薬は飲みたくない!「早発閉経に効く漢方」はあるの?

早発閉経に効く漢方はあるのでしょうか?薬は出来るだけ避けたいですよね。

view200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早発閉経は

  • 最近30代、あるいは40代前半でもう生理がこなくなり「閉経です」といわれ、「漢方薬でなんとかなりませんか?」とこられる方が多くなりました。早発卵巣不全(POF)は若年(日 本産婦人科学会の定義では43歳未満)高Gn血証を来たし、無排卵、続発性無月経を呈する症例を指し、治療は困難と言われています。
    出典 :早発閉経 - 集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服【by 漢方の健伸堂薬局】
     

    治療が困難なのは大変ですよね。

  • つまりは、卵胞の発育障害や原始卵胞数の減少、消滅が起こって閉経状態になってしまうことです。よく知られているようにFSHのホルモンの値が下げようと思ってもなかなか下がらない、排卵誘発剤にも反応しない、生理も来ない状態になるのです。
    出典 :早発閉経 - 集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服【by 漢方の健伸堂薬局】
     

    このような状態になる前になんとかしたいですよね。

  • 早発閉経は

     

    引き起こされてしまうと更年期障害や妊娠が難しくなるなどの弊害が多く報告されています。だからこそ出来るだけなんとかしたいものですが、わずらわしい生理が止まっているからこそ楽と考える人もいて危険なのです。

  • スポーツの分野で上に行くためには、練習量も人より多くなりがちです。しかし現代科学では、 過度の練習は逆に体に負担をかけてしまうだけでなく、大きな故障にもつながってしまうこともあります。 信頼できる指導者のアドバイスを取り入れましょう。
    出典 :卵巣の老化を防ぐ - 長野市の漢方薬局
  • また性のスタートも早くなっている現代だからこそ、節度を忘れないようにしたいところです。 性生活は、体力だけでなく気力も消耗します。気力の消耗は、早すぎる老化つながりやすいので、 心身ともにバランスをとっていく意識が大切です。
    出典 :卵巣の老化を防ぐ - 長野市の漢方薬局
  • 早発閉経に効く漢方は

  • 漢方薬を服用して1年で生理が来て基礎体温表(BBT)も2相性になり卵が成長してきました。凄い生命力を感じ、感動しました。早発卵巣不全(POF)の診断も難しいところがあります。まして20代~30代の方は体調を整えたら、機能が正常になったり、あるいはホルモンに作用してくるかも知れません
    出典 :早発閉経 - 集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服【by 漢方の健伸堂薬局】
  • 諦めないで長期に渡っても体調を整えることがとっても大切なことと思います。漢方薬も体調を整える役目を担っています。POFと診断された方、焦らずジックリ構えて調整していきましょう!
    出典 :早発閉経 - 集まれ!ぷれぷれママ・漢方で不妊克服【by 漢方の健伸堂薬局】
  • 日本漢方の代表的な方剤をあげてみれば、桂枝茯苓丸、通導散、桃核承気湯、当帰芍薬散、加味逍遥散などです。各々効能は少しずつ異なりますが、共通するのは活血化瘀といい瘀血を除く効能です 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は桂枝 茯苓 丹皮 桃仁 芍薬から構成されますが活血化瘀が主な効能です。
    出典 :更年期障害 閉経前後諸症(更年症)の漢方治療|婦人科|すずき康仁クリニック
  • 通導散(つうどうさん)は大黄 芒硝 枳実 厚朴 当帰 陳皮 木通 紅花 蘇木 甘草から構成されている方剤で当帰 紅花 蘇木は活血祛瘀の作用をもつ薬剤であり、全体として活血祛瘀 行気通絡作用をもち、広く気滞血瘀に使用される方剤です。
    出典 :更年期障害 閉経前後諸症(更年症)の漢方治療|婦人科|すずき康仁クリニック
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は桃仁 桂枝 大黄 芒硝 炙甘草からなる方剤で、下焦蓄血証に対して、通便剤の調胃承気湯を含む方剤であり、桂枝 桃仁の組み合わせで通行血脈、活血破瘀の効能を持ち、瘀血を除く意味あいが強い方剤です。
    出典 :更年期障害 閉経前後諸症(更年症)の漢方治療|婦人科|すずき康仁クリニック
  • 漢方は注目されている

  • 漢方医学は、中国を起源として日本で発展した伝統医学です。鍼灸や養生、按摩なども、漢方医学の一つです。これらは全て、人間が本来持っている治癒力を高めて体を修復したり、整えることを目標としています。漢方薬も、その治療の一環として使われる薬なのです。
    出典 :医者も認める漢方薬の効果がある
  • 西洋医学で使われる薬が病気の原因そのものに作用するのに対して、漢方薬は病気に関連する部位を修復することで治療を目指します。このように大きな違いはあっても、西洋医学で漢方薬を使うケースは増えてきています。体に刺激が強過ぎる西洋医学の薬と比べて、穏やかな作用で体を修復していける漢方薬が注目されているということでしょう。
    出典 :医者も認める漢方薬の効果がある
  • 漢方薬は

     

    色々な生薬を組み合わせて使われるという特徴があります。だからこそ、ふつうの薬よりも穏やかに使う事が出来るのです。複数効果があるので産婦人科でも処方されるという事もあり、相談してみるのが良いかもしれませんね。