出来る事からコツコツと「脂質代謝の改善」を行おう

脂質代謝の改善はしっかりと行いましょう。出来る事から始めるのが大切なのです。

view42

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脂質代謝が悪いと・・・

  • )総摂取エネルギーの適正化
      適正エネルギー摂取量=標準体重*×25~30(kcal)
    *標準体重=[身長(m)]× [身長(m)]×22
    出典 :脂質異常症の治療法|厚生労働省
     

    このような事も考えなければいけません。

  • ・ 炭水化物:60% ・ たんぱく質:15~20%(獣鳥肉より魚肉・大豆たんぱくを多くする) ・ 脂肪:20~25%(獣鳥性脂肪を少なくし、植物性・魚肉性脂肪を多くする) ・ コレステロール:1日300mg以下 ・ 食物繊維:25g以上 ・ アルコール:25g以下(他の合併症を考慮して指導する)
    出典 :脂質異常症の治療法|厚生労働省
     

    このような制限を受けてしまう事だって少なくはないのです。

  • このような食材が

     

    あるのですが、この中から選んで食べてしまうと・・・・どんどん脂質代謝が悪くなっていきます。出来るだけこのあたりは避けるようにしたいですね。

  • 脂質代謝の改善は

  • 脂肪分をたくさん食べると、もちろん血液中の脂質は増えます。肉や乳製品の動物性脂肪は、LDLコレステロールを増やし動脈硬化を促します。 調理する際には、なるべくゴマ油やオリーブ油を使いましょう。
    出典 :脂質代謝の生活改善ポイント/食事
  • 食べすぎは肥満につながり、血液中の脂質が高くなります。特に、中性脂肪が高い人は「摂取カロリー」にも気をつけましょう。アルコールはビール中瓶1本で200kcalもあるんですよ。バターや油・卵がたっぷり使われている洋菓子は予想以上にカロリーが高いので気をつけましょう。
    出典 :脂質代謝の生活改善ポイント/食事
     

    このような事に注意するのが大切と言えるでしょう。

  • 改善をしないと・・・

  • 血液中の脂質、特に中性脂肪やコレステロールが多すぎて血液の粘りが増している、いわゆる血液がドロドロと表現される状態で、医学的には以前は血液中の脂質の濃度が高い状態を「高脂血症」と呼ばれていましたが、2007年4月に「脂質異常症」と変更されました。
    出典 :脂質異常症(高脂血症)を予防する食事 [食と健康] All About
  • 成人では約1/4程度、2,000~3,000万人が「高脂血症」と言われ、年々低年齢化している傾向が見られました。高脂血症では、血液中にある脂質のうち総コレステロールと中性脂肪の値が特に多くなっている状態をさしましたが、脂質異常症では、総コレステロール値を診断基準から外しました。
    出典 :脂質異常症(高脂血症)を予防する食事 [食と健康] All About
  • 積極的に摂取したい商品

  • 食物繊維 脂肪分の吸収を妨げ、コレステロールの排泄を促す働きがあります。 野菜やきのこ、海藻類などに多く含まれています。EPA/DHA コレステロールと中性脂肪の上昇を押さえ、動脈硬化を予防します。 いわしやサバなどの青魚に多く含まれています。
    出典 :脂質代謝の生活改善ポイント/食事
  • レシチンとサポニン

     

    HDLコレステロールを増やしたり、LDLコレステロールを下げる効果があるそうです。これは大豆の成分になっているので大豆製品を取るのも良いのかもしれませんね。

  • 他のも方法

  • 運動療法
    1日30分くらいのウォーキングがお勧めです。週3日以上行うほうが効果的でしょう。ただし、心臓病などをお持ちで運動をあまりお勧めできないこともありますので、適宜主治医と相談してください。
    出典 :慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科
  • a) LDLコレステロールを下げる薬
    肝臓でのコレステロール合成をおさえる薬(スタチン薬といいます)、腸管でのコレステロール吸収を抑える薬などがあります。
    出典 :慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科
  • b) 中性脂肪を下げる薬
    中性脂肪の代謝を進める薬を処方します。しかし、中性脂肪が高くなってしまう原因のほとんどが生活習慣の乱れによるものですので、生活習慣の見直しをせず薬だけに頼ろうとしてしまうと、なかなか良い効果が得られません。
    出典 :慶應義塾大学医学部 内科学教室 腎臓内分泌代謝内科