妊娠初期にニキビができるのはなぜ?

妊娠初期にニキビなどの肌トラブルに悩む方は少なくありません。
なぜ妊娠するとニキビを始めとする肌トラブルが起こるのでしょうか?

view259

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠と肌トラブルの因果関係とは?

  • 妊娠初期に起こりがちな肌トラブルの原因は、妊娠したことによって起こるホルモンバランスの変化です。
    お肌とホルモンバランスは切っても切れない関係で結ばれているのです。

  • 妊娠初期には、肌荒れに悩む人も多くいます。これは妊娠期に増加するホルモン、プロゲステロンの仕業と考えられています。
    出典 :妊娠初期の肌荒れ 赤すぐ|妊娠初期の肌荒れについての説明や妊婦さんの体験談
  • ニキビができるのはなぜ?

  • 顔だけじゃない!?

     

    妊娠初期のニキビは、顔だけじゃなく、背中や胸にまでできてしまうことも。

  • 妊娠中にできるニキビの一番の原因は、妊娠によるホルモンバランスの変化です。妊娠初期は、妊娠を継続するため二つの女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)が盛んに分泌されます。このうち、プロゲステロンは皮脂の分泌を活発にするため、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴を詰まらせニキビの原因となります。
    出典 :妊娠中にできたニキビのケア方法 | スキンケア大学
  • つわりによって食の好みが変化し、甘いものやジャンクフードばかり食べてしまうという人もいます。
    このようなつわり中の偏った食事がニキビの原因となる場合もあるのです。
    出典 :【妊娠するとニキビができやすい?】ホルモンとにきびの関係
  • 妊娠すると子宮が大きくなってくるので、腸の動きが鈍くなって便秘になりやすくなってしまいます。]
    便秘はニキビの原因です。
    出典 :【妊娠するとニキビができやすい?】ホルモンとにきびの関係
  • 妊娠初期にニキビができる主な原因は、ホルモンバランスの変化ですが、つわりによる偏食や、子宮が大きくなったことによる便秘なども肌トラブルを引き起こす要因となります。

  • ニキビ以外の肌トラブルにも注意!

  • ホルモンバランスの変化がもたらす肌トラブルはニキビだけではありません。
    シミやそばかすができやすくなったり、かゆみや発疹が発生しやすくなりますので注意しましょう。

  • こんなところにシミが!?

     

    落ち着いて紫外線対策を!

  • 妊娠中はホルモンの影響で体質が変化したり、新陳代謝が活発になって汗をかきやすくなるためかゆみや湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎などの肌のトラブルが出やすくなります。
    出典 :妊娠中の肌のトラブルについて|「妊娠から出産まで」 - はっぴーママ.com
  • 妊娠状態を維持するためのホルモン『プロゲステロン(黄体ホルモン)』には、メラノサイトを刺激してメラニンを作らせる(色素沈着をうながす)作用があるため、同じ環境でも妊娠していない時に比べて、シミやそばかすができやすいといえます。
    出典 :シミ、肌荒れ…妊娠中の肌悩みとスキンケア [肌の悩み・対処法] All About
  • 妊娠による肌トラブルをなんとかしたい!と思ってしまいますが、敏感になっているお肌を刺激しないように、シンプルなスキンケアを心がけましょう!