男性だからと安心してはダメ!男のスキンケアが注目されてる

マニキュアを塗ったり、化粧水でケアしたり。今やメンズも女性並みのスキンケアをするのが当たり前! 男性だからと安心してはダメですよ。男のスキンケアが注目されています。

view252

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 男の肌は傷つきやすい

  • 若いときは何もしなくても生き生きとした肌だったでしょう。ですが、年齢とともにシミやシワ、たるみなどが目立つようになり生気が失われてくるのは珍しいことではありません。

    それを「仕方ないこと」と諦めてしまうのは大きな間違い。肌が気になり始めたら、一刻も早くスキンケアを始めることが今後の自分を左右する重要な分かれ道
    出典 :男こそスキンケアを!メンズのための肌ケアガイド
     

    女性と違って、男性はスキンケアに強い興味を示しません。

  • 男である以上、ヒゲ剃りは宿命のようなものです。誠実なイメージ、清潔な雰囲気を維持するためにも、毎日のヒゲ剃りは欠かせない日課と言えるでしょう。

    ですがカミソリ負けという言葉があらわすように、ヒゲ剃りは男の肌にダメージを与える大きな原因になっていることも事実です。
    出典 :男こそスキンケアを!メンズのための肌ケアガイド
     

    毎日毎日、鋭い刃でガリガリ肌の表面を引っ掻いているのですから、ダメージを受けるのは当然です。

  • 紫外線
    夏になると、TVCMなどで「UV(紫外線)対策」という言葉を良く聞くようになります。たいていは女性用商品の紹介ですが、紫外線が肌にとって良くないのは男性も同じです。

    むしろ普段から化粧をしないため、むき出しの肌で外出する男性の方が紫外線による肌のダメージは深刻な問題。
    出典 :男こそスキンケアを!メンズのための肌ケアガイド
     

    せいぜい、レジャーに行く時に日焼け止めを塗る程度でしょうか。それでは紫外線対策は万全と言えません。

  • 手軽に出来る!男のスキンケア

  • 男性だって油断してると、きづけばお肌がボロボロに。なんてことになってしまいます。

  • サングラス

    目の周りの皮膚は薄く、紫外線の影響を受けやすい場所です。「老化は目の周りから」とよく言われるのはそのようなことが関係しているのかも。
    そして紫外線が白内障(目の病気。最終的には失明するらしい・・・)の原因となることを知っていますか?肌のシミやシワなどもイヤですけど、こっちもイヤ!
    出典 :メンズスキンケア日誌 -紫外線対策グッズ
     

    目の白い部分も日焼けするんですよ! しってました?

  • フルフェイスのヘルメット

    原付やバイクのヘルメットですね。原付の場合、半キャップ型のヘルメットを使用している人も多いかと思いますが、紫外線カットを考えるならやはりフルフェイスでしょう。
    通勤時間が長い場合は積極的に変更すべきです。
    出典 :メンズスキンケア日誌 -紫外線対策グッズ
     

    バイク通勤をされているメンズの皆さんは、安全のためにも日焼け防止のためにもフルフェイスのヘルメットを。もちろん、コンビニに入る時ははずさなきゃダメですよ。

  • 襟が立っているタイプのシャツやポロシャツ

    襟を立てるという行為は、紫外線対策上理にかなった行為なんですね。特にこれからの季節、ポロシャツの購入を考えている人も多いかと思いますが、今年からは襟が立っているタイプのものを選びましょう!
    首周りって、意外と紫外線対策をおろそかにするポイントです。
    出典 :メンズスキンケア日誌 -紫外線対策グッズ
     

    襟付きのシャツを着るようにした方が、紫外線対策には効果的。一度ワードロープを見直してみませんか?

  • やっぱりケアの基本は洗顔!

  • スキンケアの基本は『洗顔』と『保湿』です。
    この2つは欠かすことのできないケアになります。この2つだけ毎日やっていれば、他のケアはいらないと言っても過言ではありません。
    洗顔は泡の粒子を肌表面を転がすようにしながら洗顔をするのが理想ですが、この泡の粒が細かければ細かいほど毛穴の汚れや肌の汚れを落としてくれます。
    出典 :男のスキンケア【モテる男条件】スキンケアの基礎から徹底解説
     

    洗顔剤でゴシゴシ洗うのはNG! よーく泡立ててから、そっと優しくお肌の表面についた汚れを落としましょう。こするとその部分の皮膚がダメージを受けてしまいます。

  • 他に、洗顔後は化粧水やクリームで保湿するのがオススメ。男性にだってスキンケアは大切です。お友達や恋人がスキンケアをおろそかにしていたら、何気なく話題を振ってみましょう。