になりますよね。

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 尿酸値は薬でコントロールできるそうなのです

  • 生活習慣を見直しても尿酸値が下がらない場合や、既に痛風発作を起こしたことがある場合などは、「尿酸降下薬」という薬によって尿酸値を下げる治療が行われます。 「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版」では、以下に該当する場合は薬による治療が望ましいとしています。
    出典 :高尿酸血症の治療薬|薬による治療|高尿酸血症を治療するには|尿酸下げよう.com
     

    治療のガイドラインがあるそうなのです!

  • 痛風発作を起こしたことがある、または痛風結節のある方
    尿酸値が8.0mg/dL以上で合併症*のある方
    尿酸値が9.0mg/dL以上の方
    出典 :高尿酸血症の治療薬|薬による治療|高尿酸血症を治療するには|尿酸下げよう.com
     

    このような人に使われるのです。

  • 薬物療法として・・・

  • 食事療法や運動療法で改善しない場合は、薬物療法を行います。 薬物には、尿酸の産生を抑える薬、排泄を促進する薬、痛風の発作を改善する薬があります。
    出典 :高尿酸血症とは
     

    薬を使う時はこのような場合なのです!

  • 薬の種類は

  • 尿酸降下薬には、尿酸の生成を抑える「尿酸生成抑制薬」と尿酸の排泄を促す「尿酸排泄促進薬」があり、医師の判断により薬が選ばれます。
    出典 :高尿酸血症の治療薬|薬による治療|高尿酸血症を治療するには|尿酸下げよう.com
  • 画像は参考です

     

    このように薬にも色々種類があるのです。どのようなものなのかわかりやすい画像があったのでおいておきます!クリックすると拡大するので使ってみてくださいね!

  • 尿酸排泄促進薬

  • 尿酸の大部分は尿中に排泄される。しかし、一部は尿細管から再吸収される。そのため、尿細管からの再吸収を阻害すれば、尿酸排泄量を増加させることができるはずである。この作用を利用した薬にプロベネシド(商品名:ベネシッド)、ベンズブロマロン(商品名:ユリノーム)がある。これらの薬は尿酸の再吸収を阻害する働きをする。
    出典 :痛風・高尿酸血症と治療薬
  • ここで重要なのは「プロベネシドは尿細管排泄を抑制し、ベンズブロマロンは尿細管排泄を抑制しない」という点である。もともとプロベネシドはペニシリンの作用増強を目的として、「ペニシリン排泄抑制薬」として開発されたものである。
    出典 :痛風・高尿酸血症と治療薬
  • 少し難しいですが

     

    このような、働きによって薬が働くのです。専門的な言葉ばかりなので分かり難いですが、しっかりと排泄出来るようにする薬と覚えると良いかもしれませんね。

  • 基本はゆっくり、しっかり

  • それまで関節に蓄積されてきた尿酸の結晶が一気に溶けだし、痛風発作が起こることがあります。高尿酸血症の治療は、「ゆっくり、しっかり下げる」がキーワードです。医師の指示に従って、徐々に下げていくことが大切です。一般的に、尿酸降下薬は少量から飲み始めて、3~6ヵ月かけて徐々に尿酸値を下げて薬の量を決めていきます。
    出典 :高尿酸血症の治療薬|薬による治療|高尿酸血症を治療するには|尿酸下げよう.com
  • また、尿酸値が下がったからといって、すぐに薬をやめてしまってはいけません。薬を飲み続けてそのまま尿酸値が低い状態を維持することが大切です。尿酸値が下がれば、関節などに沈着している尿酸の結晶が少しずつ溶けだすため、痛風発作の再発を防ぐことができます。
    出典 :高尿酸血症の治療薬|薬による治療|高尿酸血症を治療するには|尿酸下げよう.com