レトロ柄ってどんなデザイン?レトロなネイル画像で学ぶレトロ柄ネイルの基本

今回の記事ではレトロなネイル画像を紹介しつつ、レトロ柄ネイルの基本を紹介します。ひとくちでレトロな柄といっても様々なデザインがあり、その印象もかなりの幅があります。そこで、今回は基本的なレトロ柄を、色、形、モチーフごとのカテゴリーに分けて整理してみていきましょう。

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 色で味わうレトロデザイン

  • レトロデザインの中で、もっとも簡単にレトロな感じをだすときに重宝するのが「色」です。レトロな色と言われても、セピア色のような色しか思いつかないかも知れません。もちろん、セピア色も十分にレトロを演出する色です。しかし、ネイルの色としてセピア色はやや地味すぎるかもしれません。
    色によるレトロ感とは、単色の色ではなく、色の組み合わせと単純なデザインによって出すことが多いようです。
    例えば、ミルク色と紺は欧風の伝統あるレトロな色合いを思い起こさせます。また、茶、オレンジ、アイボリーの色の組み合わせは1960年代のアメリカを感じさせる色です。格式のある形状でなく、少しバランスを崩したスクエア柄や、不揃いなドットをあしらうことで、よりレトロなデザインとなります。

  •  

    シンプルなデザインと、紺、ミルク色の組み合わせで格式あるレトロ感がでています。

  •  

    紺とミルク色の組み合わせのネイルに高貴な印象が出ています。ひし形とストーンを置くことで、より豪華なレトロデザインになっています。

  •  

    ストーンや不揃いなスクエアが重なるデザインは、60年代のアメリカのようなレトロ感のあるデザインです。

  • 単純な形状によるレトロデザイン

  • レトロなデザインの形として、単純なものや単調なものがあります。例えば、横線が中心のもの、格子状のものなどです。このような単純な形状を利用したデザインには、先程紹介した色の組み合わせと合わせることで、無数のデザインを作ることができます。例えば、単純な格子状のデザインでも色味を抑えれば、格式あるデザインに見えますし、蛍光色の入った色を使うと、ポップな印象で70年代風のデザインになります。また、格子状のバランスを崩すことで、モダンなデザインになり、これもレトロ感のあるネイルデザインとなります。

  •  

    不揃いな格子と落ち着いた色使いで、上級おしゃれレトロデザインになっています。

  •  

    上品なレトロを楽しむデザインですね。

  • 花柄レトロで気分は最高潮!

  • レトロなネイル画像として多くあるのが花柄をモチーフにしたものです。花柄のレトロ柄ネイルには、花の形状や色使いでガーリーな印象になることもあれば、南国を意識させるものもあります。また、70年代のアメリカのような、明るく楽観的な印象のデザインにもなります。このように、花柄のレトロ柄ネイルといっても、印象がさまざまあり、そのため、いろいろな楽しみ方ができるデザインです。
    花柄というと、あまりにも少女趣味のように思えるかもしれませんが、1、2本だけ花柄にするというデザインにすると、少女趣味どころか、ユーモアと余裕のある女性のデザインとして十分に素敵になります。

  •  

    色も不揃いなサイズの花柄もすべてがレトロ調!

  •  

    写実的な花柄と蛍光色がレトロ感たっぷり!

  •  

    さりげない、レトロ感でおしゃれの上級テクニックですね。

  • 花柄レトロは10代から大人の女性まで楽しめるレトロ柄の定番です。抽象的な花柄から具体的な花柄まで、いろいろな柄がありますが、いずれにしても、指先にいつでも花があるというのは女性にとっては、とても気分の高揚するデザインではないでしょうか。

  • 女性と花は、その美しさや儚さから、同じような特徴として例え話になるものです。しかし、それはイメージだけのことでなく、実際に、花の美しさには女性を優しい気持ちにしたり、その香りには女性ホルモンのバランスをよくする効果もあると言われています。
    忙しい女性はとかく女性らしさが失われがちです。そんなとき、手軽に女性らしさを取り戻るアイテムとして花柄やアレンジメントを活用するとよいでしょう。また、妻や彼女が疲れて、女性的な魅力を失っていると思ったら、花をプレゼントすることで心身ともによい効果が期待できるでしょう。