【これだけやれば、万全?!】花粉症対策あれこれ

花粉の季節は目のかゆみ・鼻水・くしゃみ・頭痛・微熱…様々な不快な症状があらわれて毎日が本当に憂鬱ですよね。学校や仕事が辛くて休みたくても『たかが花粉症じゃない?!』なんて言葉が聞こえてきそうです…でも花粉症の症状って、本当に辛いですよね。
今回は『花粉症対策』のあれこれについてまとめてみました。

view103

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【こんなに辛い!!】花粉症患者の体験談

  • たかが花粉症、されど花粉症。花粉症が即命の危険にまで及ぶかというと、確かにそうではありません。しかし、実際に花粉症に苦しんでいる人にとってはとても深刻な悩みなのです。

  • 毎年毎年、花粉症に悩まされてばかりで辛いです。
    特に鼻づまりが毎年ひどくて、この季節~梅雨頃までは鼻がつまって寝られません。
    出典 :花粉症について、本当に辛いのでお願いします。 - Yahoo!知恵袋
     

    日中花粉症の症状に苦しめられるだけではなく、夜寝ることもままならないようでは本当に身体が休まる時間がありませんね。

  • 花粉症…つらいです。アレルギー性鼻炎でもあります。 毎日マスクをして、薬も医者からもらったものをのんでいますが、効いている気がしません。ただ眠気のみです(泣)
    出典 :花粉症…つらいです。 アレルギー性鼻炎でもあります。 毎日マスクをして、薬も医者... - Yahoo!知恵袋
     

    花粉症の内服薬は、どうしても眠気が伴うものが多いですよね。症状はおさえたいけれど、強烈な眠気がくるのも耐えがたいものです。

  • 美容師なんですが、お客様が不快な思いをするからとなるべくマスクはしないでと言われていますが、鼻水、鼻づまり、何より呼吸するたびに襲いかかるムズムズ感と体が筋肉痛になるくらいの大量のくしゃみ。
    仕事どころじゃありません。話す事もつらく、まともに担当にも入れません。
    出典 :花粉症…つらいです。 アレルギー性鼻炎でもあります。 毎日マスクをして、薬も医者... - Yahoo!知恵袋
  •  

    接客業をされている方は、どうしても勤務中のマスクの着用等が難しいですよね。花粉症に理解のある職場であればいいのですが、お客様相手となると、なかなかうまくはいかないのでしょうか?

  • 【あなたはどれだけやっている?!】花粉症対策あれこれ

  • ■花粉をできるだけ家に入れない
    原因となる花粉を避けることが一番の予防です。花粉のシーズンには家の窓や戸は開けないようにし、特に花粉が多い朝から日中にかけてはしっかりと閉めておきましょう。
    出典 :花粉症・風邪との見分け方
  • ■鼻うがいが効果的
    鼻の奥に入った花粉はせん毛細胞でのどに送り込まれますが、鼻の前方にはせん毛細胞がないのでここに付着した花粉は長く残ってしまいます。鼻うがいをするとこの花紛が洗い流され、症状がかなり楽になります。
    出典 :花粉症・風邪との見分け方
  • ①やわらかめのポリ容器を用意します。押す力を加減して水の勢いを調節できる、ケチャップやお酢のポリ容器を用意する。
    ②40℃のお湯で食塩水をつくる。40℃前後のお湯に塩 (100∝に対して1g) を加える。薬局にある専用の洗浄薬でもOK。
    出典 :花粉症・風邪との見分け方
  • ③うつむき加減で洗い流す。緩い水圧になるように容器をゆっくり押しながら20~30回、小鼻のあたりを中心に洗う。
    出典 :花粉症・風邪との見分け方
  •  

    最初のうちは難しいかもしれませんが、自分がやりやすい容器を見つける等して毎日の習慣にしてしまいましょう。

  • ■外出時は完全防備
    帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけて。コートもツルツルした素材を選びましょう。
    出典 :花粉症対策の基本|花粉症ナビ
     

    この際、恰好は二の次です。何よりもまず、体内に花粉成分が侵入しないことを目指しましょう。

  • ■花粉情報をチェック
    テレビやインターネットで気象情報や花粉情報を入手しましょう。
    出典 :花粉症対策の基本|花粉症ナビ
     

    花粉の時期は、毎朝TVで花粉情報を公開していますし、最近ではスマートフォンのアプリ等でも花粉情報がチェックできます。

  • ■ 室内での飛散を防ぐ
    スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。
    出典 :花粉症対策、早めがポイント!
     

    どれだけ気をつけても、残念ながら花粉は家の中まで侵入してくることがあります。このような花粉の被害を最小限にとどめるためにも、加湿器をうまく使いこなしましょう。

  • 【花粉症予防だけじゃどうにもならない?!】積極的な治療も視野に

  • 症状が出てしまったら、初めは症状がひどい部位の診療科の先生に診てもらいましょう。 花粉症の治療薬には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などがあります。その中には、副作用として眠くなったり、のどが渇いたりするものがあります。また、1日1回服用するものと1日2回以上服用するものがあります。
    出典 :花粉症には早めの治療が大切 ~あなたに合った花粉症対策を始めましょう | 病気の知識 | 患者・ご家族の皆さま | シオノギ製薬(塩野義製薬)
  • 花粉症の症状の出方や重症度は、人によって異なります。薬の効果にも個人差があります。また、花粉症の原因はスギ花粉と思われますが、人によっては他の花粉が原因の場合もあります。つらい花粉症の症状をしっかり抑えるためには、きちんと病院で診断を受けて、あなたに合った治療を行うことが大切です。
    出典 :なぜ病院に行くの?│花粉症ナビ
     

    花粉症になりたての人や、症状がそこまで深刻でない人はついつい『市販の薬で言いや』『わざわざ病院に行くのも面倒だし』と、つい病院を倦厭してしまいがちです。ですが、自分でできる花粉症予防では効果が薄い場合、一度きちんと病院での受診をお勧めします。