失明も!目の内部の病気「ぶどう膜炎」とは

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今増えている目の病気「ぶどう膜炎」。かすむ、まぶしく感じることが多い、眼が赤くなる、目が痛い、ものがゆがんで見える、虫が飛んでいるように見える、このような症状は当てはまりませんか?もしかしたらそれはぶどう膜炎かもしれません。ぶどう膜炎とはなんなのか?まとめました。

  • ぶどう膜とは

  •  
  •  
  •  
  • 眼球全体を膜のように包み込んでいて、血管が非常に多いことからぶどうのような色をしているのが名前の由来のようです。

  •  
     

    眼球のどの部分よりも血管が多いので、炎症が起きやすいといわれています。

  • ぶどう膜炎の炎症の原因

  •  
  •  
  •  
  • ぶどう膜炎の怖いところは、はっきりとした原因がわからないことが多いということ。原因が直接「目」にはない場合もあるので注意が必要です。

  • 3大ぶどう膜炎

  • ベーチェット病

     
  •  
  •  
  •  
  • サルコイドーシス

     
  •  
  •  
  •  
  • 原田病(Vogt〈フォークト〉-小柳-原田病)

     
  •  
  •  
  • その他のぶどう膜炎

  •  
  •  
  • とにかく原因が多岐にわたるので、診察の際は少しでも違和感がある身体の異常は全て医師に伝えるようにしましょう。

  • 合併症が起こる頻度が高い

  •  
  •  
  • ぶどう膜炎 長い治療期間が必要

  •  
  •  
  • 完治するまでしっかり通院しましょう

     
  •