まずは生活習慣の見直しから「高尿酸血症の治療」

高尿酸血症の治療はまず生活習慣の見直しから始めましょう!詳しい情報を集めてもらいました!

view85

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高尿酸血症を治療するには

  • 尿酸値が7.0mg/dLを超えたら、まずは、食事や運動など生活習慣の見直しから始めます。高尿酸血症は、食生活の改善や適度な有酸素運動、ストレス発散などにより改善します。しかし、すでに痛風発作や合併症がある場合や、尿酸値が9.0mg/dL以上の場合には薬物による治療が必要になることがあります。
    出典 :高尿酸血症を治療するには|尿酸下げよう.com
  • 尿酸値が気になる人は

     

    医師に相談して適切な治療を受けるようにしましょう!色々な治療方法があるので、参考にしてみてくださいね!しっかり調べてみて集めてみました!

  • 3種類の治療方法

  • 1.食事療法  プリン体を多く含む食品を減らし、アルコールは控えましょう。また水分を多くとると尿への尿酸の排泄が増加します
    出典 :高尿酸血症とは
  • 2.運動療法 高尿酸血症では運動がきつすぎると筋肉が壊れてかえって尿酸を上昇させてしまいますので他の病気に比べ、弱めの運動を行う必要があります。
    出典 :高尿酸血症とは
  • 3.薬物療法 食事療法や運動療法で改善しない場合は、薬物療法を行います。 薬物には、尿酸の産生を抑える薬、排泄を促進する薬、痛風の発作を改善する薬があります。
    出典 :高尿酸血症とは
  • 生活指導では

  • 肥満の解消食事療法: 摂取エネルギーの適正化、プリン体の摂取制限、 尿をアルカリ化する食品の摂取、 十分な水分摂取(尿量2L/日以上)アルコール摂取制限: 日本酒1合、ビール500ml、ウイスキーダブル1杯 禁酒日:2日/週以上適度な運動 有酸素運動ストレスの解消
    出典 :高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン | 沖の洲病院
     

    このような生活指導が行われている事があります!

  • 運動も大切です

  • ウォーキング、水泳、サイクリング、ジョギングなどの有酸素運動を週3回程度行うことで、体重のコントロールを効果的に行うことができます。有酸素運動を継続することは、体重の減少だけでなく、血圧、脂質、血糖値などにさまざまな良い効果が期待できます。
    出典 :どんな運動をしたらよいか|痛風ナビ|日本ケミファ高尿酸血症・痛風の総合情報サイト
     

    様々な良い効果が期待できるのでこれらをしましょう!

  • ただし、運動療法を行う際は必ず事前に医師と相談しましょう。また、過度な運動や無酸素運動は、かえって血清尿酸値を上げる恐れがありますので避けてください
    出典 :どんな運動をしたらよいか|痛風ナビ|日本ケミファ高尿酸血症・痛風の総合情報サイト
     

    ただし、医師との連携が大切です

  • 食生活を見直す

  • このように

     

    色々と指示があると思います。食材選びにも気を使わないといけませんが、注意点はこの画像に書かれているので参考にしてみてくださいね!