やけどした!?「舌のただれ」は何が原因なの?

舌のただれは何が原因なのでしょうか?もしかして熱いものを食べてやけどした!?

view110

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 主な原因に、舌への慢性的な刺激▽カビの増殖▽食生活や栄養の偏り▽口内の乾燥-などが挙げられます。
    出典 :舌の両側にただれ 検査して原因の特定を / 医療・健康 / 西日本新聞
     

    心当たりはありますか?

  •  

    きれいな舌であればいいんですが…。

  • 舌炎が起きていない!?

  • 舌の表面を覆っている粘膜は口腔の中でも特に厚くなっていますが、これは小さな突起の舌乳頭といわれるものです。実は舌に発症した口内炎のことを舌炎というのです。
    出典 :舌炎の原因・症状・治療
     

    口内炎が舌に出来る事がありますよね。

  • *ビタミンB2などの不足によって起きるもの*胃腸病などの全身状態の異常によって起きるもの*歯の治療や口腔の手術あるいは歯や金属冠などの刺激によって起きるもの*誤って舌を傷つけたことで起きるもの
    出典 :舌炎の原因・症状・治療
     

    このような原因があるのです。

  • 痛みが

     

    慢性の舌炎になると辛いですよね。ヒリヒリが続いたり、場合によってはそこがただれてきてしまう場合もあるそうなのです。

  • 舌癌がある

  • 舌癌の痛みの症状は、早期の症状に現れます。しみる感じやヒリヒリした痛みが起こり長く続きます。見た目も周囲の正常な粘膜と異なり、表面が堅くザラザラした潰瘍や白斑ができます。進行すれば痛みは強く舌の動きが悪くなり、ろれつが回らない。食事が取りにくい。
    出典 :舌 痛み〜舌に痛みがある/症状で病気を早期発見!
  • 口が開かなくなってきます。原因としては、アルコールやたばこ、入れ歯やむし歯との接触による刺激、口腔内の不衛生が関係しているとも言われています。舌炎の痛みは、舌のただれや潰瘍ができることによって起こります。
    出典 :舌 痛み〜舌に痛みがある/症状で病気を早期発見!
     

    このような場合もあるのですね。

  • こんな事も原因になる

  • 口の中の汚れ 食べた後に歯磨きをしなかったり、あるいは歯磨きやすすぎが不十分だったりすると、舌の先にある割れ目の部分に食べカスなどの汚れが溜まり、そこに細菌が繁殖することがあります。細菌が繁殖すると舌が炎症を起こし、ピリピリと痛むようになります。
    出典 :舌の痛み、あれ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    口腔内は綺麗にしておきましょう。

  • サイズの合わない義歯や入れ歯をしていたり、歯が大きかったり尖っていたり、食事やしゃべるたびに歯が舌に当たるようなことがあったりすると、舌が傷つけられて痛むことがあります。また、誤って舌を噛んだり、熱い物を食べたり飲んだりして舌をやけどすることでも痛みを生じることがあります。
    出典 :舌の痛み、あれ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • 最も一般的な口内炎はアフタ性口内炎で、主に口の中の傷ついた部分に細菌やウィルスが感染して起こります。カンジダ性口内炎は、カビの一種であるカンジダ菌の感染によって起こります。また、舌痛(ぜっつう)症、舌咽(ぜついん)神経痛でも舌に痛みがあらわれます。
    出典 :舌の痛み、あれ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    過労も原因になるという事をしっかりと念頭に入れておきましょう。

  • こんなものが紛らわしい

  • 舌炎に似た紛らわしい病気に菱形性舌奇形といわれる病気があります。この菱形性舌奇形とは文字通り舌の肉が菱形に盛り上がってきます。それほど気にする必要はありませんが、舌炎あるいは舌がんと間違いやすいので要注意です。
    出典 :舌炎の原因・症状・治療
     

    このような病気と間違えない様にしましょう。

  • しっかり対処しよう

  • 細菌の繁殖を防ぐためには、毎食後に3分間ほど丁寧な歯磨きをして、口の中を清潔にしましょう。市販のうがい薬を使用するのもいいでしょう。また、舌苔は、舌を保護するためにある程度必要なものです。
    出典 :舌の痛み、あれ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • 歯ブラシで舌を磨いて無理やり取ろうとするようなことはやめましょう。舌をケアするときは、舌用のタブレットや舌磨き専用のブラシを使うのがおすすめです。また、市販薬の洗口液で口の中を洗浄するのも効果的です。
    出典 :舌の痛み、あれ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
  • 口の中を清潔に

     

    歯科に行ったり、病院に診察してもらいに行ったりと、出来るだけの事はしておくようにしましょう。舌がただれるまえにしっかりとした対処をするようにしましょうね。