どうしたら良い?「慢性前立腺炎の治療」方法をまとめてみました!

慢性前立腺炎の治療についてまとめてみました。しっかりと治しましょうね!

view353

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性前立腺炎は

  • 現代はストレス社会ともいわれ、ストレスが原因となる病気が増えています。慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)もその1つであり、働き盛りの男性を悩ませています。
    出典 :ストレスと慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群|男のストレスと慢性前立腺炎
  • 最大の危険因子はストレスと考えられています。働き盛りの男性は身体的・精神的ストレスも多く、慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)の危険因子をかかえて生活していると言えます。長時間のデスクワークや自動車の運転など骨盤内の血流のうっ滞に加えて、精神的ストレスが大きく関係しています。
    出典 :ストレスと慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群|男のストレスと慢性前立腺炎
  • 様々なストレスや疲労が

     

    男性を襲い、最終的にはつらい慢性前立腺炎を呼んでしまう事になるのです。これはつらいですよね。この慢性前立腺炎の治療についてみて行きましょう!

  • 検査として

  • おしりから指を入れて前立腺を診察し(直腸診)、前立腺に痛みがあれば前立腺炎と診断します。正常の方は前立腺に痛みはありません。尿検査で尿に白血球(炎症細胞)の有無を、尿細菌培養検査で細菌の有無を確認します。
    出典 :慢性前立腺炎 かねとう腎泌尿器科クリニックへようこそ
  • 最近はクラミジア(性感染)による前立腺炎も見つかっていますので、性行為があった場合は尿のクラミジア検査を追加します。前立腺に痛みがあっても尿検査で異常がないこともありますが、慢性前立腺炎(慢性骨盤内疼痛症候群)として治療を進めます。
    出典 :慢性前立腺炎 かねとう腎泌尿器科クリニックへようこそ
     

    このように検査してもらう事になるのです。

  • 慢性前立腺炎の治療とは

  • 無意味な抗生剤の長期投与やセルニルトン投与・漢方薬で漫然と治療されるので患者さんはたまったものではありません。挙句の果てに「治らない病気です」、「ストレスが原因です」、「心の病気です」「気にしないようにしましょう」と医師が口にするのです。
    出典 :慢性前立腺炎
     

    このような事は良く起きるものだそうなのです。

  • 一般雑菌による感染の合併も多くみられるため、抗菌剤・抗生剤の内服を1〜2週間行うこともあります。また、医師にる前立腺マッサージにて 前立腺液の排出も行うこともあります。 これらの治療にて改善が見られない場合は、対処療法となってしまうことも少なくありません。
    出典 :慢性前立腺炎の症状、感染原因・悪化原因と治療対処・対策 | 男の性病症状診断.net
     

    対処療法となる。。。これがつらいのです。

  • 抗生物質、植物製剤(セルニルトン)、漢方薬などで治療します。通常2-4週間で症状は軽快しますが、症状が完全に取れなくて長期間(数ヶ月単位)の治療が必要になることもあります。治癒・再燃を繰り返すこともあるので、日頃から日常生活について注意することが必要です。
    出典 :慢性前立腺炎 かねとう腎泌尿器科クリニックへようこそ
  • 排尿困難(尿がスムースに出ない)場合は前立腺部の尿道抵抗を取るα1ブロッカーを使うこともあります。
    出典 :慢性前立腺炎 かねとう腎泌尿器科クリニックへようこそ
     

    このような治療方法が普通のようです。

  • 予防は出来るのでしておこう!

  • 長時間のデスクワークや車の運転の時は、1-2時間毎に席を立つ、車から降りる。自転車、バイクは最もリスクが高いのでなるべく避ける。疲れやストレスを貯めないように。飲酒は控える。特に症状がある時は禁酒が必要。
    出典 :慢性前立腺炎 かねとう腎泌尿器科クリニックへようこそ
  • お風呂で

     

    温まると症状が改善する場合があります。性感染症でもおきるので注意しておきましょう。下半身は大切なので、冷やさないようにする事もたいせつですよ