妊娠線に尿漏れ・・・恥ずかしくて聞けない妊娠中のケアのこと

妊娠して週数が進むと、何かと身体に変化が起きます。お腹に妊娠線が出来てしまったり尿漏れする人もいます。妊娠中には、女性としてちょっと恥ずかしい悩みも出てくることがありますので、そんな時のケアの仕方をご紹介ます。

view435

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線が出来ないか不安・・・

  • 妊娠線ができたらどうしようと悩む妊婦さんは多いです。そもそも、妊娠線とはなぜできるのでしょうか?

  • 赤ちゃんが大きくなるともちろんママのお腹も段々大きくなっていきます。お腹が大きくなり皮膚が急激に伸びることで、表皮は伸びるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくく、腹の大きさについていけず、亀裂が生じ赤紫色の線状斑が現れます。これが妊娠線です。
    出典 :妊娠線の予防方法を画像で詳しく解説!-赤ちゃんの部屋
     

    お腹に亀裂のような線が出来るのが妊娠線です。妊娠線が出来ると、お腹に赤っぽい亀裂が入り、見た目にあまり良いものではありません。妊娠した女性の多くが、この妊娠線のことで不安になったり悩んだりしています。

  • 妊娠線です。

     

    血管のようにも見えますが、これが妊娠線です。

  • 妊娠線はできてしまったら治らないの?

  • 残念ながら一度出来てしまった妊娠線は完全に消えることはありません。
    ですが、お手入れをすることにより"消えた"といってもいいくらい綺麗にすることは可能です。
    出典 :妊娠線は産後からでも予防できるの?
     

    妊娠線に効く専用のクリームが販売されています。国産のものだけでなく、世界中で使われているような外国ブランドのクリームもありますので、自分に合いそうなものを探すと良いでしょう。

  • 妊娠線が出来ないようにするためにはどうしたらいいの?

  • 妊娠線を予防するためには、体重をコントロールして急激なサイズアップを防ぐこと。そして、肌にはうるおいを与え、ハリのある柔らかい状態にしておくことが大切です。妊娠線専用のケアクリームやオイル、お気に入りのボディクリームなどで保湿しながら妊娠線のでやすいお腹、バスト、太もも、ヒップ、二の腕などをケアしましょう。
    出典 :実は知らないことばかり!? 妊娠線の原因と予防法 [チビタス特集] All About
     

    安定期に入るころからお腹が目立ち始めますので、5か月目くらいを目安に妊娠線予防を始めると良いでしょう。

  • 妊娠線についてのお悩みは解決しましたでしょうか?続いては、妊娠中の尿漏れと便秘について取り上げていきます。

  • 妊娠中に尿漏れ?まさか私が・・・

  • 妊娠中の尿もれの原因は、妊娠そのものにあるので、お産が済めば出産後に治るのがほとんどです。
    出典 :妊婦の尿もれ-妊娠出産のお金大辞典-
     

    妊婦さんの半数以上が尿漏れを経験しています。決して珍しい事ではありませんし、出産すれば治ったという方がほとんどですので、安心してください。

  • 妊娠中に尿漏れを経験した人

     

    多くの妊婦さんが尿漏れを経験しています。

  • 尿漏れしてしまったらどうすればいいの?

  • 尿もれが起こったら、尿もれパッドをあてて対処をするのがいちばん現実的でしょう。
    出典 :妊婦の尿もれ-妊娠出産のお金大辞典-
     

    尿漏れパッドは、マタニティ用品コーナーやドラッグストアで売っていますので、用意しておくと良いでしょう。

  • 妊娠中は膀胱の収縮力が落ちてしまうため、無意識のうちにおなかに力を入れて「いきむおしっこ」をしがちになります。このクセがついてしまうと、出産後に尿もれをおこしやすくなる原因になりますから、妊娠中もなるべく力を入れずに自然に排尿できる習慣をつけておきましょう。
    出典 :プレママの尿もれ対策|プレママタウン
     

    ケアの一つとして、おしっこをする時、力を入れずリラックスすると良いようです。

  • 妊娠後に尿もれになるかは、ママのもともとの骨盤底の筋肉の状態にも大きく左右されます。骨盤底が弱いと尿もれだけではなく早産の原因にもなるので、妊娠前からよく歩いたり、カルシウムやタンパク質をしっかりととり、丈夫な体を作ることが理想です。
    出典 :妊婦の尿もれ-妊娠出産のお金大辞典-
     

    尿漏れするかしないかは、体型や体質に因ることもありますので、健康的な身体づくりを意識することもケアにつながるでしょう。

  • 妊娠中便秘気味・・・どうしたらいい?

  • 妊娠中は女性ホルモンの一つである「黄体ホルモン」の分泌が多くなります。その影響で腸の運動機能が低下してしまい、便秘になりやすくなります。
    出典 :妊娠中の便秘について-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠中の便秘は、黄体ホルモンが原因なのですね。

  • 妊娠中の便秘を腸内環境を整えることでやさしく改善してくれるのがオリゴ糖習慣です。オリゴ糖は胃や小腸で消化吸収されることなく、大腸に棲むビフィスズ菌などのエサとなる特徴があります。オリゴ糖をたくさん取り込んだビフィスズ菌などの善玉菌は、活発化して増殖するとともに、乳酸や酢酸などを産生して腸の中をキレイにし、
    出典 :妊娠の便秘|おなかの赤ちゃんへの影響を考える
     

    普段オリゴ糖を摂らない人も、妊娠中は、オリゴ糖に変えてみてください。

  • 便秘には生活習慣の改善も必要です。妊娠中はホルモンバランスの変化により、自律神経が影響を受けやすくなります。上でも少しお話しましたが、副交感神経が優位になった時に腸の動きが活発になります。朝は活動的に動き交感神経を働かせ、夜はリラックスして副交感神経へとスイッチを入れ替え、メリハリのある生活を心がける
    出典 :妊娠中の便秘について-赤ちゃんの部屋
     

    早寝早起きして、昼は適度に運動し、夜は落ち着いて過ごす・・・こんな当たり前のことが便秘改善につながるとは、驚きですね。