描きまつげをして目元をぱっちり・印象的に

描きまつげを上手にして目力をアップさせましょう。目の印象が変わるとイメージがかなり変わります。目元をぱっちりさせたい方、まつ毛のボリュームアップをしたい方、必見ですよ!!

view97

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最近、目を強調させるメイク方法が流行っています。

  •  

    舞台やダンスなどのメイクでは、目の下に黒やはっきりとしたラインを入れて強調させます。目の上にもアイシャドーはしっかり塗ることが基本。
    こうすることにより、客席から見て目元がはっきりと見え、より舞台に映え美しく魅せることができるのです。
    私たちの普段のメイクはこのような描き方ではありませんが、やはり目元を強調させるメイク方法はあります。

  • 描きまつげで目元をぱっちり・印象的に魅せる法

  •  

    目元にアイライナーをいれて切れ長目に魅せたり、まつ毛の長さを2倍の長さにすることができるマスカラなども人気があります。
    一重瞼には、グレーやシルバーなどを使い、グラデーションでアイシャドーを入れると、陰影ができて目元に深みができます。

  • ~こういった情報はどこから調べてますか~
    雑誌などのメイク関係の特集は最新の情報が手に入れられるので人気が高いですよね。最近ではネットでも美容情報を簡単に仕入れることができるので便利です。
    アイプチやつけまつげもそういったところからいち早く情報を仕入れて、ティ-ンズ世代から愛用しているって方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

  • いつの時代でも大きなぱっちりした目はやっぱり憧れですよね。目はメイクの仕方で印象を変えることができるパーツです。描きまつげもその一つのテクニックです。

  • *そもそも描きまつ毛ってどういうメイク法なの?*

  • つけまつげではなくて、描きまつげ。普通のアイメイクに比べて、目そのものが大きくなるので頬の面積が小さく見えます。
    出典 :デカ目&小顔効果間違いナシ!? 「描きまつげ」について教えて! | web R25
     

    小顔効果と大きな目に見える!として人気が出てきているみたいです。つけまつげの接着剤の装着感が苦手、うまくつけられないという方にはおススメのメイク法かも。つけまつげより手軽なところもも人気がある要因ですね。
    まつ毛が薄くて悩んでいる、少ないのでナチュラルにボリュームアップしたい、という方にもGOODです。

  • *描き方のコツは、描き過ぎない、あくまでもナチュラルに*

  • アイライナーペンシルでしたまつ毛の生え際を点のように描きます。
    出典 :涙袋メイクの次はコレ!デカ目&小顔が叶う「下まつ毛メイク」とは
  •  

    こんな風に下のまつ毛の間に”ちょんちょん”とかき足す感じで。より自然な描き方は、ブラウンのアイライナーで描くのがよいそうです。
    また、あまり濃く描きすぎるといかにも”描いてます風”になってしまうので、目の大きさと顔全体のバランスを見ながら描いてみて。目尻までしっかり描いてしまうとちょっと描きすぎです。
    通常のメイクに仕上げたければ、あくまでもナチュラルに。そして、綿棒でちょっとだけぼかすようになじませます。

  • あまり太くかきすぎると、舞台メイクみたいに派手な目元になってしまうので気をつけて。細かく、ほんの少し足していくのが描きまつげを上手に仕上げるコツです。リキッドペンで描くほうが上手に描ける、という方もいます。使うメイク道具の描きやすさは自分で試してピッタリのものを探してみてくださいね。

  •  

    アイライナーのリキッドタイプ。筆ペンタイプや、フエルトタイプもあります。にじみが少ないのですが、乾くまえに目元をいじると目の周りについてしまうので気をつけて。

  • まつ毛の隙間を埋めて・・

  • 描き方のテクニックとしては、まつ毛の間の隙間を埋めていくような感じで描いていくとよいそうです。描く時は上から下へ描きます。

  • 描かずに埋める・描きまつ毛専用アイテム登場

  • 描くのが難しい、毎回ちょっと面倒くさい・・という方はこれを使ってみてはいかがでしょうか。

  •  

    描かずに、下まつ毛のところに点々とつけるだけで、あたかもまつ毛があるように魅せるという画期的な方法。
    これなら忙しい朝でもちょっとおめかししたいときにでも気軽にさっとできていいですよね。