広汎性発達障害の原因

広汎性発達障害の原因は何でしょうか?どういったことで発症するのかをまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/05/22

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 広汎性発達障害の原因

  • まず、広汎性発達障害とはどのような障害なのでしょうか?

  • 社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性(しょうにきほうかいせい)障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。
    出典 :広汎性発達障害<こころの病気> - goo ヘルスケア
  •  

    原因はなんでしょうか?

  • 生物学的要因、主として遺伝によると考えられています。一部は、胎児性風疹(たいじせいふうしん)、フェニルケトン尿症、結節性硬化症(けっせつせいこうかしょう)、染色体異常などに伴って生じます。
    出典 :広汎性発達障害<こころの病気> - goo ヘルスケア
     

    遺伝子によるもの・・・?

  • 発達障害をもう少し詳しく掘り下げると。。。

  • 人間の身体(特にタンパク質)の設計図として、遺伝子が細胞の核内に存在し、これにより個人差が生まれます。この個人差の一つとして、有害重金属を排泄させるタンパク質の反応スピードに違いが出て来ます。
    出典 :広汎性発達障害,発達障害の原因を明らかにする |
     

  • 環境汚染物質である水銀が体内に侵入した時、排泄に関係する遺伝子の個人差で、水銀を速やかに体外へ排泄できる子供と、そうでない子供が存在します。
    出典 :広汎性発達障害,発達障害の原因を明らかにする |
     

  • 微量の水銀でも、体外への排泄が遅れると脳内へ移行して、神経細胞を傷つけ、子供たちの神経の発達に影響を及ぼします。このような遺伝的な原因と、環境的な原因が重なって発達障害へつながる可能性があります。
    出典 :広汎性発達障害,発達障害の原因を明らかにする |
     

  •  

    遺伝子問題で障害が出る事は大変恐ろしい事です・・・これは子供のときだけに限りません。大人になって気づく事もあるそうです。

  • 発症原因は何んでしょうか?

  • 「アスペルガー症候群」などが取り上げられることも少なくはなく、幼稚園・保育園や学校の先生から指摘を受けることもあり、早期に発見されることもありますが、特に幼い時期には個々の特性であるのか発達障害であるのかを判断することも難しく、大人になるまで気づかないことも多いです。
    出典 :大人の発達障害:発達障害の原因・治療と対応
     

    テレビドラマで取り上げられたことも。

  • 大人の発達障害とは、一般的に大人になってから気づいた発達障害のことをあらわしています。
    出典 :大人の発達障害:発達障害の原因・治療と対応
     

    成人してから気づくということもあるんですね・・・

  • 気がつくときはどういった場面が多いのでしょうか?

  • いわゆる「空気が読めない」「何度も同じことを指示されても定着しない」「ひとつのことに執着すると他のことに気がまわらない(優先順位を決められない)」などを上司や先輩社員に指摘されたりすることで大人の発達障害ではないかと気づくことも多いようです。
    出典 :大人の発達障害:発達障害の原因・治療と対応
     

    学生時代等は周りの大人たちのサポートがあるため気がつかない事もあるそうです。

  • 治療方法

  • 広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。
    出典 :広汎性発達障害<こころの病気> - goo ヘルスケア