いつ出るかわからないがたぶん出る!突発性発疹

おそらく赤ちゃんが最初にかかる可能性が高いのがこの突発性発疹でしょう。

view382

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 突発性発疹とは?

  • 高い熱が3~4日続き、熱が下がると同時に、おなかや背中に赤い発疹が出る病気。生後6~12カ月に多く、初めての発熱がこの病気という子も多いので、あわてずに経過観察を。
    出典 :突発性発疹 - gooベビー
     

    赤ちゃんがかかる最初の病気になることが多いです。

  • 季節を問わずに発生し、はしかや水ぼうそうのように感染力が強くないのが特徴です。
    出典 :突発性発疹 - gooベビー
     

    常に注意しなければいけないのが辛いです。

  •  

    新人ママさんとしてはとても気になるでしょう。

  • 突発性発疹自体はさほど心配いりませんが、熱の上がり際に熱性けいれんを起こす子もいますので、注意してみてあげましょう。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    他の病気を引き起こすことの方が怖いです。

  • 原因

  • 突発性発疹はHHV・ヒトヘルペスウイルスの6または7型による感染症である。
     

    原因はわかっているようですね。

  • 原因は、7~8割のケースであるヒトヘルペスウィルス6型というウィルスです。2回経験する子もいますが、これは6型の兄弟で、2回目は症状が軽いヒトヘルペスウィルス7型に感染したためだと考えられます。突然7型から感染する子は少ないようです。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    ウイルスが原因なのですね。予防できるなら予防したいのですけど。

  • 症状

  • 熱は39度前後の高熱が出ます。鼻水やせきなどのかぜのような症状はほとんどなく、熱が高いわりには、赤ちゃんの機嫌はそれほど悪くありません。
    出典 :すくすくネット - 突発性発疹
     

    赤ちゃんは意外とケロッとしているので、病気にかかっているような感じはしないのですよね。

  •  

    熱が出た時点で親御さんは心配で眠れなくなることが多いです。

  • 高いまま2~3日続いた熱は突然下がり、ほぼ同時に発疹が出ます。熱のある間は発疹は出ず、下がるのを待っていたかのように出るのです。この時点でようやく突発性発疹の診断がつけられます。
    出典 :すくすくネット - 突発性発疹
     

    熱だけだと突発性発疹とわからないのですよね。

  • かぜやインフルエンザは冬の流行期に感染しやすくなりますが、突発性発疹は季節に関係なく発症します。感染する年齢は6ヶ月から2歳までの間がほとんどです。中にはこの病気に感染しなかったり、かかっても目立った症状があらわれず、感染に気付かない場合もあります。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    意外と気づかないことがあるのですね。

  • 改善法

  • ウイルスのワクチンは今のところありません。下痢がある場合には下痢止めの薬を、かぜの感染を伴っているようであれば鼻やのどの薬を、というように症状をしずめる薬を用いて様子を見ます。また、苦しそうでなければ薬を使わないこともあります。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    基本は症状を緩和する対処療法となります。

  • 熱の時期は水分をまめに補給し、全身状態に変化がないかどうかもよく観察しましょう。特に生後2カ月未満の赤ちゃんの高熱には要注意。ほかの重い病気の可能性もあるので、必ず小児科を受診してください。
    出典 :突発性発疹 - gooベビー
     

    病院に連れていく方が安心ですね。

  • 赤ちゃんが38.5度以上の高熱のために苦しそうな様子だったら、解熱剤を使ってもいいでしょう。続けて使うときは3~4時間以上間隔をあけます。間隔をあけずに使うと逆に熱が下がりすぎる可能性があるので、必ず用法に従って使うようにしてください。
    出典 :すくすくネット - 突発性発疹
     

    使う場合は病院で処方されたものを使うようにするのがいいでしょう。

  • 機嫌がよくても安静にすることは必要です。
     
    熱が高くても意外に元気なのが特徴ですが、だからといって遊びや買い物など外につれまわすのは控えて。熱が高いときには体の抵抗力が落ちているので、他の思わぬ病気につながることも。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    抵抗力は確実に落ちていますので、注意しましょう。

  • 発疹は2~3日から1週間で自然に消えます
     
    体中に発疹が広がっていたとしても、通常は2~3日、長くても1週間以内で自然に消えます。かゆくないので、ひっかき傷をつくることもなく、跡が残ることはほとんどありません。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    発疹は自然治癒しますので治るのを待ちましょう。