中学受験する?。しない?。悩んでいる人のために。

一時期の中学受験ブームは、下火になったというものの、まだまだ大都市圏では中学受験に臨む子どもたちは多いものです。同じ学校の中でも中学受験をするお友達が多いと、子どもから受験をしたいと言い出すケースもあるよう。中学受験をするかしないか、もし受験するなら塾はどう選ぶのか、まとめてみました。

view52

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中学受験はする?。しない?。

  • 中学受験をさせてよかった・・・という意見の中でよく聞かれるのは、もちろん合格を勝ち取れたこともありますが、「親子で頑張ることができた」という声。高校受験をするとしたら、多くの子供は反抗期の真っ最中ですが、小学生のうちは、どうしても親が一緒に頑張ることが必要になります。中学受験は反抗期に入る直前の子どもと一緒に頑張ることができる最後のチャンスともいえるからです。

    ただし、親も一緒に頑張るというのは、親にとっても負担が大きいことは確か。まだまだ一人ではスケジュール管理することは難しい、遊びたい盛りの子どもに受験に向けて勉強をさせることは、アメとムチを使い分けて、時には勉強を教えながら、受験が終了するまで子どもと二人三脚で走り続けることになります。

  • 中学受験をするためには、中学受験ならではのノウハウを持った塾に行かせることが大きなポイントになります。塾の新学年は、学校よりも早く2月から始まります。そして、中学受験を成功させるためには、4年生から塾に通うのがオーソドックスなパターン。
    一緒に遊んでいた周りのお友達が塾通いを始めると、「塾に行きたい」と言い始める子どもも多いと言います。さあ、子どもに受験をさせますか?。

  •  

    中学受験は成功すれば、子どもに達成感が生まれることは確か。でも、小学校生活後半3年間の塾通いの負担と、どちらを選ぶかよく考えてから、塾に通うかどうかを決めましょう。

  • 塾通いを考えたとき、中学受験を専門にしている塾に入ると、受験をすることが大前提となっており、子どもも親も塾に入ると同時に、中学受験に向かってまっしぐらに走り出すことになります。ちょっと塾に行ってみてから考えよう・・・と思っていても、塾に入ってしまったら、塾と周りの空気に押されて、受験まで突っ走ることになるものです。
    中学受験専門の塾に入るのなら、「受験をする」とはっきり方針を固めてからにすることをお勧めします。

  •  

    塾通いを始めて、5年生の後半にもなると、中学受験をする子どもは、習い事など放課後の活動は塾一色になることが多く、塾によっては、他の習い事は辞めるか休むように言われるケースもあるものです。小学生の間は、体を思いっきり動かしてほしい、という気持ちと、勉強もしっかりと頑張ってほしいという気持ちの間で、親心も揺れるものですね。

    どちらを選択するにしても、本人と家族でよく話し合い、周りに流されないように結論を出すことが大切です。

  • 塾選びのポイント。

  • 中学受験を専門にしている塾は、よく名前を聞く大手の塾から、個人の塾までさまざまです。塾によって、教育方針も、カリキュラムも、先生の質もさまざまです。
    また、お友達に合う塾が、自分の子どもにも合うとは限らないのが難しいところです。勉強のレベルや先生との相性など、できれば塾の授業を見学・体験させてもらったり、よく話を聞いてから選ぶようにしたいものです。受験の時期にクローズアップされる合格実績も、一つの指標ではありますが、そればかりに振り回されないようにしましょう。

  •  

    ハチマキを巻いて、戦うことを意識させる塾や、講師から叱咤激励の電話が数多く入る塾もあれば、それほどでもない塾もあります。
    講師の激励に、うまく乗れる子どももいれば、かえって引いてしまう子どももいるのが現実。自分の子どもにはどちらが合うのかよく考えて塾を選びましょう。

  • 入塾を決める前に、かかる費用について、しっかりと把握しておくことも大切。入塾の際の費用だけで比較してしまうと、学年が上がってから思わぬ出費に頭を痛めることにもなりかねません。費用について、気を付けておきたいのは、オプションの講座をたくさん用意している塾です。

    決められたカリキュラムは全員受講する代わりに、オプションの講座はない塾では、事前にかかる費用をすべて教えてくれますから、それ以上の出費はありません。しかし、塾によっては、オプションの講座をたくさん設けていて、成績によってその講座を受けるように勧められることも。受験が近づいてくると、親もできるかぎりの援助はしてあげたいと思うものですから、なかなか断りきれずに、出費がかさむケースもあります。

  •  

    中学受験の費用は、受験が終わった後も、入学金・授業料と卒業するまで続きます。

  • もう一つ、考えておきたいのは、お友達と一緒に塾に通うことの是非です。仲良しのお友達と一緒に入塾して、一緒に通いたいという子ども心も、お友達と一緒なら安心という親心も理解できますが、いざ中学受験となると、どうしても「一緒に」とはいかないのが現実です。
    中学受験を迎える前でも、どうしても親子ともお友達と成績を比べてしまうことになりがちで、つらい思いをしかねません。

    中学受験の塾は、周りに流されずに「我が家の方針」に合った塾を選ぶようにしましょう。もし、それで入塾した塾にたまたまお友達がいた・・・というのであれば、何の問題もありません。

  • 中学・高校の6年間は、多感な時期でもありますから、子どもにとって最良の環境を与えてあげるために、よく家族で話し合って方針を決めるようにしたいものです。

    また、せっかく入学した学校でも、入ってみると勉強についていけなかった、雰囲気が合わなかったというケースもあります。そんな時も、親としては子どもにとってはどうすることがいいのか、世間体などに惑わされることなく、子どものことを第一に考えてあげるようにしたいものです。