小倉優子も実践している【妊娠線】対策まとめてみた!

妊娠してしばらくするとお腹がかなり大きくなってきますよね。その時に要注意なのが一度出来ると消えない妊娠線です。小倉優子さんも実践した妊娠線予防についてまとめてみました。

  • MUMMY 更新日:2014/04/08

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線とは?

  • 妊娠線(にんしんせん)は、腹部や太ももなどに縦に何本もできる細い線です。妊娠線と言っても、妊娠中だからそう呼ぶだけで、いわゆる肉割れの状態です。別名「ストレッチマーク」とも呼ばれています。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  •  

    ひび割れが出来てしまう!

  • 妊娠線はなぜできる?

  • 妊娠線ができる理由は、急激に皮膚が引っ張られることに原因があります。皮膚は、目に見えている1番表面の表皮、その下には真皮と皮下組織からなりたっています。

    体重増加や妊娠によってお腹が大きくなる時、一緒に皮膚も伸びます。表面の表皮は伸びることができます。しかし真皮と皮下組織は伸びにくい性質です。

    表皮が伸びても、真皮と皮下組織が対応できずに皮膚に亀裂が入ってしまうのです。この亀裂が妊娠線となるのです。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
     

    表皮は伸びても・・・

  • 妊娠線はどこにできる?

  • 妊娠線のできやすいところは、お腹周り、おしり、胸が多く見られますが、妊娠中の急激な体重増加によって太ももに妊娠線ができることもあります。もしも、妊娠中に急に肉付きのよくなった部分があれば、そこは妊娠線のできやすい場所だと思ってください。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
     

    妊娠中は体重コントロールも一つの課題ですが、急激な体重増加は妊娠線にも影響が出るんですね!
    気を付けなくては。

  • でき方は人それぞれで、2~3本だけですむ人もいれば、お腹や胸全体にできてしまう人もいます。
    出典 :妊娠線ってなぁに?|妊娠線予防の仕組みと豊富なケアアドバイス イーベビー株式会社 妊娠線予防
     

    全体に出来る!?なんとか防止しなければ!!

  • 妊娠線が出やすい人は?

  • どういう人が出やすいかというと、乾燥肌の人や双子を妊娠している方や低年齢の時から太り気味の方もできやすいです!なぜかというと、低年齢の時から太り気味の方の多くは、皮下脂肪が厚い人が多いからです。皮下脂肪は弾力性がないので、妊娠によって皮膚が引っ張られてもなかなか伸びることができず、皮膚に亀裂が生じてしまうことが多く、妊娠線ができてしまいがちです。皮下脂肪の厚い人」や「小柄でおなかが前に出やすい人」などがあげられます。
    出典 :妊娠線の予防方法を画像で詳しく解説!-赤ちゃんの部屋
     

    元々肥満気味の人は体重コントロールと共に妊娠線の予防もしっかり考えないと。

  • 予防の仕方は?

  • 妊娠線の予防で一番手軽に出来て効果的なのは、保湿力の高いクリームでマッサージをすることです!
    出典 :妊娠線の予防方法を画像で詳しく解説!-赤ちゃんの部屋
     

    クリームでマッサージすると予防ができる!?

  • 小倉優子さん使用オイル

  • 小倉優子さんはマッサージで妊娠線を予防したそうです。

  • 妊娠線予防用のオイルは、ストレッチマークのオイルを使っています

    お腹、背中、お尻に塗っています
    出典 :☆ボディーオイル☆|小倉優子オフィシャルブログ「Yuko's Happy Life」(プラチナムプロダクション)Powered by Ameba
  • エルバビーバのオイルでマッサージ♡
    妊娠4か月目から、毎日、お腹とお尻にエルバビーバのオイルを塗布。オーガニックで安心だし、おかげで妊娠線もまったくできなかったですよ。
    出典 :ラブリーなママ 小倉優子さんに100の質問 | saita.net
  • 妊娠線予防をしても出来る人はいるようですが、出来る限りのケアをしたいものですね。