メニエル検査について知っておきましょう

メニエル検査について知っておきましょうね
調べる必要があるのです

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メニエル検査の必要性

  • メニエール病の症状に代表されるめまいですが、めまいといっても様々な原因があり、メニエール病だけに現れる症状ではありません。そのため、どうしてめまいが起こっているのかを調べる必要があります。
    出典 :【メニエール病の検査方法】 - メニエール病ガイド
     

    めまいの原因は他の疾患の場合があるので注意必要なのです

  • メニエール病でかかるべき医療機関は耳鼻科ですが、めまいそのものの原因を調べるには、脳神経外科、神経内科や内科など、様々な原因を想定して調べなければいけません。メニエール症候群という言葉がある通り、めまいがするからといって、全てメニエール病ではないからです。
    出典 :【メニエール病の検査方法】 - メニエール病ガイド
     

    ここが問題なのです

  • どんな診察や検査をするのか

  • メニエール病は「くり返す」エピソードがあって初めて診断できます。従って十分な問診が大事です。めまいの診察では体のバランスを調べる検査(目を閉じて足踏みしてもらう検査などがあります)や眼振検査(目の動きの異常を調べる検査)を行います。聴覚症状に対しては耳内を観察し、聴力検査を行います。
    出典 :メニエール病について | 井上耳鼻咽喉科
     

    聴力検査もあるのですね

  • 症状がめまいのみでも、隠れた難聴がある場合を想定して聴力検査を行う必要があります。逆に聴覚症状のみでも、隠れためまいがないか眼振検査を行う場合があります。中枢性疾患の除外には、他の脳神経症状がないか神経学的診察も欠かせません。
    出典 :メニエール病について | 井上耳鼻咽喉科
  • 目振検査

  • 黒目が小刻みに震えるといった症状が現れますので、頭を静止させたり動かしたりした時に黒目がどのような状態になっているかを検査します。頭を動かしたときの目振の様子をフレンチェル眼鏡というものを使って観察します。医師から患者の目の動きがよく分かるようになっています。
    出典 :メニエール病の検査
     

    こんな検査があるのですね
    上記はイメージ画像ですが、このような感じで検査する場合もあるそうです

  • 平衡機能検査

  • 平衡機能検査とは、目を閉じて字を書いて左右に文字が傾くか調べたり、目を閉じたまま足ふみを行ってバランス感覚を調べます。平衡感覚については、片足立ちでの「直立検査」や、つま先とかかとをピッタリと合わせた状態で立つ「マン検査」が行われます。
    出典 :メニエール病の検査
     

    コチラの検査も結構必要なのです
    ふらついて直立した状態を保つ事が出来ないのです

  • グリセロール検査

  • メニエール病の難聴に対しては、グリセロールという医薬を点滴で体内に入れると聴力が改善することが分かっています。そのため、確定診断の一つとして「グリセロールテスト」と称し、グリセロールを内服した後で、聴力の改善が見られるかどうかを試験することがあります
    出典 :メニエール病の検査
     

    これが確定診断のひとつなのですね

  • 聴力検査

  • 一般的な聴力検査では静かな部屋の中で耳に受話器をあて、周波数の異なる音をごく微弱な音からはじめ、徐々に強い音にしてゆきます。音が聞こえたらボタンを押して合図して検査する方法です。どの周波数域の音がどのくらいの音圧レベルで聞こえるかなどを検査します。
    出典 :メニエール病の検査
  • 立ち直り検査もある

     

    姿勢の変化があったときに立ち直る反射を
    検査するものだそうです
    これも結構重要なので覚えておきましょうね