妊婦健診でGBS(b群溶血性連鎖球菌)となったら・・・?

妊娠後期になると、各病院で検査があります。そして、ときどき見かけるGBS(b群溶血性連鎖球菌)陽性。
すっごく心配ではありますが、果たして大丈夫なんでしょうか。そのGBS(b群溶血性連鎖球菌)についてまとめました。

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • GBSとは?

  • 妊婦に多いGBS

     

    実は、GBSのキャリアは30%だとか。

  • GBSとは、Group B Streptococcus、B群溶血性連鎖球菌のことです。この菌自体は決して悪いものではなく、指や皮膚に普通についていたりします。膣に常在している場合も多く、妊婦さんの10%程度はこの菌を保有しています。でも通常は大した病原性を持たないため問題にはなりません。
    出典 :GBS(B群溶血性連鎖球菌)って??
  • GBSとはB群溶連菌(group B streptococcus)という細菌のことです。 膣の中の常在菌(普通の状態で存在している細菌)の一種で、これは性行為感染症ではありません。 いつの間にか入り込んできてひっそりと生息しております。 膣の中、膣の入り口(尿道口のそば)や肛門の付近や直腸内にも多数生息しています。
    出典 :妊娠とGBS
  • GBSは、B群溶血性レンサ球菌という細菌のこと。怖そうな名前ですが、常在菌といって私たちの体のどこにでもいる細菌です。弱い菌なので妊婦自身には何も悪さをしませんし、抗生物質がよく効きます。
    出典 :妊娠中のGBS検査|プレママタウン
  • 妊婦がGBSと診断されたらどうなっちゃうの?

  • ただ妊娠中にこの菌が膣内に認められると、お産の時、産道を通る際に赤ちゃんに感染して細菌性髄膜炎や敗血症、肺炎など起こすことがあります。後遺症を残したり、最悪の場合亡くなってしまうこともあるので適切な処置が必要です。
    出典 :GBS(B群溶血性連鎖球菌)って??
  • お母さんがGBSの抗体を持っていなくて生まれてきた新生児にだけは大敵! 経腟分娩で母体から赤ちゃんに産道感染すると、新生児GBS感染症という重大な病気を起こす心配が極めて稀なのですがあります。
    出典 :妊娠中のGBS検査|プレママタウン
     

    リスクを避けるために対処をします。

  • 出産時にこのB群レンサ球菌が膣内に存在すると、生まれる新生児に敗血症、髄膜炎、肺炎などの重症のB群レンサ球菌感染症を起こすことがありえることが知られています。この母から子への感染が問題とされています。
    出典 :横浜市衛生研究所:B群レンサ球菌(GBS)感染症について
  • どういう対応をすればいいの?

  • 出産時に点滴

     

    抗生物質を点滴しながらお産をします。

  • GBSを保有していると分かった時点から抗生剤を1、2週間内服や膣錠で治療する場合もあります。GBSはサワシリンやビクシリンなどペニシリン系やクロマイ膣錠等の抗生剤やがよく効くので、一旦は検査で陰性になることもあります
    出典 :GBS(B群溶血性連鎖球菌)って??
     

    これはあくまでも一つに対応策です。

  • 保菌者には分娩時にペニシリン系の抗生剤を数時間毎に投与する方法が一般的です。ペニシリン系抗生剤を投与することで母体から新生児への感染を高率に抑制することが可能といわれています。
    出典 :妊娠とGBS
     

    出産のときに投与されます

  • 母体がGBS陽性でも、実際に赤ちゃんに新生児GBS感染症が発症するのは約1%といわれています
    出典 :妊娠中のGBS検査|プレママタウン
     

    きちんと対策をとれば、さらに確率はさがります。

  • 決して怖い病気、ウイルスではありませんが、まれに分娩時に感染して、重篤になることがあります。
    ただし、検査の結果が陽性であっても、焦ることなく、抗生物質を投与されながら分娩することでほとんど感染がないので、安心してくださいね。
    かくいう、私もキャリアでしたが、無事に赤ちゃん、出産しました。