肩を使うことで発症する野球肩とは?痛みをあきらめている人に…野球肩をストレッチしてみませんか?

とても辛い野球肩の症状。気が付いたら肩が痛くて…「野球肩」だと診断されたけれど良くならない…そんな人も多いようです。多くの方が悩む「野球肩」ですが症状は様々。病院等の施設になかなか通えない人も、セルフストレッチをすることで改善するかもしれません。野球肩をストレッチしてみませんか?

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 野球肩とは?

     

    野球肩とは一体どんな症状のことをいうのでしょうか?
    具体的に紹介していきます。

  • 野球肩とは?

  • 野球肩とは、滑液包炎、棘上筋腱炎、上腕二頭筋腱炎、肩甲上神経麻痺による棘下筋萎縮、インピンジメント(impingement)症候群、上腕骨骨端線障害(リトルリーグ肩)などの投球動作によって引き起こされる、さまざまな肩関節障害の総称です。
    出典 :野球肩 | ザムスト(ZAMST)
     

    投球動作のよっておこる肩の関節障害のこと全体を指します。

  • 野球以外でもおこる「野球肩」

     

    では一体どんなスポーツで「野球肩」の症状はおこるのでしょうか?ご紹介します。

  • 野球肩が起こるスポーツって?

  • 野球肩はオーバーヘッドスローイング動作を行うスポーツ全般で発症しますが、特に野球のピッチャー、キャッチャー、バレーボールのアタッカー、テニスのサーブ・スマッシュ時、アメリカンフットボールのQB、水泳(クロール、バタフライ)、ハンドボール、陸上競技のやり投などでも起こります。
    出典 :野球肩 | ザムスト(ZAMST)
     

    野球に限らず、色々なスポーツで発症します。

  • 野球肩の原因は二つ

     

    野球肩が起きてしまう原因は二つに分けられます。

  • 1.けが(外傷)による肩の痛みが原因

  • 肩のけがで肩のどこかに損傷(傷がつくこと)が起きたと考えられます。具体的には、肩の亜脱臼(あだっきゅう)、関節唇損傷(かんせつしんそんしょう)、腱板損傷(けんばんそんしょう)、骨折(上腕骨の骨端線離解(こったんせんりかい):リトルリーガーズショルダー)などが考えられます。
    出典 :野球肩の原因について|けがと使いすぎ
     

    怪我の場合は、どのタイミングで野球肩の症状がでたのかわかることがほとんどですね。

  • 2.オーバーユースによる肩の痛みが原因

  • 野球肩のもう一つの原因は、使いすぎ(オーバーユース)による障害(病気)です。 毎日毎日ボールを投げていると、知らないうちに肩が痛くなってきたという具合です。野球肩の原因としては、このオーバーユースが原因のことが圧倒的に多く、特にピッチャーやキャッチャーといったボールを投げる頻度が多いポジションに多いです。
    出典 :野球肩の原因について|けがと使いすぎ
     

    野球肩のほとんどの原因はオーバーユースだそうです。
    ピッチャーポジションの選手などが野球肩になってしまうというのは、よく耳にすることですね。

  • 野球肩と一言で言っても、症状は人それぞれです。投球時の痛み 挙上時(腕を上げたとき)の痛み 外旋・内旋時(肩をひねる動作)の痛み 関節可動域が狭くなる、患部を押すと痛い 練習の始めが痛い人もいれば、練習が終わったあと痛い人もいたり、肩の前側が痛んだり、後ろ側が痛んだり、関節の奥の方が痛んだり、と様々なケースがあります。
    出典 :野球肩の症状 - なぜあなたの野球肩は治らないのか?
     

    症状も様々ですね。最初のうちは肩に違和感を感じても投げることができるそうです。

  • 投球障害肩に必要なのは…運動療法

     

    野球肩に必要な治療は運動療法のようです。

  • 運動療法にも、徒手療法、マッサージ、ストレッチ、PNF、ヨガ、ピラティス、ロルフィングなど様々な運動療法があります。どの治療もすばらしい効果を得ることができます。しかし、ほとんどの治療はセラピストによる治療をうける必要があります。セラピストの治療をうけるには、病院などの施設に行く必要があります。
    出典 :肩の体操
     

    病院やサロンなどの施設に行く時間が無い人は、セルフストレッチをしてみましょう!!

  • 肩には力を出すためのアウターマッスルと、細かい動きを制御するインナーマッスルがあります。インナーマッスルのことを腱板と呼ぶのですが、そのうち後方に位置する刺下筋・小円筋の損傷が考えられます。これらの筋は、腕を振ったさいに腕が肩から抜けないように、ブレーキをかける役割を持っています。腕が振れるようになればなるほど、これらの筋に負担がかかり、損傷してしまうのです。
    出典 :野球肩(腱板損傷) | 肩の痛み解消のストレッチと筋トレ方法 | 【府中の整体】医師やマッサージ師も通うスポーツ整体院めんてな
     

    腕を振ると刺下筋・小円筋に負担がかかり、損傷してしまうのですね…

  • 最初は張りが出てきて硬くなるだけなのですが、徐々にストレッチをしても伸びなくなり、次第に損傷度合いが大きくなってきます。リリースからフォローにかけて体重の1.5倍以上の負荷がかかっていると言われています。腱板は硬くなりやすいので、まずはストレッチをして柔軟にしておく必要があります。その上でチューブなどを使って耐久力をつけるトレーニングをするのがよいです。
    出典 :野球肩(腱板損傷) | 肩の痛み解消のストレッチと筋トレ方法 | 【府中の整体】医師やマッサージ師も通うスポーツ整体院めんてな
     

    ストレッチをして柔軟にしておくことが大切なんですね!!中でも耐久力をつけるトレーニングがおススメだそうです。

  • 野球肩・野球肘予防改善のストレッチ

     

    簡単ですので是非実践してみましょう。

  • 野球肩・野球肘の自己療法【滋賀大津めぐり整体所】

     

    野球肩と野球肘の自己療法が紹介されています。

  • 野球肘予防改善に「基本のストレッチ」

     

    野球肩ではなく肘の予防改善動画ですが、合わせて普段からストレッチ
    すると効果的かもしれません。