妊娠のから出産までの体験を活かした情報をお届けします。

妊娠から出産までの間は気持ちが不安定になりがちだと思います。私の出産までの考え方は母体が健康であれば我が子の状態の心配をする必要が少ないと思っています。妊娠から出産までの間に起こるトラブルや解決策などこれから妊娠、出産を控えた女性の少しでも役に立つ情報であれば幸いです。

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 妊娠はとても気持ちが不安定になりがちだと思います。私は母体が健康であれば生まれてくる我が子も心配の必要はないと思っていました。私は妊娠中に、妊娠から出産までに注意すべきことをいろいろ調べました。
    妊娠から出産までの間に起こるトラブルや解決策など、私が経験して役に立った知識をご紹介します。

  • 体重の増加

  • 赤ちゃんは臨月になればとても早いペースで大きくなります。
    1週間ペースの妊婦の健診では、約200g増加すると言われています。
    中には600gも増加して先生もびっくりされているケースもあるようです。
    しかしエコーを使っての重さなので正しい値ではないかもしれません。

    しかし私の体重は日に日に増えていきました。
    多いときは1週間で2キロ増加しました。
    普段と変わらずに食事しているだけです。水を取っていても体重が増えてしまいます。妊娠10ヶ月ぐらい。

    しかし食事を摂らないといきません。
    赤ちゃんにも栄養が必要です。食事には塩分、糖分に注意しましょう。

  •  

    妊娠

  • 内蔵の圧迫

  • 子宮が大きくなる臨月です。胃や膀胱はみるみる圧迫します。

    圧迫されて起こるのが
    トイレの回数、
    便秘、
    食事がつらい
    嘔吐
    寝苦るしい
    毎日大変な状態です。

  • 問題点

  • 1
    夜、複数回目が覚める
    眠くても眠れない
    食後に横になれば胃から逆流しゲップが多い
    喉が痛い「喉づわり」
    と世間では言われているようです。地獄が臨月に来るようで大変です。


    2
    赤ちゃんが成長してくれることは嬉しいです
    しかし3000gを越すと母体も大変です。
    少しの運動をし、食事もすこしずつ分けてとるなど
    影響を減らす努力が必要です。

    しんどい・疲れがたまりやすい・すぐ眠たくなる

    お腹が膨らむにつれしんどい・疲れがたまりやすくなってきます。
    それが謙虚にあらわれるのが食後です。

    3
    体全体の血液のまわり具合が良くなる傾向のためか疲れがます。

    私は食後に動悸がしました。
    ですので血液のまわり具合を活発にするように、横になり休憩するように心掛けています。
    これは楽です。

    さらにいつでも陣痛が襲って来ても大丈夫ように、昼寝をとります。
    夜に眠れい場合もあります。かりに深夜、陣痛がおそってきた時に良い体調でありたいですね。

  • 赤ちゃん出産動画

     

    出産

  • 精神的な問題

  • ちかじか産まれるかも。
    そういう毎日ですので、不安や緊張感があるときです。
    初産の人は多いと思います。
    陣痛が恐く、眠れないなど、

    39週頃に「まだ産まれてこない?」ということをまわりから言われストレスになるケースもあります。
    人によれば精神的な問題は色々だと感じます。
    おしるしがきても、前駆陣痛が襲ってきても、いっこうに陣痛がこないケースもあります。

    産後に待っている生活をイメージすると、自分がママになれると、不安になります。
    このような精神的な問題は一人で悩まずにパートナーや近い人に相談して共に考えてもらいましょう。

  • 妊娠(にんしん)とは、

  • 女性の体内で受精卵が着床してから出産にいたるまでの期間。または流産するまでの期間。
    受精後約266日、胎児が約3,000gにまで成長したところで出産。妊娠している女性を「妊婦」、分娩まじかな女性を「産婦」、分娩後を「褥婦」。
    胎内にいる子供を「胎児」生後4週間までの子供を「新生児」と呼んでいます。

    ◇悪影響なもの
    喫煙・飲酒・ストレス・薬など、奇形や自然流産の原因にも。

    ◇受精卵は
    7週6日までは「胎芽」
    8週以降は「胎児」
    36週以前(2,500g未満)で生まれた場合は低出生体重児
    1,500g未満の時は極低出生体重児
    1,000g未満の時は超低出生体重児と呼ばれている。

    ◇定期健康診査
    この検査は妊娠が健康な状態が続いているかチェックします。主に妊娠高血圧症候群をスクリーニングすることを重視している検査です。
    チェック項目
    子宮底長・腹囲・血圧・浮腫・尿蛋白・糖尿・体重

  • 妊娠と出産の科学1

     

    妊娠

  • まとめ

  • 臨月になれば10ヶ月間、赤ちゃんを大きくしてきた母の体と一緒に心も様々な変化が出てきます。長い間、待ちわびた感動の出会い。とても多くの体験をされてきていると思います。私もそうでした。
    産まれると、この大変さが何のためだったか、たくさん分かることができると思います。
    つらいと思いますが、残りわずかです。頑張ってください。

    上記の内容が少しでもお役に立てれば幸いです。