アンチエイジングだけじゃない!デトックス効果もあるファイトケミカル☆

アンチエイジングだけじゃなく、デトックス効果も
期待できるファイトケミカルとは☆

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ファイトケミカル

  • ファイトケミカルは、植物により産生されている物質である。様々な害虫やウイルスなどから身を守らなければならない環境にいる植物は、身を守る術として抗酸化力の高いファイトケミカルを生み出している。ファイトケミカルは、植物の中にしか存在しない天然化合物である。
    出典 :【ファイトケミカル】抗酸化作用で活性酸素とファイトする物質 | ダイエットSlism
  • ファイトケミカルと呼ばれる栄養素には、アントシアニンやカテキン、大豆イソフラボンといったポリフェノール類のほか、セサミン、リコピン、カロテノイドなどが挙げられる。ポリフェノールは、強い抗酸化力を持つ。
    出典 :【ファイトケミカル】抗酸化作用で活性酸素とファイトする物質 | ダイエットSlism
     

    がんの抑制効果もあるのです!

  • 注目成分

  • ファイトケミカル

     

    注目されているのはポリフェノールやカロテノイドといった抗酸化物質、大根やわさびなどの辛み成分であるイソチオシアネートなどです!
    ファイトケミカルの機能として最も重要なものは抗酸化性で、ほとんどの成分が抗酸化性を示します!

  • それを還元する状態に持っていく、つまり酸化を防ぐ方向に持っていくことが、すなわち生命を維持するということです。私たちは様々な食品を食べて生命を維持していますが、それはすなわち還元状態を身体の中につくるということだとも言えます。
    出典 :ファイトケミカルが今、なぜ注目されているか
  • 主なファイトケミカル

  • ・ポリフェノール・・・カテキン(緑茶、赤ワイン)、アントシアニン(ブルーベリー) ・カロテノイド・・・にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど緑黄色野菜・含硫化合物・・・アリシン、硫化アリル(にんにく、ねぎ、玉ねぎ、にら)
    出典 :「ファイトケミカル」とは何かの成分のことでしょうか? : タニタ運営[からだカルテ]
  • ファイトケミカルは植物の色や香りアクの成分を形成しており、約10000種類もあり、主に野菜、果物、 豆類などの植物に含まれています。過剰な活性酸素は老化や生活習慣病の原因になりますので、抗酸化力のあ る食べものを積極的に食べて、活性酸素に負けない身体作りが大切です。
    出典 :「ファイトケミカル」とは何かの成分のことでしょうか? : タニタ運営[からだカルテ]
     

    食べようファイトケミカル

  • ファイトケミカルの効果

  • ◎視機能を改善する効果<アントシアニン>◎老化を防ぐ効果<レスベラトロール>
    ◎更年期障害の症状を改善する効果<イソフラボン、リグナン>◎血流を改善する効果<ヘスペリジン、リコピン、ギンコライド、葉緑素(クロロフィル)>◎肝機能を高める効果<クルクミン>
    出典 :ファイトケミカル | 成分情報 | わかさの秘密
  • ◎生活習慣病の予防・改善効果<カテキン>◎美肌効果<タンニン(タンニン酸)、スルフォラファン>
    ◎眼精疲労を予防する効果<アスタキサンチン>◎眼病を予防する効果<ルテイン・ゼアキサンチン>
    ◎ダイエット効果<ラズベリーケトン、カプサイシン>
    出典 :ファイトケミカル | 成分情報 | わかさの秘密
  • ファイトケミカルの健康効果

     

    疲労回復効果<アリイン、アリシン>
    冷えを改善する効果<ジンゲロール(ショウガオール)>
    血栓症を予防する効果<ナットウキナーゼ>
    リラックス効果<GABA(ギャバ)、テアニン>
    免疫力を高める効果<β-グルカン、フコイダン>
    たくさんの効果がありますね!

  • ダイエットとファイトケミカル

  • ファイトケミカルの抗酸化作用は活性酸素や紫外線を除去する効果があるとされ、生活習慣病を予防したり、体内の有害物質をデトックスする働きがあると考えられている。癌を抑制する効果を持つ栄養素が多く、動脈硬化などのリスク軽減にも役立つ。
    出典 :【ファイトケミカル】抗酸化作用で活性酸素とファイトする物質 | ダイエットSlism
     

    デトックスで老廃物を除去しよう