あの有名番組でも紹介された女性の病!?妊娠初期の貧血の症状と改善法を知っておこう!!

妊娠初期の貧血は多くの妊婦が抱える問題。
妊婦の3~4割は貧血だといわれています。
今まで貧血などなかった女性でも、妊娠して貧血となることも多いのです。
貧血は食生活などでも対処可能。
早期に生活を見直すようにしましょう。

view60

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の貧血が増加

  • 女性の4人に1人は鉄欠乏性貧血といわれています。

  • 女性は生理で出血があることでも貧血になりやすいといわれています。
    さらに無理なダイエットや偏った食事も原因です。

  •  

    女性の慢性病とも言える貧血。
    妊娠していない女性にとっても貧血は怖い病気です。

  • どうして妊娠すると貧血になるの?

  • 妊娠すると赤ちゃんの分も血液が必要になります。
    そのため体重も増え血液の量の増加するのです。

  • ただし、血液が増えても赤血球はそれほど増えません。
    結果として血が薄まってしまいます。

  • 鉄分も赤ちゃんに送られていきます
    そのためお母さんも鉄不足で貧血になりやすくなります。

  • 妊娠初期の貧血の症状って?

  • 妊娠初期の貧血の症状は立ちくらみやめまい、動悸などです。
    疲れやすくなったり頭痛も併発することがあります。

  • 貧血の症状は妊娠経過が進むとともに症状が悪化していくため、早期に対処する必要があります。
    症状がでたら、鉄分を摂取するなどの対処を早めにしましょう。
    鉄分は大目にとる位でも問題ありません。

  • 赤ちゃんへの影響は?

  • お母さんの血液が薄くなると赤ちゃんに送られる血液の酵素や栄養も薄くなってしまいます。
    その結果、赤ちゃんの成長に悪影響がでてしまうのです。

  • 貧血で赤ちゃんの発育が悪くなったり、身体が弱くなることも心配。
    さらには出産時のトラブルもおきやすくなります。
    出血量が多くなったり、産後の回復が遅れることも…

  • 貧血が不妊や流産の原因に

  • 貧血は放っておくと危険。
    その症状がテレビ番組でも紹介されています。

  • 貧血の主な症状はふらつきや、めまい。
    足元がおぼつかなかったり立ちくらみが続くと、それが原因で事故にもつながります。
    おなかをぶつけてしまえば流産の原因にもなりかねません。

  • 鉄分が不足することでおこるのがホルモン分泌の低下。
    妊娠しやすくする黄体ホルモンが分泌されないことで妊娠しにくくなります。
    生理不順も鉄分不足を補うことで改善することが多いそうです。

  • まずは食事改善

  • レバーや赤身肉など

     

    鉄分が豊富な食材といえばレバーや赤身肉。
    高たんぱくで低カロリーなのも妊婦に嬉しいポイント☆

  • シジミやいわし

     

    シジミやいわしも鉄を多く含みます。
    レバーが苦手な人はこちらを。

  • ひじきや高野豆腐

     

    ひじきや高野豆腐も鉄分豊富。
    作り沖にも便利な食材なので副菜にも取り入れましょう。

  • ほうれん草や小松菜

     

    おひたしにも嬉しいほうれん草や小松菜も鉄分が多く含まれています。
    ゴマや海苔をふっても◎

  • ビタミンCを一緒に摂取すると効果的

     

    ビタミンCは鉄分の吸収を助けます。
    デザートにイチゴやオレンジなどを食べてもいいですね。

  • 多品目でバランスのいい食事

     

    鉄分を摂取するために毎日レバーやほうれん草だけ食べ続ければいいというわけではありません。
    ビタミンやミネラルを取るためにはバランスのいい食事が一番。
    大変ならば、作り置きや市販品も活用してさまざまな栄養を摂取するようにしましょう。

  • つわりで食事が十分に取れないときは病院で相談を

  • 妊娠初期はつわりの人も多い時期。
    食事自体が十分に取れないという人もいるでしょう。
    鉄分を補給するサプリメントに頼る必要もあるかもしれません。
    かかりつけの病院でも相談しましょう。

  • 場合によっては鉄剤が処方されることも

  • 症状によっては病院から鉄剤が処方されることもあります。
    副作用として便秘や胃がむかむかするといった副作用が出る場合もあるので、そのときは医師に相談しましょう。
    胃薬をあわせて処方されることもあります。

  • 妊娠中は常に貧血との戦い

  • 妊娠初期に貧血にならなくても安心はできません。
    妊娠経過とともに必要な血液はどんどん増えていきます。
    これは初期以降も血液が薄くなっていくということです。
    赤ちゃんも成長して栄養がもっと必要になっていきます。