【皮膚の一部がカサカサ】これって!?原因と対策まとめ

よく、【皮膚の一部がカサカサ】しますよね。アレって地味に困ります!
その原因って何?どうしたら防げるの?

view18039

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 皮膚の一部がカサカサする原因

  • 顔の一部分だけが、カサカサになりやすい。他の部分は何ともないのに、どうして?

     

    顔全体がカサカサになるよりはマシかもしれませんが、
    決まって同じ場所が乾燥するのは嫌なもの。
    スキンケアは均一に使っているのにも関わらず、です。

  • 部分乾燥を訴える人の多くは、
    「目元の目尻あたり」や「口元の口角周辺」あたり。
    この辺は皮膚が薄いのと、化粧水も付けるのが難しいのが主な理由。
    出典 :顔の一部が乾燥して困る方へ | 肌の部分乾燥ケア方法はコレがオススメ
  • 部分乾燥

     

    あとは、頬だけとかアゴだけというケースもありますが。
    いずれにせよ、決まった場所に起こってきます。

  • ケアの方法としては

  • 「特別扱いをしない」

     

    今まで通り化粧水や美容液の保湿ケアを「顔全体」にすることが大事。

  • 理由は、特定の部分だけ水分や油分を過剰に与えると「混合肌」にもなりかねません。
    混合肌とは、Tゾーンだけテカっていて、頬やアゴなどはカサカサになること。


    保湿効果のある化粧水や美容液を使って、顔全体にまんべんなく塗る。
    最後の仕上げに、コットンなどを使って細かい目元口元をケアしてあげればOK。
    お肌の水分が蒸発しないように、クリームなどの油分で「フタ」を忘れずに。


    お肌の水分と油分のバランスが崩れないように、出来る限り均一のケアを。
    出典 :顔の一部が乾燥して困る方へ | 肌の部分乾燥ケア方法はコレがオススメ
  • 乾燥肌の原因

  • 【1】湿度の低下

    乾燥肌タイプの方は10月ごろから肌の乾燥が気になるようになります。
    それは、「乾燥肌注意報」について書いたように、10月ごろから肌にとってよくない湿度60%を切る日がでてくるからです。
    出典 :意外と知らない、肌がカサカサになる原因 - 美肌総合研究所
  • 【2】気温の低下

    気温のが低くなると、代謝が低下し、血行も悪くなり、皮脂の量が減ってしまうのです。
    秋から冬にかけて乾燥肌が悪化するのは、湿度だけではなく、気温による体質の変化も関係あるのですね。
    出典 :意外と知らない、肌がカサカサになる原因 - 美肌総合研究所
  • 【3】紫外線や加齢による保湿力の低下

    紫外線をたくさん浴びた後、カサカサになった経験はありませんか?
    紫外線による肌荒れによってバリア機能が低下し、乾燥肌になってしいます。
    また加齢によって、肌そのものの力が弱まり、肌の内部の保湿力も低下してしまうのです。
    出典 :意外と知らない、肌がカサカサになる原因 - 美肌総合研究所
  • 【4】日常のストレスや生活習慣

    周りの人をよく観察してみてください。肌がカサカサしている人は、寝不足だったりストレスが溜まる生活をしていたり、食生活が偏ったりしていませんか?
    不健康な生活は、肌のバリア機能を低下させてしまいます。
    出典 :意外と知らない、肌がカサカサになる原因 - 美肌総合研究所
  • 【5】アルコールの多い化粧品を使ってしまっている

    スーっとする気持ちいい化粧水などは、アルコールが入っていものがあります。スーッとするのは揮発性のあるアルコールを使っていて、こちらは肌の水分を奪うことも。
    乾燥肌の方は、早めに夏用の化粧品をやめる方が悪化を防げることがあります
    出典 :意外と知らない、肌がカサカサになる原因 - 美肌総合研究所
  • 目の下や頬、口の周りなど乾燥が気になる部分に乳液を垂れ落ちそうなくらいたっぷりと塗り、マスクをお湯に浸してから顔にかけます。
    マスクを外して顔に残った水分や乳液を手の平で馴染ませましょう。
    その後クリームを手の平で温めてから肌に優しくつけて肌に蓋をしましょう。
     

    使える、気になる部分の保湿法

  • 【☆*゚脱水肌チェック☆*゚】

    1. 洗顔後30分放置してると乾燥する部分がある
    2. コットンに含ませた化粧水の減りが早い
    3. 起床後ニコっと笑って違和感を覚える部分がある
    4. 風呂上りの肌の状態を理想とした時、朝寝起きの肌と差がある
     

    これは使えるセルフ診断方法☆

  • 洗顔やスキンケアの時、乾燥する部分をゴシゴシ擦りすぎないようにしましょう!!とくに目元は小じわやクスミができやすくなるので注意です!!乾燥する部分は弱いところなので優しくケアをしましょう♪☆
     

    部分乾燥の原因のひとつ、弱い部分が保湿しても保湿しても…。

  • もしかしたら、怖い病気も隠されているかもしれないので注意しよう!